2009年04月27日

私のラジオデイズ72

NHKの朝の連続テレビ小説「つばさ」・・・・

いよいよコミュニティーFM局
「ラジオぽてと」が開局します。

FM局の開局といえば、私は2つのFM局の
開局に関わる幸運に恵まれました。

一つは、TOKYO FM(エフエム東京)、
もう一つは、広島エフエム放送です。

TOKYO FMについては、以前、お話し
したことがあると思いますので、今回は、
広島エフエム放送の開局当時の様子を
ご紹介しましょう。

広島エフエム放送が開局したのは、
1982年12月5日、民間FM放送では
全国で9番目の放送局となりました。

この年は私にとって激動の年でした。

先ず、夏場にアメリカ・カリフォルニア州の
コンコード市で行われた「コンコード・
ジャズ・フェスティバル」の取材で現地に
1週間ほど滞在しました。
(この時のお話はいずれご紹介しましょう)

取材を終えて帰国し、上司に帰国報告を
すると、報告を聞くのも程々に上司は固い
表情でこう言いました。

上司 「実は、君に話しておきたい事があるんだ」
私 「何でしょう?」
上司 「ここでは何だから別の部屋に行こう!」

と案内されたのは、何と!泊まり勤務で利用する
仮眠室でした。
(ベッドに腰掛けた2人の姿は想像しないで下さい)

上司 「実は、君も話は聞いていると思うんだけど、
     今度、広島にFM局が誕生することになって、
     その社員指導のために人を派遣しなければ
     ならなくなったんだ。申し訳ないけど、君、
     行ってくれないか?」
私 「はっ?行くっていつからですか?」
上司 「10月から・・・・」
私 「10月って、すぐじゃないですか。取材の整理も
    しなくちゃならないですし、番組での
   リポートもあるので、難しいと思うんですが・・・」

とは言ったものの、すでに既定方針として決まって
いることだろし、ここで断っては上司の立場も私の
立場もなくなると思い、即決をしました。

私 「分かりました。行くことにします。で、いつまで
   ですか?」
上司 「来年の3月までの半年間なんだけど・・・」
私 「そうですか!長いですがしょうがないですよね」
上司 「・・・・・・」

と言うことで、今回は触りの前段になってしまいましたが、
この続きはまた次回といたしましょう。

| 13:20 | コメント(1) | カテゴリー:田中穂蓄

コメント

田中さん、お疲れさまです。
自分は、この日の翌年が月曜だったのはハッキリ記憶、つまりこの日は日曜ですね!!
田中さん、自分が5年前仙台へ10ヶ月間行った時も、近いものがありました…
自分の場合、お話を頂いたのは公休の2/12(木)、その3日前、社員旅行の際、関東総責任者が、後輩に白羽の矢を立てていた為、自分に話が来た時、絶句しました…
自分にとっては、J-WAVEを聴けなかった、唯一汚点の年でした…

投稿者 ちなみん : 2009年4月27日 14:51

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー