2020年07月18日

100% new EV

日産の全く新しい電気自動車ariyaが発表されました。2021年型、リーフの最初の発売からは10年になります。
現行リーフが10年来のパーツを使うのに比べて今度の新型は図面からオールニュー、サイズもリーフより一回り大柄です。

Dscf4195

見ての通りSUV、4wdもFFもあって、最強版はリーフ二台分の高出力、前後にモーターを持つのでこうなります。
仔細に見るとホイールベースはリーフよりちょっと長め、大径タイアの為フロアはリーフ同等ですが左右に広がるフラットな床はひろびろ感タップリ、6人乗りが無いのが勿体ないくらいです。
ルールからテールランプまで滑らかに繋がるラインはRVよりクーペに近いもの。今流行りの傾向です。
クウォーターピラーの加飾はガラスに見えますが景色は見えません。ボディー同色に塗れば印象も違って来そうです。

Dscf4197

インパネは液晶パネルが左右に大きく広がりスイッチ類の凸凹もありません。拭き掃除はリーフよりもラクそうで電気自動車感にあふれています。

電池搭載量も増えて車重は2トン目前!結構ヘビー級です。だから価格もそれなり、日本にはライバルが見当たりません。欧米ならテスラのモデルXかメルセデスのEVあたりか?いずれにせよ高額な買い物であることは確かです。

リーフの様に時々街で見かける類のクルマでは無いと思いますが、富裕層が積極的自由にこのクルマを選んでくれるかどうかは日産の社員ならずとも固唾を飲んで見守ってみたいと思います。

| 19:36 | コメント(0) | カテゴリー:吉田雅彦


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー

最新記事