Olympic TOKIO HOT 100
J-WAVEのポッドキャスト サイト J-pod TOPへ
番組登録方法
iTunesから番組登録
RSS Podcasting
RSSでPodcastingを
楽しむには…?
ORIGINAL SITE メッセージはこちらから
【来週のNO.1予想クイズ】
その他の番組blogへ
NOW ON AIR
TIME TABLE




HOME
2020年12月31日
SHADES IN THE RAIN / SANDRO CAVAZZA

1231.jpg

本日ピックアップするのは、今週55位に初登場。
SANDRO CAVAZZA、「SHADES IN THE RAIN」

スウェーデンに住むイタリア系の家庭に生まれたサンドロ・カヴァッツァ。
現在、28歳。
子どものころから独学でギターを弾き、歌も大好きだったそう。
やがて自分で曲を書くようになり、プロのミュージシャンを目指し、
ロサンゼルスの音楽学校へ。
ロスでは友だちとバンドを組んだり、路上でバスキングをしたりしていたものの、
なかなか芽が出ず。数年間、ほぼオートミール(お粥)だけで、
食いつなぐ極貧生活を送っていたそう!

そんなサンドロがブレイクするきっかけになったのは、
自身が書いた曲のデモをアヴィーチーのスタッフに送ったこと!
当時アルバム『Stories』を制作していたアヴィーチーの元には、
一攫千金をねらう大勢のソングライターから、
なんと!2000曲ほどが送られていたそうですが、
その中から、サンドロの曲が2曲選ばれちゃいました!

「Sunset Jesus」と「Gonna Love Ya」という曲で、
ただし、これらの曲は、サンドロがボーカルも務めたものの、クレジットされず!
しかし、アヴィーチーの2017年のヒット曲「Without You」では、
"featuring Sandro Cavazza"としっかりクレジットされ、
彼の名前が一躍知られることに! ある意味、アヴィーチの置き土産!?
この曲は、先月リリースされた自身2枚目のEPから、、、

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:35 | カテゴリー:注目曲をチェック!
2020年12月30日
CRAZY / HOPE TALA

1230.jpg

本日ピックアップするのは、61位に初登場!
HOPE TALA、「CRAZY」

ホープ・タラ! ウエスト・ロンドンを拠点に活動するシンガーソングライター。
ジャマイカとイギリス、アイルランドの血を引く22歳。
R&Bとボサノヴァを融合させ、
「"RnBossa"」な~んて、言われてるそうです。

で、ホープ・タラが音楽を始めたきっかけが面白い!
イギリスの大学入学に必要な「Aレベル」という資格を取るために、
課題として作曲をすることになったそう。
子どものころにクラリネットをやっていたものの、作曲は初めて。
試験のためとはいえ、思いのほか楽しくてハマってしまい、
その後、イギリスの名門ブリストル大学に入学したホープは、
大学で英文学を学びながら曲作りを続け、
SoundCloudやインスタグラムにアップロード。

それが業界関係者の耳にとまり、2018年にデビュー!
このときまだ在学中でしたが、しっかり勉強と音楽活動を両立させ、
昨年、ブリストル大学を優秀な成績で卒業!
その後は、あの超名門ケンブリッジ大学から修士課程のオファーを
もらったものの、音楽に専念するため蹴ってしまいました。
まわりの人から「なんでケンブリッジに進まないんだ!?」と、
さんざん言われたそうですが、ホープは、こんな風に言っています。
「学ぶのは20年後でもできるけれど、
音楽のチャンスは2度と来ないかもしれない。
英文学も学ぶことも大好きだけど、私の一番の情熱は音楽にあるの」。

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:35 | カテゴリー:注目曲をチェック!
2020年12月29日
PARADISE / DAICHI YAMAMOTO feat. MABANUA

1229.jpg
今日ピックアップするのは、35位に初登場!
DAICHI YAMAMOTO feat. MABANUA 「PARADISE」

1993年、京都生まれ。
日本人の父とジャマイカ人の母を持つDAICHI YAMAMOTO。
2012年から、ロンドン芸術大学で、インタラクティブ・アートを学び、
2017年イギリスから帰国し、東京の音楽とスポーツを愛する集団
Jazzy Sportに所属しながら、音楽、アート創作と自在に活動中です。

ロンドン芸術大学・・・世界最高峰のアート&デザインスクール!
この「PARADISE」は、先月リリースした最新シングルですが、
プロデューサーにOvallのmabanuaを迎えています。
この曲について、DAICHI YAMAMOTOくん曰く、

"他人の目や、的外れの誹謗中傷を押しのけて、
自分らしく居られる場所のアンセム" ・・・だそう!
       
「自分らしくいる!」、、、大事ですね! 人の意見は気にしすぎない!!
                        

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:35 | カテゴリー:注目曲をチェック!
2020年12月28日
12/28 最新チャートTOP5をCHECK

今日のチェキホは、12/27に発表した最新チャート、TOP5を振り返りながら、
NO.1予想クイズの結果も発表します。では、最新トップ5をチェキホ!

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:35 | カテゴリー:
2020年12月24日
WE'RE THE LUCKY ONES / THE MARIAS

1224.jpg

本日ピックアップするのは、今週77位に初登場。
THE MARIAS(ザ・マリアス)、「WE'RE THE LUCKY ONES」
 
▽ロサンゼルスの5人組インディポップ・バンド、ザ・マリアス。
ボーカルのマリアは、プエルトリコ生まれのアトランタ育ち。

2016年にロサンゼルスへと移り住み、ソロシンガーとして活動をスタート。
ある日、出演したライブハウスで出会ったのが、
ドラマーでプロデューサーのジョシュ。 ジョシュは、マリアに一目惚れ!
「俺と曲作りをしないか?」 とナンパして、そのまま恋人になっちゃいました。
その後、ジョシュが友だちに声をかけて集まったのが、今のバンドメンバー。
つまり、"ラブラブ・カップルと、その友だち"というのが、ザ・マリアス!
この曲は、バンドにとって初のクリスマス・ソング。
曲について、マリアはこんなふうにコメントしています。

「今年はアメリカだけで何十万人もの人が命を落とし、
クリスマスを迎えることができません。
残された遺族のテーブルには、空席ができてしまうんです。
いま生きているのは、本当に幸運なこと。
今年のホリデーシーズンには、みんなでキャンドルに火を灯し、
失われたたくさんの命に思いをはせましょう。
そして、心臓の鼓動のような単純なものに感謝しましょう。
私たちは幸運な人なのですから」。

「We're The Lucky Ones」
ちょっと寂しい曲ですが、、、今年のクリスマスには合ってるのかも?

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:35 | カテゴリー:注目曲をチェック!
2020年12月23日
LEAVE ME ON THE FLOOR / LISS

1223.jpg

本日ピックアップするのは、100位に初登場!
LISS、「LEAVE ME ON THE FLOOR」
デンマークからやって来た男性4人組バンド、<リス>

4人のメンバーは高校生のころに出会って2015年にバンドを結成。
翌年リリースしたデビューEP『First』で高い評価を受けました。
しかし、当時、メンバーはまだ、みんな10代。
急に注目されすぎたことで、ボーカルのセーレンが体調を崩し、
しばらく活動を休止、、、、以降は、マイペースで活動しています。
現在は4人とも20代前半。
これまで、おもにライブで収入を得ていたのですが、
今年予定されていたツアーや、フェスはすべて中止!

バンドは、経済的に厳しくなり、都会のコペンハーゲンから田舎の農場にお引っ越し!
空き家をリノベーションしてスタジオを建て、今はそこで曲を作ったり、
ミュージシャン仲間を呼んでジャムったりしながら、
なんと、野菜を育て、自給自足の生活を目指しているそうです!

<農業>と<音楽>の兼業バンド!?
この新曲は、その農場兼スタジオで作られたそうです。

https://podssl.j-wave.co.jp/blog/tokiohot100/tokiopod201223.mp3

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:35 | カテゴリー:注目曲をチェック!
2020年12月22日
PAIN / KING PRINCESS

1222.jpg

今日ピックアップするのは、88位に初登場!
KING PRINCESS、「PAIN」
ニューヨーク・ブルックリン出身、現在21歳のシンガーソングライター。
キング・プリンセス。 同性愛者であることを公言し、
「男性・女性の枠にとらわれたくない」という理由で、
性別をごっちゃにした"キング・プリンセス"と名乗っています。
お父さんが、レコーディング・エンジニアで、
自宅スタジオにあった楽器、ギター、ベース、ピアノ、ドラムをマスター!
その才能に、ヒットプロデューサーのマーク・ロンソン惚れ込み、
バックアップしています。新曲「Pain」については、本人曰く、

「コロナの影響で、クラブに行けないので、
ダンスフロアで聴いたら思いっきり興奮できるような楽曲を作りたかった!

しかも、今まで書いた曲の中で一番お気に入りだそうで、、、
「ジョージ・マイケルと、エロティカ時代のマドンナを融合させたような曲!」
なんて、言ってます。

サウンドは、ダンサブルですが、リリックは・・・
<常に愛情を「痛み(pain)」に変えてしまう自分>について歌ってるそう。

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:35 | カテゴリー:注目曲をチェック!
2020年12月21日
12/21 最新チャートTOP5をCHECK

今日のチェキホは、12/20に発表した最新チャート、TOP5を振り返りながら、
NO.1予想クイズの結果も発表します。では、最新トップ5をチェキホ!

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:35 | カテゴリー:今週のチャート
2020年12月17日
CAROLINE / ARLO PARKS

1217.jpg
本日ピックアップするのは、今週100位に初登場。
ARLO PARKS、「CAROLINE」

UKから、ハタチのNEWアーティスト、アーロ・パークス!
ここ最近、「Hurt」や、「Green Eyes」など、J-WAVEでもよくかかって、
TOKIO HOT 100で、上位に食い込んでいますが、、、、いよいよ、来月、
1月29日に、デビュー・アルバム『Collapsed In Sunbeams』がリリースになります。
ロンドン育ちですが、ナイジェリア、チャド、フランスという、いろんなルーツを持つアーロ。
音楽をやる前は、ショート・ストーリーや、
スポークン・ワード、<詩(ポエム)>の世界に熱中していたそうで、
いまも、楽曲は、<歌詞>先行で作っているそうです。
世界中のいろんな詩人や小説家から影響を受けていて、
日本だと、村上春樹の名前を挙げています。
例えば、「ノルウェイの森」の表現方法について、、、

「その本での村上の書き方は、私が望む自分の曲の書き方なの。
ざらざらしていて、敏感で、人間的なの」
(the way Murakami writes in that book is how I aspire to write my songs;
gritty and sensitive and human.)

ちなみに、新曲「Caroline」については・・・
かつて健全な情熱に満ち溢れていたものが、
一瞬にして衰えていく様子を描いている・・・そうです。

なんか、詩人ですね! 

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:35 | カテゴリー:注目曲をチェック!
2020年12月16日
東京散歩 / 映秀。

1216.jpg
本日ピックアップするのは、78位に初登場!
映秀。「東京散歩」

NEWアーティスト、「映秀。」とは・・・
2002年3月17日生まれ、現在、大学1年生。
高校時代から作詞作曲を始め、
SNSやYouTubeにアップする歌唱動画が話題となり、
今度の金曜日、12月18日、1st EP「別解」をリリースします。
こちら、「東京散歩」は、今年3月に配信リリースされていましたが、
あらたにバージョンアップされています。

映秀くん、、、
高校生の頃は、合唱をやっていて、
一時期、<声楽の道>を志(こころざ)したこともあったそうですが、、、
並行して、ロックバンドもやっていて、
いろんな音楽に触れ、いまの音楽スタイルになったそう。
そんな、彼の目標は・・・「音楽で、人のきっかけになること!」 
ちなみに、この曲「東京散歩」のMVでは、
映秀が、ひとり、東京中を散歩しています。
渋谷や、東京駅、浅草、六本木ヒルズなどなど、
2日間かけて20を越える東京のシチュエーションを歩き回り、撮影したそう。
まさに、東京散歩!

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:35 | カテゴリー:注目曲をチェック!
2020年12月15日
ALL YOU'RE DREAMING OF / LIAM GALLAGHER

20201215.jpg

今日ピックアップするのは、77位に初登場!
LIAM GALLAGHER、「ALL YOU'RE DREAMING OF」

元オアシス、ギャラガー兄弟の弟、リアムの新曲は、
クリスマス時期に合わせた、バラードに仕上がっています。
曲の収益は、恵まれない子供たちを支援するチャリティ団体、
Action For Childrenへ寄付されるそうで、リアム曰く、、、
「ここまで過ごしてきたこの1年を考えると、この曲が、
必要な愛と希望を、もたらしてくれることを願うよ」
・・・と言っています。
なんか、いつもやんちゃな、リアムとは、雰囲気もが違いますが、、、
安心してください。 リアム、先日、イギリスのテレビ番組に出演し、
クリスマスに欲しいものを聞かれ、、、こんな風に答えてました。

「まあ、俺はすべて持っているからな。そうだろ。ありすぎるくらいなわけでさ。
特に欲しいものはないな。ただ、素晴らしい時間を過ごしたいだけだよ。
いい酒を飲んで、いい飯を食って、あとは笑える話だな。
欲しいものがあるとしたら、それだな。とっておきの笑える話だ。
最近、面白い笑える話が、不足していねーか?」

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:35 | カテゴリー:注目曲をチェック!
2020年12月14日
12/14 最新チャートTOP5をCHECK

今日のチェキホは、12/13に発表した最新チャート、TOP5を振り返りながら、
NO.1予想クイズの結果も発表します。では、最新トップ5をチェキホ!

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:35 | カテゴリー:
2020年12月10日
PARACHUTE/JOHN K

1210.png

本日ピックアップするのは、今週85位に初登場。
JOHN K、「PARACHUTE」

ついに、JOHN K、ジョン・カビラ、デビューか!? いえ、違うんです!
アメリカ・フロリダ州出身のシンガーソングライター。
本名は、ジョン・ポールソン、ただいま30歳。
子どものころからピアノを弾いていたほか、
中学時代はサックス、高校時代はパーカッションをやっていたそう。
歌うのも大好きで、ごく自然にシンガーソングライターを目指すようになったそう。
一時期ナッシュビルに移住し、そこでライブや曲作りをしながら経験を積んでいましたが、
そのころに出会ったのがマネージャーのロブ。
彼と2人で、プロジェクトとして立ち上げたのが<ジョンK>。
3年前から、自主制作で曲を配信し始め、ジワジワと人気が上昇。
昨年、メジャーレーベルと契約!
先月、『Love + Everything Else』と題したデビューアルバムをリリースしました。

30歳、ちょっと遅咲きのNEWアーティスト!
この曲、「Parachute」は、本人曰く、
「これまで作った曲のなかでも一番のお気に入り!」 と言ってます。
ちなみに、アルバムジャケットは、空の上にいるジョンが、
パラシュートではなく、雲の上に腰掛けて、下界を見下ろしてます。

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:35 | カテゴリー:注目曲をチェック!
2020年12月09日
灰々/DANNIE MAY

news_photo01-2.jpg

本日ピックアップするのは、100位に初登場!
DANNIE MAY、「灰々(はいばい)」 
同じボーカルグループで活動していたVo/G.のマサ、 Vo./key.の田中タリラ、
さらに、別のグループで映像クリエイターとして活動していたYuno
3人で、2019年結成されたDannie May。

"新感覚の極上コーラス系バンド"な~んていうキャッチもついてます。
資料には、3人それぞれが影響を受けたアーティストの名前が、
た~くさんあげられていますが、上から3つだけ言うと、、、
Vo/G.のマサは、、、、ORIGINAL LOVE / 竹原ピストル / 山下達郎
Vo./key.の田中タリラは、、、Michael Jackson / MIKA / Pentatonix
コーラス&監督のYunoは、、、go!go!vanillas / ORANGE RANGE / B'z
なかなか色とりどりですね!

ちなみに、Yunoは、コーラスに加え、MVの監督もつとめています!
なお、バンド名、「Dannie May」の由来は、
「ダニー」と「メイ」という架空の外国人の男女の名前を合わせたもので、
身分も性格も、男かも女かも分からない、「何物でもない何か」を表しているそうです。

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:35 | カテゴリー:注目曲をチェック!
2020年12月08日
UNDER THE MOON / SNOWK AND J.LAMOTTA すずめ

20201208.jpg

今日ピックアップするのは、65位に初登場!
SNOWK AND J.LAMOTTA すずめ、「UNDER THE MOON」

この、SNOWK(スノーク)とは、雪国生まれのDJ/Producer、
<Yutaka Takanami>と<Fuminori Kagajo>による2人組の音楽プロジェクト。
これまで、フランスやドイツなど、海外レーベルからもリリースしていましたが、
新曲は、J-WAVEでは、お馴染み!イスラエル出身、ベルリンを拠点に活動する
J.LAMOTTA すずめとのコラボ・ナンバーとなっています。

曲に関して、すずめちゃん、コメント出しています。
テルアビブ、東京、ベルリンをならがら、
数ヶ月前からスタートした楽曲「Under the Moon」。
昨年の夏、私は日本の人たちとのプロジェクトを中心に進めてきましたが
Snowkとのコラボレーションもその一つでした。 
最初にこのビートを聴いた時、自然とリズムを取っていました。
ハーモニーは洗練されていて、全体にシンプルでカラフルなサウンド、
トラックはJAZZYでありながら、同時に現代的なアティチュードを持っていました。
その上で、いくつかのアイデアを歌い始めたら、世界が広がりました。

という感じで、リモートで制作したそうですが、、、あと、すずめちゃん、こんなコメントも!
わたしのシングル「Can't Refuse」が、J-WAVEのチャートで5位になって以来、
日本のファンやプロデューサーから、
温かいフィードバックや問い合わせが増えてきました。
このような特別なつながりがあることに感謝しています。

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:35 | カテゴリー:注目曲をチェック!
2020年12月07日
12/7 最新チャートTOP5をCHECK

今日のチェキホは、12/6に発表した最新チャート、TOP5を振り返りながら、
NO.1予想クイズの結果も発表します。では、最新トップ5をチェキホ!

TOKIO HOT 100 STAFF | 12:05 | カテゴリー:今週のチャート
2020年12月03日
LIFE GOES ON / BTS

Life-Goes-On-450x450.jpg

本日ピックアップするのは、今週40位に初登場。
BTS 「LIFE GOES ON」
先日、全8曲、総再生時間28分という、コスパがとーてっも高い、
ニューアルバム『BE』をリリースしたBTS。
その新作のオープニングトラックで、コロナ時代の感情をこめた1曲です。

11/22、LAで開催された<アメリカン・ミュージック・アワード2020>では、
ソウルからリモートでライブを披露し、
今年のヒット「DYNAMITE」と、この曲「LIFE GOES ON」をパフォーマンスしました。
そして、注目の賞レースでは、
「Favorite Duo or Group Pop/Rock」(2年連続)
「Favorite Social Artist」(2018年以来、通算2度目)を獲得!
また、AWAに続き、 先日発表になった
  <第63回グラミー賞>のノミネーション。
ここでは「最優秀ポップデュオ/グループパフォーマンス」部門に
リストアップされ、BTSとして初めてのグラミーノミネートを果たしました。
昨年の受賞式では、リル・ナズ・Xのステージに参加しましたが、
今年は、晴れてノミネーショーン・アーティストに!
今年、世界をソープしたBTS。初のグラミー獲得なるか?!
発表は、来年1/31です。

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:35 | カテゴリー:注目曲をチェック!
2020年12月02日
HEYBB! / BINKI

Heybb-.jpg

本日ピックアップするのは、88位に初登場!
BINKI、「HEYBB!」
このBINKIとは・・・・アメリカ、ペンシルベニア州出身。

ケニアからの移民の家庭に生まれた23歳。 本名は、Baraka Ongeri。
binkiという名前は、
小さい頃につけられたあだ名で、兄弟や友達に、そう呼ばれていたそう。
そんなビンキ、幼い頃は、ファレル・ウィリアムスや、カニエ・ウェストのトラックに
自分でフリースタイルすることに夢中なり、大学では演劇にハマり、
NYで、俳優を目指そうとしていた時、、、
ある音楽プロデューサーに出会い、音楽の道を選ぶことになったそう。
音楽業界でセルフプロモーションしていく中、
昨年、リリースした「Heybb! 」が話題となり、
注目の新人として、メディアで名前があがるようになりました。
で、、、人気を広げるのに、大事なのが、タイアップ!

「Heybb! 」は、人気ブランドのCOACHのタイアップ曲に使われたり、
さらに、今年、iPad AirのCM楽曲に抜擢!
一気に世界中から、注目を浴びるようになりました。
これが世に言う、<apple売れ!>

TOKIO HOT 100 STAFF | 10:35 | カテゴリー:注目曲をチェック!
2020年12月01日
FEEL THE THUNDER / HAIM

HAIM.jpg
今日ピックアップするのは、100位に初登場!
HAIM、「FEEL THE THUNDER」
エスティ、ダニエル、アラナ、LAの三姉妹バンド、ハイム!
新曲「FEEL THE THUNDER」は、ロサンゼルスの先輩バンド、
あのガンズ・アンド・ローゼズにインスパイアされたという曲。
メンバー曰く・・・
「こういう音楽を作ろうとしたことはこれまでなかった。
だから、すべてがクレイジーな実験だったわ!」 と語っていますが、
こちら、実は、映画のサントラ用に提供した曲です。
ドリームワークス・アニメーション、『クルードさんちの はじめての冒険』の続編、
来年2月公開予定の『The Croods:A New Age』のために制作されました。
そんな、ハイムですが、、、来年開催のグラミー賞では、
"最優秀アルバム賞"と、"最優秀ロック・パフォーマンス賞"にノミネートされました。
で、ちょっと注目は、今回の"最優秀ロック・パフォーマンス賞"
ハイムの他は、<ブリタニー・ハワード>、<グレイス・ポッター>、
<フィービー・ブリジャーズ>、<フィオナ・アップル>、<ビッグ・シーフ>
この部門、史上初! 女性アーティストのみのノミネーションとなっています。


TOKIO HOT 100 STAFF | 10:35 | カテゴリー:注目曲をチェック!


バックナンバー
2021年2月 (10)
2021年1月 (13)
2020年12月 (19)
2020年11月 (15)
2020年10月 (17)
2020年9月 (16)
2020年8月 (16)
2020年7月 (17)
2020年6月 (18)
2020年5月 (13)
2020年4月 (17)
2020年3月 (18)
2020年2月 (14)
2020年1月 (16)
2019年12月 (17)
2019年11月 (15)
2019年10月 (17)
2019年9月 (15)
2019年8月 (16)
2019年7月 (18)
2019年6月 (16)
2019年5月 (17)
2019年4月 (17)
2019年3月 (15)
2019年2月 (14)
2019年1月 (17)
2018年12月 (16)
2018年11月 (17)
2018年10月 (17)
2018年9月 (13)
2018年8月 (18)
2018年7月 (17)
2018年6月 (16)
2018年5月 (18)
2018年4月 (15)
2018年3月 (16)
2018年2月 (15)
2018年1月 (17)
2017年12月 (16)
2017年11月 (17)
2017年10月 (16)
2017年9月 (15)
2017年8月 (19)
2017年7月 (15)
2017年6月 (17)
2017年5月 (16)
2017年4月 (16)
2017年3月 (17)
2017年2月 (16)
2017年1月 (16)
2016年12月 (17)
2016年11月 (16)
2016年10月 (16)
2016年9月 (15)
2016年8月 (18)
2016年7月 (15)
2016年6月 (18)
2016年5月 (15)
2016年4月 (16)
2016年3月 (18)
2016年2月 (16)
2016年1月 (15)
2015年12月 (18)
2015年11月 (15)
2015年10月 (16)
2015年9月 (15)
2015年8月 (17)
2015年7月 (17)
2015年6月 (18)
2015年5月 (13)
2015年4月 (17)
2015年3月 (18)
2015年2月 (14)
2015年1月 (15)
2014年12月 (18)
2014年11月 (14)
2014年10月 (17)
2014年9月 (16)
2014年8月 (16)
2014年7月 (18)
2014年6月 (17)
2014年5月 (15)
2014年4月 (17)
2014年3月 (17)
2014年2月 (15)
2014年1月 (16)
2013年12月 (16)
2013年11月 (15)
2013年10月 (17)
2013年9月 (14)
2013年8月 (16)
2013年7月 (19)
2013年6月 (16)
2013年5月 (17)
2013年4月 (17)
2013年3月 (15)
2013年2月 (15)
2013年1月 (17)
2012年12月 (16)
2012年11月 (17)
2012年10月 (18)
2012年9月 (15)
2012年8月 (18)
2012年7月 (17)
2012年6月 (16)
2012年5月 (17)
2012年4月 (16)
2012年3月 (16)
2012年2月 (17)
2012年1月 (16)
2011年12月 (17)
2011年11月 (16)
2011年10月 (16)
2011年9月 (16)
2011年8月 (19)
2011年7月 (15)
2011年6月 (18)
2011年5月 (15)
2011年4月 (16)
2011年3月 (18)
2011年2月 (16)
2011年1月 (16)
2010年12月 (17)
2010年11月 (16)
2010年10月 (15)
2010年9月 (16)
2010年8月 (18)
2010年7月 (16)
2010年6月 (18)
2010年5月 (14)
2010年4月 (16)
2010年3月 (18)
2010年2月 (15)
2010年1月 (15)
2009年12月 (18)
2009年11月 (15)
2009年10月 (16)
2009年9月 (15)
2009年8月 (17)
2009年7月 (17)
2009年6月 (18)
2009年5月 (13)
2009年4月 (17)
2009年3月 (18)
2009年2月 (15)
2009年1月 (15)
2008年12月 (18)
2008年11月 (14)
2008年10月 (16)
2008年9月 (16)
2008年8月 (16)
2008年7月 (18)
2008年6月 (17)
2008年5月 (15)
2008年4月 (17)
2008年3月 (16)
2008年2月 (15)
2008年1月 (17)
2007年12月 (16)
2007年11月 (17)
2007年10月 (18)
2007年9月 (14)
2007年8月 (18)
2007年7月 (17)
2007年6月 (16)
2007年5月 (18)
2007年4月 (16)
2007年3月 (16)
2007年2月 (15)
2007年1月 (17)
2006年12月 (16)
2006年11月 (17)
2006年10月 (17)
2006年9月 (15)
2006年8月 (19)
2006年7月 (16)
2006年6月 (17)
2006年5月 (17)
2006年4月 (16)
2006年3月 (17)
2006年2月 (16)
2006年1月 (16)
2005年12月 (17)
2005年11月 (16)
2005年10月 (16)
2005年9月 (16)
2005年8月 (20)
カテゴリー
TOKIO HOT 100 AWARD (27)
今週のチャート (673)
注目曲をチェック! (2131)
最新記事
SHADES IN THE RAIN / SANDRO CAVAZZA
CRAZY / HOPE TALA
PARADISE / DAICHI YAMAMOTO feat. MABANUA
12/28 最新チャートTOP5をCHECK
WE'RE THE LUCKY ONES / THE MARIAS
LEAVE ME ON THE FLOOR / LISS
PAIN / KING PRINCESS
12/21 最新チャートTOP5をCHECK
CAROLINE / ARLO PARKS
東京散歩 / 映秀。
・当サイトとブログにおけるコンテンツはJ-WAVEに帰属し、無断での複写、転載については一切禁止いたします。
・不適切な書き込みは、断りなく削除させていただくことがありますのでご了承下さい。
Copyright (c) J-WAVE, Inc. All rights reserved.