2022年06月24日

stealpan?のめっけもの

坂本龍一の歴史的名曲、メリークリスマス・ミスターローレンス
観光地で遠くからスチールパンドラムの様な音色のメロディが流れてきました。

P1230782


演奏していたのは石井カズヒロさん

速攻でCDを購入しました。ソロ・プレイのシンプルな構成、オクターブ上が出せない音数の少なさはアレンジでカバーして巧みに演奏されています。

pandrumで思い出すのはなんと言ってもスパイロジャイラの名曲モーニングダンスです。
イントロ冒頭pandrumの独特な音色で一気にエスニカルなムードを盛り上げて
ベッケンシュタインのサックス主旋律へと繋がります。
あの当時はクロスオーバー・サウンドと呼ばれていたフュージョン系の音楽。スタッフやクルセイダース、もちろんジョージベンソンにアールクルー、リーリトナーにラリーカールトンといったスターたちが目白押し。もちろんナベサダことわたなべさだおさんも日本を代表するフュージョン回のスーパースターです。

真夜中のドアが今頃になって再び注目を集めていますが、あのアレンジこそは当時のクロスオーバーなサウンドを模したもの。歌謡曲には無い格好良さが今頃になって再評価されているとは・・・・・
70年代後半はこの他にもウェストコースト・サウンド、サーフ・ミュージック、ディスコ・サウンドの席巻、そしてピンクレディー大旋風と荒井由美・シュガーベイブに代表されるニューミュージックの黎明期
pandrumの音色はそんな色とりどりの70年代を思い起こさせてくれます・・・・・

| 00:43 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦


2022年 6月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

バックナンバー

カテゴリー

最新記事