2022年01月19日

house of Gucci

ミラノで赤のフィアット124スパイダーを駆り颯爽と降り立つレディーガガ、父のトラック会社ではサインが上手に真似できると褒められます。
ドナ・サマーのメドレーが流れるパーティー会場でバーテンダーとうっかり間違えて声を掛けたのはたまたまグッチ家の御曹司、2人は恋に落ち、結婚してイタリア語版アイム ア ビリーバーを聴きながら幸せな家庭を築きましたとさ。

でも一つだけ違ったのはジョージマイケルのfaithを聴いてるうちに、彼女の野心溢れるグッチ愛がムクムクと...
全編ほぼ出ずっぱりのガガ様が体当たりの演技で魅せてくれるのは巨匠リドリー・スコット監督の眼鏡に適ったからなのか、その迫力ある目ヂカラには圧倒されっぱなしでした。BGMのブロンディ;ハートオブグラスがいかにも、な感じ

旧いヴェスパにランブレッタ、フィアット850,600にルノー・クリオ、924にLP500、アルファ75と言った時代に即した人気車も多数登場して実物さながらに再現されたランウェイと共に華を添えています。

グッチ家のお話だからどうせ富裕層のことでしょ?と思ったら、意外にも兄弟親子関係を巡ってのありがちなストーリーに展開していくので、是非史実を調べる前に映画館ではじっくり腰を据えてガガ様の名演に酔いしれましょう!

参考までに映画で描かれたその後のグッチ家に由来する商品がハウス オブ フローレンス(=フィレンツェの旧称)のブランド名で日本にも紹介されています。商標権の関係でGucciの名前こそ使えませんがこちらが由緒ある伝統に近い筋です。ご当主ロベルトさんは親日家でもあって、とても好感の持てる人物だった事を付け加えておきましょう。

| 01:30 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2022年01月19日

名画とイタ車

映画ハウスオブグッチに登場するクルマの多くは80年代を中心としたイタ車。
冒頭のフィアット124スパイダーに始まりランブレッタのスクーター、パトカーのアルファ75、金に糸目もつけずグッチ御曹司が手にいれたカウンタックのアニバーサリーモデルに一切を失ったアルドの息子パオロがポルシェ924から乗り換えたフィアット600・・・・・・
他にも占い師のイケナイお友達が乗るルノー・クリオや弁護士が愛用するちょっと旧い911タルガ。サンモリッツ逃亡用のカワサキ?にベントレー・ミュルサンンヌに735iL、ストレッチしたメルセデス230E等々ちょっと個性派のくるまたちがレディガガの熱演に彩りを添えています。

不思議な事に上記のモデルは復縁を迫るカノジョが門前払いを喰らうシーンでテールがチラリと映る735を除いてどれ1つとして我が家のコレクションにはアリマセン。偶然の不一致というか趣味の相違というのか?
理由をあれこれ考えてみるに、70年代半ばから日本は世界に名だたる厳しい排気ガス規制が施行され輸入車障壁となっていたこと。その間に国産車も性能が向上したこと・・・・この時代には逸れこそエルメスやグッチといった製品が日本市場を席巻する様にもなり、それが映画で描かれていた時代にも重なるのでしょうか?うがった見方をすればこの間に輸入車に向けられるべきマネーがブランド品購入に消費されたのかも?


蛇足ながらBGMに流れるジョージマイケルのfaithはその昔、スバルREX(CVT)のCM曲としてもつかわれたことがある名曲です。それは日本が未曾有の円高時代を迎えようとしていたころ、アメリカの物件を日本マネーが買い漁った頃とも重なるのです・・・・

| 00:26 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦


2022年 3月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バックナンバー

カテゴリー

最新記事