2020年07月24日

Myサマースクール

海の日は20日?じゃなかったの??今年は平日??

今年はあ特別に23日(木)が海の日で、翌日(金)がスポーツの日。ともに祝日です。夏休みが始まっていよいよ東京五輪の開幕!のはずが思わぬ夏になってしまいました。

子供たちの夏休みは軒並み短縮、春先に授業が中断したので遅れを取り戻すにはこれでも足りません。


実は昭和の昔からインフルエンザの大流行が何度かあり、休校の遅れを取り戻すため、夏休み返上で中学三年生の補習活動が図られました。サマー・スクールの誕生です。

夏休み中の空き校舎を使って、講師には卒業生の大学生らを招集、年の近い先輩たちから直接受ける授業というのは教育実習生の授業とも違ってどこか新鮮な印象でした。

私の通っていた大田区内の中学では、このサマースクールの伝統が長く続き、私もその受講生の一人となりました。


Dscf4216講師の先生は近所に住む先輩たち、その中にはのちの写真家・ハービー山口先輩や、元真理ちゃんず、後の藤岡藤巻の藤巻・藤岡亮先輩もおりました。

(写真は表紙になった若き日の山口先輩)

カリキュラムは英語、国語、音楽のほかに趣味や得意分野を活かしたユニークなものまで、中学の授業にはない魅力的なものばかりでした。
私が藤岡先輩の授業で習ったのは「音楽の中の英語」という授業。ここでサイモン&ガーファンクルのサウンドオブサイレンス、明日にかける橋の和訳に挑み、その秘められたメッセージを紐解くという興味深いものでした。

講師の先生とはマンツーマンで授業内容のQ&Aや進学での悩みなどを相談できる交換ノートがあったり、レクリエーションの時間には藤岡先輩お得意の吉田拓郎のカバーを披露してもらったり・・・・・時間外には、特別にNHKで催される歌謡オーディションにくっ付いて行ったり、750ccバイクの乗り心地を味わわせてもらったり・・・・・・

こんな、素敵な夏休みはほかの学校では決して経験できなかったユニークな思い出です。数年後、今度は自ら講師として後輩たちの指導にボランティア参加したことは言うまでもありません。

尾崎先輩(元真理ちゃんズ)、今頃どうしているのかなあ・・・・・・

| 19:38 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2020年07月24日

1982長崎

アメダスという名前の聞き慣れない気象データアセンブルシステムが桜井洋子アナウンサーと共にテレビ画面に登場した1982年のちょうど今頃、長崎地方は時間雨量が180mm以上を記録する激しい豪雨に見舞われました。

夜が明けてTV画面に映し出されたのは有名な眼鏡橋のバラバラに崩れた変わり果てた姿、死者不明は計299人にも達する大災害でした。長崎の街を歩いてみるとわかる通り急坂が多く急傾斜地に建てられた物件もまた多いのが特徴。河川にも一気に雨水が流れ込み、洪水被害というより鉄砲水の直撃を受けたような印象でした。

今年も九州西部を中心に甚大な被害をもたらした集中豪雨、昔に比べて観測機器も精度も上がっている筈なのにこうした豪雨は直前まで正確な予報が難しいのが現状です。富嶽のようなハードを使って精密な気象予測に役立てる予算を何としても最優先で決めて貰いたいものです。

| 07:06 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦


2020年 8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

バックナンバー

カテゴリー

最新記事