2011年04月29日

浜千鳥が戻ってきた

さて、震災から50日近くが経ち、再び訪れた東銀座の「いわて銀河プラザ」DSCF9399.JPG

釜石の純米酒「浜千鳥」も復活,陳列棚に並ぶ様になりました.店内は相変わらずの盛況.今回は待望の「かもめのたまご」も復活Dscf9401

お一人様五個までの限定です。いまや沿岸を代表する代表選手といえるかもしれません

| 01:58 | コメント(3) | カテゴリー:吉田雅彦

コメント

吉田さん、お疲れさまです。
かもめの玉子、自分が横浜勤務時代の16・17年前、元部下が宮城出身(気仙沼だったでしょうか・・・)・線の細いタイプ、彼のお土産は、必ずかもめの玉子、でした。
消費、に関しては、量を頂くタイプで、その分食料品は買いますが、買い物全般に関しては、かなり慎重になっています・・・
経済の活性化は急務です、同時に、今なお厳しい生活を強いられている被災地の皆さんの状況を考えると、「今自分に出来る事・すべき事」をいつも照らし合わせ、明確な答えは出ません・・・

投稿者 ちなみん : 2011年4月29日 16:20

えっ?岩手にも同名のお酒があるとは初耳(持病で酒類飲めない小人ですが)
「浜千鳥」は鹿児島、奄美の黒糖焼酎でもあります。
母の故郷の名産品の一つです、自宅に陶器製の容器で置いてあります。
(叔父が来る度に飲んでしまうのがちょっといただけない ・ ・ ・ 。親父亡き後は酒類の消費は激減です)

投稿者 小人部隊一号 : 2011年4月30日 19:21

かもめのたまごは売り切れの確率が高い様です
浜千鳥も三〇〇〇円はする高級版から品揃えも
復活し、色々な銘柄から選べる様になりました

投稿者 吉田雅彦 : 2011年6月11日 20:47

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2019年 3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バックナンバー

カテゴリー