2021年10月21日

オリオン座流星群が極大

今夜はオリオン座の方角から放射状に流れ星が広がる流星群が極大のはず
とは言え生憎の空模様、ちょっと残念

さて秋の夜空のどこにオリオン座が??と探しても実際のところ秋の星座には目ぼしい明るい星座が見当たりません。今南の方角に明るく見えているのは木星.条件が良ければ右隣りに土星も見える筈ですが、、ちょうど両者を結ぶ様な位置には山羊座の大きなデルタの星の並びがあるはずです。

でも山羊座に明るく輝く星はなく、左に見える筈の水瓶座や南の魚座を目視で確認しようと思ったら、都心からは遠く離れた山奥に向かわないと難しいかも知れません。なので秋の星座探しは天頂とか北の方を向くのがお勧めです。

で夜半過ぎの東に姿を見せてくれるのが件のオリオン座です。
真夜中の12時頃、太陽はちょうど日本の真裏にあって日本からは太陽系の外側の遠くまで見渡せる形になります。その真正面にいるのが木星、太陽と正反対の位置にいます。

この時点で地球の進行方向の先の方にあるのがたまたまオリオン座と言う訳。
地球が山手線内回り電車だとします。太陽は九段下あたりにあって、今電車は南端に近い五反田を過ぎた辺り、大崎駅に近づく手前から運転席の視野に入ってくるのが大崎シティの高層ビル群,と言ったら判ってもらえるでしょうか?


2ヶ月前だとだいたいペルセウス座がこれに当たりますそう、8月半ばのペルセウス流星群の放射点のある星座です。
来月だと獅子座流星群。何年も前の極大の時には東京都心でも明るい火球を目撃することが出来て大きな話題となりました。

南の空を左上から斜めに横切って凄まじい空気との摩擦音の後に爆発の音とソニックブーム.そりゃあ見ていて迫力モノでした!

今夜は残念ながらそんな機会にお目にかかれるかどうか?
夜になれば急に冷え込むので、天体観測は空気の澄んだ場所にあるコテージとか山小屋とかでしっかり暖をとりながら望遠レンズを覗きたいものです。

参考までに山手線内回り電車は今週末の土日、池袋から大崎まで終日運休になります。外回りも多少減便されるので並行する埼京線、湘南新宿ラインに乗り換えが必要です。代々木や目黒などの駅までは東京メトロや都営地下鉄のお世話になりますのでご注意を!

工事前と後には撮り鉄も集まって来そうで、密にならないと良いのですが......

| 14:43 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦


2021年 10月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

バックナンバー

カテゴリー