2020年06月25日

オリンパスがカメラ部門を売却

オリンパスのカメラと言えば度々ブームを巻き起こしたカメラ界の先頭打者。OMシリーズやペンは昔の人気ブランドを復刻したロング・セラー。そんなオリンパスのカメラ部門が売却されるという寂しい今日のニュースでした。

街行く人々は誰もが電話の中にカメラを持ち合わせている時代。カメラという形をした製品は敢えて買わなくてもくっついて来るもの。そんな時代でしょうか?


Image_20200625183101さて、そのオマケ・カメラの新顔さんが増えました。カメラのソニーが作った新製品です!カメラ雑誌に取り上げられた携帯電話、の類ではもはやなくそこらへんのコンパクト版デジカメをはるかに凌ぐスペック搭載なのですから・・・・(写真はアサヒカメラ新製品コーナー掲載のもの)

まずレンズは広角、標準、近望遠の三種をセット、ズームではカバーしきれない範囲を抑えるばかりでなく、レンズの特性を使い分けることだって可。3本の交換レンズを持ち歩くことを考えたら、どんな小型一眼レフでも太刀打ちできません。
操作方法だって何となくカメラちっく・・・・絞り優先やマニュアルモードが選べて、シャッターボタンも半押しでフォーカスが起動するという使い勝手は、もうフツーにカメラそのもの。

ただしお値段はデジタル一眼レフを買うのと同等か、或いは高いかもしれません。デスクトップのPCさえも買えそうな値段のカメラ選びとなると、ちょっと怯んでしまいます。

そうそう、カメラにはないスペシャルな機能があることも付け加えておかねば、このスマートフォン音声通話ができる電話機でもあるんです!

| 14:51 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー