2021年12月23日

新型altoいよいよ九代目に

ようやく新型アルトがリリースされました

実はこの両車はお正月を挟んでフルモデルチェンジが控えている模様で、半導体不足も手伝って早々に現行型をおしまいにさせるという観測が!
自動車各誌の情報ではシャーシは先代からの引き継ぎ、車重はちょっと増加しそうで車高は1500ミリに収まっていそうな気配.低く構えた現行型より旧型ハスラーや初代ワゴンRのイメージに近いかも.全車CVT採用でマニュアル車は残念ながら無い模様.代わりにトヨタ式TMHSのハイブリッド搭載も噂されているとか?

他方でホンダの人気ナンバーワン、NーBOXも新型がデビューを控えているとかで現行モデルの生産や受注もストップされそうです。

この年末年始は軽乗用車冬の陣になりそうですが、ちょっと心配なのはアルトのカタログに並んでいたマニュアルミッション車が生き残るかどうか?です。

アルトワークスと言えば二代目モデルに最強版として加えられたターボツインカム4WDのスーパーウェポン.現行モデルにも復活採用されたほか、アルトにだけはマニュアルミッションが用意されていたのは嬉しい限りでした。
いつか自分も老人と呼ばれる歳にならないうちにマニュアル車を選んで踏み間違え事故は回避しようと考えていたので気になるところです。

写真で見る新しいアルトのプロポーションは背を低くしたハスラーの様でもありラパンの車高よりも高くさえ見えます。

P1230229


となると低く構えた今のアルトの方がスポーティでワークスに相応しい佇まいに思えてきます。

でもって期待のアルトワークスですが、どうやら遅れてターボ装着車がデビューの気配.マニュアル車はひょっとするとワークスだけになるかも知れず目が離せない展開です。

| 23:32 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦


2021年 12月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー