2016年04月05日

銭湯物語〜鞄の中身編~

きっかけは、この 瀬戸内れもん味 イカ天。

IMG_0722.jpg

お風呂でお逢いする60代のお母さんが、
「レモン味のイカ天が美味しいと評判らしいんだけど、あなた知ってる?」と、
広島育ちの私に瀬戸内ブランドの話題を振ってくださいました。

流行に鈍感な私は、初耳で、知りませんでした、と答えると、
何でもいろんなところで話題になっていて、
広島のブランドショップに行ってみたら、
売り切れで手に入らなかったそうです。

へぇ~、食べてみたいですね~!なんて話していたら、
「今度、銀座に出る時にあったら、あなたの分も買ってくるわね!」と仰ってくださいました。

その言葉、お気持ちがとても嬉しかった私は、
たまたま、この会話のすぐ後に銀座に出掛ける用事があったので、
早速、イカ天を手に入れるべくお店に行き、
お母さんの分も買って帰りました。

すると後日、お礼に、と自家製マーマレードをいただき、
それ以降も、スペアリブに、めちゃめちゃ美味しい塩バターパン、
人気店のバゲット、滅多に行けない和菓子屋さんの上生菓子などなど、
嬉しいいただき物のオンパレード。

私にだけ特別、という訳ではなくて、
こちらのお母さんのお風呂用鞄には、
いつも誰かにお裾分けしたい愛情が入っていて、
私もその恩恵にあずかっているのです。

少し前に、女性は年齢を重ねると
鞄の荷物がどんどん増えるという記事をネットで目にしました。
もちろん、個人差はあるでしょうが、
例えばハンカチは2枚!、折り畳み傘、眼鏡、ショール…
もしもに備えて、用心深くなるのかもしれませんね。


そういえば、祖母の鞄からは
いろんなものが出てきたなー。

あめちゃんはもちろん、時々みかん
絆創膏に裁縫セット、ポチ袋、ごみ袋にするためのビニール袋…

祖母に「絆創膏持ってる?」と聞くと
あるよ、と出してくれ、あるだけ全部渡されました。
1枚でいい…と言っても、
「まぁ、えぇけー持っときんさい」

話が逸れましたね。

瀬戸内れもん味のイカ天には、後日談があるんです。
わざわざ銀座まで行かなくても、
近所のリカーショップで売っていましたw
山積みになって。


| 06:00 | コメント(0) | カテゴリー:小池文美


2019年 3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バックナンバー

カテゴリー