2020年07月27日

写経Ⅱ

薬師寺別院で簡単に体験できる写経、今回はお願い事があって再びチャレンジしてきました。
今回は墨汁ではなく自分で墨を擦るところからスタート、程よいウォームアップになります。字体そのものよりも他の字との整合性、墨の濃さ、筆先の整え方‥・・・いろいろと神経を使います。前回筆先のまとまりが無くなってしまった轍を踏まぬよう、墨を含む際には細心の注意を払います。

面相筆の扱い方もちょっと小知恵を仕込んでイザ開始。字の太さ、墨の濃さを一定に保つのはやはり至難の業、かなりの集中力が必要とは解っていますが・・・

何よりも墨の補充は一番の難関、こればかりはまだまだ解を見つけ出せません。

庭の向こうでミンミンゼミが鳴き始めています。そりゃあ、7月も末ですから・・・・上空には南風運用のため羽田のA滑走路にアプローチする旅客機のエンジン音が!

静まり返った空間にはそのエンジンが‎CFM56(737)なのか、GE CF6(767)なのか、判別できそうなくらい低空で通過してゆきます。
Dscf4228

・・・・・で、お願い事はただひとつ。とある人の健康回復祈願でした

| 18:05 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー

最新記事