2009年04月07日

ラプターの命運は・・・・

アメリカ国防総省が、高コストの最新鋭戦闘機
F-22ラプターの新たな発注を見送る方針を
決めました。

オバマ大統領の中東政策の方針転換から
国防予算の大幅削減は避けられないものと
見られていましたが、国防総省の方針決定に
よって、F-22は近く生産中止に追い込まれる
可能性が極めて高くなりました。

その圧倒的な制空戦闘能力から航空自衛隊の
次期主力戦闘機の最有力候補とされながら、
アメリカ議会の対外輸出禁止の決定によって
導入の見通しが極めて難しいとされている
F-22ですが、選定作業の抜本的な見直しが
迫られるのは確実のようです。

ロッキード・マーチンとボーイングが共同で
開発しているF-22はすでに実戦配備が
始まっており、沖縄の嘉手納基地にも
期間限定で配備されていますが、
今後はすでに発注されている180機前後より
さらに削減された形で、部隊配備が行われる
可能性があります。

アメリカは現在、F-22の配備と並行して
JSF(Joint Strike Fighter)=統合打撃
戦闘機F-35の開発を、同じロッキード・マーチンが
中心となって進めており、こちらの動向も
注目されます。

F-35は、アメリカ軍とイギリス軍が約3000機を
配備する予定になっており、その他のNATO各国を
含めると最終的には約5000機以上が製造
されるものと予測されています。

いずれにしても、アメリカの航空宇宙産業は、
民間航空業界の需要の落ち込みに加えて、
軍需も先行きが不透明になり、
大きな打撃をこうむることになりそうです。

好むと好まざるとに関わらずアメリカ経済は、
強大な軍事産業によって支えられている面もあり、
経済の建て直しと、軍備縮小の相反する現実を
どう克服していくのか、オバマ政権の手腕が
試されます。

ちなみに、F-22は日本円で1機約140億円、
F-35は約86億円となっています。
(プラモデルは2000円から3000円前後で
各社から発売されています) やれやれ・・・・・

| 11:00 | コメント(1) | カテゴリー:田中穂蓄

コメント

田中さん、お疲れさまです。
自分は、千葉県民なので、この度の森田新知事の手腕が問われる訳ですが、実家は橋下知事、良くも悪くも注目される地域に住んでおります。
航空機と金額は違うものの、千葉県ではダム建設の廃止か続行かが懸案です…
無駄と考えるのか産業の興隆の為と考えるか…難しい問題であります。

投稿者 ちなみん : 2009年4月 7日 13:19

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

バックナンバー

カテゴリー