2014年09月01日

J-WAVE LIVE 2000+14

 ことしも サンスター オーラツー presents J-WAVE LIVE 2000+14、大盛況のうちに幕をおろしました。日曜日二日目のオープニングは、しきりに三浦大地(誤)→(正)大知の人気を意識していたゴスペラーズ。今年20周年を迎える日本を代表するヴォーカル・グループの初登場です。そして三浦大知は3年連続、女性ファンのテンションも急上昇です。smooth-criminalの頃のマイケルジャクソンのバックダンサーを彷彿とさせる、キレのあるダンスパフォーマンスといつの間にか体がリズムをカウントしてしまうビートは新しいのにどこか懐かしさをも感じる親しみ易さが。気がつけば大知ファンになってしまうこと請け合い。今年もっとも印象に残る男性アーティストです。


 続いて登場のスキマスイッチは稲垣潤一の名曲【夏のクラクション】をカバー!勿論【全力少年】で盛り上がりますが、富士急ハイランドでロケーションを行ったニュー・シングル「Ah Yeah!!」のMV(フルサイズVer)が幕間に放映され、貸し切りのコースター上で熱唱する映像には会場も大興奮。インターバルのMVとしては異例の大拍手を贈られていました!!

 休憩時間を挟んで当日の「McDonald’s TOKIO HOT 100」番組オンエアにゲスト出演、本番前の意気込みを語ってくれた「ひとりカーニバル・オトコ」のナオト・インティライミ。関西ふうのMCで盛り上げてくれます。ブラジル・ワールドカップが遠い昔の記憶のように蘇ります・・・

 そして今回紅一点の加藤ミリヤ、分厚い毛皮とサングラスを脱ぎ捨てると、黒のラテックスのタンクトップに黒いマイクロ・プリーツ、裾からガーターベルトをチラ見せ・・・流石はオシャレ番長の面目躍如!5回連続出演の貫禄です。そして二日間を締めくくる大トリは、何とマッキー、j-wave-liveに初めての登場です・・・・・その大御所マッキー、代々木で思い切った行動に?!


 この模様はきょう月曜日からの番組【ビートプラネット】でお聞き戴けるほか、9/15(祝)夜8時から4時間のスペシャル番組でも、たっぷりお愉しみ戴けます。J-WAVEオリジナル・ミックスのライブ音源、出来ることなら是非ホーム・オーディオやカー・ステレオでその臨場感をお楽しみ下さい!!

| 01:01 | カテゴリー:吉田雅彦


2022年 6月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

バックナンバー

カテゴリー