2021年06月16日

全行程消化?

太平洋横断の旅に出た元よみうりTVアナウンサーの辛坊次郎さんを乗せた39ftクラスヨットのkaorin5世号はゴール目前、現地時間では木曜にも到着かというところまで来た!

実はこの2ヶ月の航海は衛星経由で5分ごとに現在地や艇速、方位までもがウォッチ出来ていた。衛星電話の定時連絡も毎日公開されていたので日々の様子を垣間見ることが出来た。

勿論風向や風速といった1番重要なデータも陸上の我々には手に取るように分かる。が、それを現場に伝える術は音声通話しか無い!という洋上の不思議。まだまだ冒険のネタは尽きないものだ。

とは言え元々2人乗りも可能な豪華ヨットでの長距離旅行は軽自動車よりも小さなマーメイド二世号で太平洋を横断したレジェンド、堀江謙一さんからみればゴージャスなクルージングと映るかも知れない。


さて最終局面を迎えたアメリカ西海岸ではロサンゼルス沖からサンディエゴにかけて沿岸では無風状態が続く予報。船足を早めるなら沖合の小さな高気圧の南端を反時計回りに迂回して南からサンディエゴにアプローチという手も考えられるのだが...

今日の定時連絡では微風の中、すでに機帆走でスピードを稼ぎなんとか日没前の入港を目指すらしい。日本時間木曜のオンエアのタイミングを逃すと次の放送は月曜日に持ち越しになってしまうのだ。
おまけに今週は例のアノ特別な週、到着は風任せと強調していたご本人も、やはり番組は大切に考えているのだろうか?
(実際のところは8年前,失敗に終わった最初のトライの出港日が6/16だったので,そこにこだわったとの由。)

最後の課題はジャイアントケルプというお化け海藻に足をすくわれないか?エンジンを酷使してトラブったりしないかどうか?ここに来て、もうやり直しは無いだろう

(日本時間17日午前10時前、現地16日17:52)無事横断成功です。やはりメデタイ、と言うか羨ましくもあるひとりぼっちの69日と1時間、お疲れ様でした。

Dscf1019

さて、向こう岸に到着した愛艇の今後はどうなるのか?売却には諸問題があり、コンテナ航送も高額な負担となるし。愛着のある艇だけに手放すとは考えられない。
となれば誰かが帆走で太平洋を西へ走らないと・・・・・・台風シーズンを控えて,南よりのコースで太平洋を横切るには一週間後のスタートが最善,とは御本人の弁。

じゃあ、もう一回太平洋横断?今回は単なる折り返し点だった??
長い長い人生の夏休みは当分続きそう・・・・・

| 23:04 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2021年06月16日

シアワセ?の終焉

そういえばホンダのオデッセイ、最近見かけなくなったなあ
と思ったら今朝のヘッドラインニュースでも放送されたとおり、年内を持って生産終了と報じられました。やはりそうなのか?
一時期はミニバンといえばオデッセイというくらい一世を風靡したあの人気車種も、こんな時を迎えるとは・・・・

決してミニバン人気そのものに翳りが生じたわけではありません。ホンダにはステップ・ワゴンやN-BOXという人気車種が健在ですし、街中で見かける黒いミニバンの大抵はアルファードかヴォクシー/ノア・日産セレナのどれかだったりします。じゃあ何故オデッセイは繁殖しなかった?

実はここに日本のマーケットの特異さが見て取れるのです。
ミニバン,と一口に言っても大まかに言えばワンボックス由来のミニバンとワゴンから派生の背の高いワゴンと二つに分けることができます。

オデッセイにしろマツダのプレマシーにしろ、日産のプレーリー、ラフェスタにしろ、トヨタ・マークⅡジオ,OPAにしろ・・・・・少し背の高いワゴン、いや低めのミニバンたちはことごとく姿を消してしまいます。ほかにも枚挙に暇が無いほどのミニバンたちが自動車マーケットの栄枯盛衰を物語っては消えてゆきました。

でも、オデッセイ誕生当時は最初から大歓迎で市場に受け入れられたのです。もちろん当時もワンボックスの背の高いハイエースやデリカは存在していました。が、オデッセイはそれほど背が高くは無くミニバン初心者にとっては超えやすい壁だったのかもしれません。

乗用車のワゴン同様,後方に広く開くフツーのプラグドアを採用していたことも然り、アコードワゴンからの乗り換えも抵抗無く受け入れた敷居の低さもこのときには幸いしたようです。トヨタのイプサムが僅差でこれに続き、日本はやがてミニバンに埋め尽くされる運命となったのです。

日産エルグランドのヒットで,背の高い威圧的なワンボックスにも日本人は抵抗しないことがわかると,アルファードやセレナ、ボンゴ、ノアといったワンボックス由来の背の高いワゴンも軒並み前輪駆動を採用した上、ミニバン市場の中核を占めるようになります。
それはホンダ社内でも同様で,5ナンバー枠に収められたストリームや背の高いステップワゴンの成功がオデッセイの存在感を薄めてしまったことは否定できないでしょう。そもそも、オデッセイの車高は生産設備での寸法上の制限から否応なしにあの高さに決まったもので、今となってはそれが、人気を奪われる一因となっているのが皮肉です。

オデッセイの登場当時,CMコピーに採用された「シアワセ?」のフレーズは程なく起こった大震災のため差し替えられてしまいましたが、ファミリーカーのシアワセ像を作り出した功績は忘れ去られることは・・・・・無い!とは言い切れませんが,オデッセイの復活は,まあ無いでしょう・・・

| 15:03 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦


2021年 6月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

バックナンバー

カテゴリー