2016年04月12日

スティーブジョブスを超えた?

 ロケットと言えば洋の東西を問わず使い捨てが当たり前、でしたが今世紀は違うようです。アメリカのNASAがスペースシャトルを開発したのも再利用を図ることでコスト削減を狙ったもの。しかしメンテナンスにかかる費用が膨大なうえ、大きな燃料タンクを抱きかかえるという安全上の大きな爆弾を抱えていました。

 イーロン・マスクCEO率いるスペースX社が今回成功したのは洋上に浮かぶ船の甲板に発射後、御用済みとなったロケットの一段目を無事に軟着陸(洋上ですが着水ではなく、厳密には着艦です)させたこと。空想物語サンダーバード3号がトレーシーアイランドに戻ってくる時のようなシーンが半世紀を経てようやく現実のものとなった!というわけです。

| 12:49 | カテゴリー:吉田雅彦


2019年 3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バックナンバー

カテゴリー