2020年09月14日

ヴィンテージ・フェラーリ( )を買ってみた

エンッォフェラーリ御大が没して後、平成の時代のフェラーリを率いたのはルカモンテゼーモロというチョイ悪オヤジ風実力派でした。
それまでは348や512の流れを汲むテスタロッサ、モンディアル8などの焼き直しに終始していたのが、456,360モデナ、550と矢継ぎ早に白紙開発の新モデルを投入し、フェラーリの屋台骨を立て直した「神」です。

Dscf3017

そんな90年代の名車を中心に取り上げたのがCG選集フェラーリ②です。 二玄社時代の出版で増刷など望むべくもなく、市場にわずかに残っている在庫があれば超ラッキー、ただし価格は新品ながらヴィンテージものとあってちょっと躊躇するような金額が張り付けられていました。

分厚い選集の本を繰ってみると、F40にF50、或いは母体となった288GTOや512SPと言ったCANAMマシンさえ!しかもF1人気絶頂気にあった641/2なんて懐かしのレーシングマシンの数々‥・・・もう迷いません。価格のことは思い出さぬようにしてレジに足を向けます。

実はもう片方の手にはやはりアルファロメオ③も手にしていたので出費も倍増!!でも、こちらもアルファスパイダー新旧取り混ぜてお宝物件がザクザク。
昔は湯水のごとく魅力的なモデルで溢れていたのに、今の今まで見過ごしていたとは!

Dscf3018


ここ数日は天気も悪そうだし、しばし旧車の夢の時代に思いを馳せてみるとしますか・・・・

| 19:23 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦


2020年 9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

バックナンバー

カテゴリー