2021年06月15日

日本全国FM化計画

今日のニュースの中に全国のAM局がFM電波オンリーに移行を計画という項目を見つけました。ガソリン・エンジンに続きAMラジオよ!おまえもか、と言うのが正直な感想です。

元々がAM局育ちの身としてみれば、憧れのFM電波がほぼ全ての局から発信されるのは嬉しい反面、停波となる中波には一抹の寂しさも。

今ではradikoのエリアフリーで全国のラジオ局がクリアに聞こえます。が、昔は遠くのラジオ局を受信しようとアナログ・チューナーのバリアブル・コンデンサーをビミョーなタッチで動かしてお気に入りのステーションを探し当てたものでした。

ヤンリクもヤンタンも遠く1000キロ近く離れた東北で結構クリアに聞いていたものです。松山千春がデビュー間もなく札幌の局で担当した番組も聴いていました。
東京の局など、夜間には全国に電波が届くので地方新聞のラテ欄には夕方以降の東京ラジオ局の番組欄が載っていた程です!(だから昼間しか番組が売れなかった!)

日没の早い秋の入り口には夕方の札幌のラジオ放送を東京でキャッチすることも出来たし、夜間はカーラジオが無敵の受信機となって日本中のAM局の電波をキャッチしながら夜のドライブを楽しんだものですが、それもやがて昔話に。

AMに比べて到達距離の短いFM電波ですが、標高の高い場所なら100km以上離れた場所でも受信可能です。軽井沢や箱根の峠まで、沼津あたりの海岸沿いならFM電波でJ-WAVEが楽しめるかも!いや東京中のラジオ局も•••••

| 23:10 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦

2021年06月15日

Jアレジ

今日のグルーブラインには若手のレーシングドライバー、ジュリアーノ・アレジ選手が登場!
え?知らない?
ならジャン・アレジの名前はご存知でしょうか?セナが元気だった時代、いきなり上位を脅かす走りを見せつけ、フェラーリドライバーの座を得た人気ドライバーでした。

で、戦績よりももっと有名だったのはパイオニアが商品化した最初のカーナビゲーションのCMキャラクターを務め、お茶の間での知名度も一気に上昇したこと。

当時のF1人気の凄さときたらプロストがガソリンのCMに登場しマンセルはコピー機の、セナは数え切れないほどのCMに登場し中嶋悟さえもがCDデビューして歌手の仲間入りするというとんでも無いF1バブルの時代だったんです。

そんな渦中のアレジが結婚、当然大ニュースです。しかも相手は日本人、国民的美少女のタイトルも獲得した後藤久美子!

今ならあり得ないクラスのニュースの連続でした。

そう、今日登場のジュリアーノ、お母さんはゴクミです。日本語も不自由しないし、日本に定住したいとも。
週末には国内の人気レースシリーズに参戦するので近県の方は是非一度応援に

オンエア聞き逃した方もタイムフリーで是非

| 19:19 | コメント(0) | カテゴリー:番組のお知らせ

2021年06月15日

衝撃報道を否定?(日産が反論)

開発を中止、と報道された日産スカイラインについて当の日産副社長が会見の場で正式に報道を否定しました!天晴れ!!
まあ、記事にもそれなりの説得力はあったものの、日産がそう易々と伝統の暖簾を無かったことにするとは思えない。

でも、一度スカイラインは消滅の危機を乗り越えている。
ふた昔前、東京モーターショーにXVLというラージサイズの新しいプラットホームの新規開発車が現れたとき、スカイラインに変わる名跡が検討されていた様だ。

V6縦置き後輪駆動のこの新型車に、それまで直列6気筒エンジンの伝統を守ってきたスカイラインの名前を冠するべきなのか、社内でも大議論があったろうことは察しが付く。
結果、別途開発が進行中だったいたスカイラインはこの全く新しいデザインを纏って登場することになる。クーペやインフィニティ、復活するフェアレディZの未来も担っていた。

スカイラインもかつては月販が1万台を超える、それも相当高額なものが代々に命名された愛称とともに人気車種の地位をゆるぎないものにした。西部警察でも特別に捜査用車両に選ばれている。
80年代の若者たちがこぞってハイソ(サエティ)・カーのブームに乗ったのもスカG人気が市場を開拓したからに他ならない。(と思われる)

今回の新聞報道はそんな昔を知るものにとってはショッキングだったに違いない。当の日産もそうだったようだ。が、それは報道の正しさについての驚き、ということか?。

さて、後輪駆動のクルマにはまだまだベンツやBMWの大半のセダンが存在し、中国、中東にはまだ相当数の需要が見込まれる。向こう10年で新型車を開発して投入してペイできるのか?日経の記事の根拠もここだろうし、日産の反論もこの点を否定できる物証がないと俄には肯定しづらい面がある。
シーマ、フーガが消えてもおかしくはないだろう。だが、スカイラインの名跡を残すには直6エンジンを捨てたとき同様、後輪駆動にも未練を残さない大変換が必要なのかもしれない。
カムリもアコードもアメリカではまだまだ売れ筋、インフィニティにも同クラスのセダンは存在するので、前輪駆動スカイラインがいずれ登場する、そんなシナリオに落ち着くのかもしれない・・・・

| 15:56 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦


2021年 6月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

バックナンバー

カテゴリー