2014年07月05日

つらかった~~涙

   %E3%81%A8%E3%82%82%E3%81%8D%E5%85%A5%E9%99%A2.jpg

     風邪をこじらせ、息子が入院してしまいました。(今は退院)
    何日も笑わないし、回復して笑ってくれた時は
    本当に嬉しかった~~!
     元気なら、もうなんでもいいわ。

    病室の担架のようなところに私も寝泊りしていたのですが
     朝や夜中にママを呼ぶ声や、薬を嫌がってる泣き声が
    聞こえると、いてもたってもいられない気持ちでした。

     以前、入院した時、病室にホスピタルクラウンがきたのですが、
    まだ生まれて間もない頃だったので、最初私は、
    「わからないからいいです」と断りました。
    すると看護婦さんが、
    「これはお母さんの為にもなるのですよ」と。
    その時に撮った写真の私は、本当に笑顔で感動したのを
    思い出しました!

    病室の中の笑顔って貴重な宝物ですね。

     今も入院中の子供たちが笑顔になれますように!
      

| 17:07 | コメント(8) | カテゴリー:杉江奏子

コメント

杉江さん~大変でしたね(涙)
我が家も長女、長男とも入院生活を送っていた過去があります。長女はまだ3歳の頃、当時住んでいた新潟の病院で手術をして(1泊2日でしたが)手術室に泣きながら入っていく姿は今も忘れられません。長男は生まれて1週間のNICUと幼稚園年長の夏休みに骨折して35日間の入院生活で、骨がきれいに接合されてホッとしました。私は医療関係の仕事なので、他の方々よりは多少知識があって、でもやっぱり不安で、本当に子供の笑顔は宝ですね♪
回復してよかったですね~そうやって人間は強くなっていくんだ~って思うようにしていました。

投稿者 ぱーちん : 2014年7月 5日 20:33

今、杉江さんのニュースを拝聴しておりますが、
直前にこのような事があったとは。
お子さま、ご無事で何よりッス。

この後のラストニュースまで、もうひと頑張りp(^_^)q
And, keep your smile〜♪

投稿者 まさぼん2号 : 2014年7月 5日 23:31

杉江さん、こんにちは。
お子さんが入院されていたとのこと、大変でしたね。すでに退院されたとのことで何よりです。杉江さんもお疲れ様でした。
ちょっと前に読んだ本で、正岡子規が次のように随筆で述べていると書いてありました。家族に病人が出るのは国に戦争が起こるのと同じことだ、と。病気をすると大小問わず大変ですよね。ましてお子さんだと。
ホスピタルクラウンという言葉を初めて知ったのですが、ネットで調べたらパッチ・アダムスのお医者さんが始めたことなのですね!ロビン・ウィリアムスの映画まだ観たことがなかったので観てみたいと思いました。
近所の子供たちが公園で遊んでいるのを見かけるだけで自然と笑顔になるものです。子供の笑顔が一番ですね。そういえば明日は七夕でした。願い事は子供たちの笑顔にしました!
安定しない天気ですが、杉江さんもご自愛ください。
(長々としつれいしました。。。)

投稿者 のっち : 2014年7月 6日 16:04

自身吉本も静岡市某病院にてお産=赤ん坊時
大きな風邪をこじらせた 以前母からの説明
された やはり小学時吉本も時々風邪 インフルエンザ経験した事ある位でしたからねぇ 紹介場記事を見て「まず お子さんの気持ちわかります 親杉江さんの気持ちわからないでもないです」と、まずお先に しかしお子さん入院され退院されたという事で 退院できたという事なによりです 今後も体には気をつけ ご自愛して・ぇー・いけたら幸いです では吉本これにてではでは

投稿者 吉本確認マシーン : 2014年7月 7日 18:47

☆ぱーちんさん☆

 こういう経験って、親の方も鍛えられますね。
 本当に。。。

投稿者 杉江です : 2014年7月 9日 15:11

☆まさぽん2号さん☆
  はじめまして。
  コメントありがとうございます。
  何事もなく仕事に打ち込めることが
  どんなにありがたいことか、
  改めて感じました。

投稿者 杉江です : 2014年7月 9日 15:13

☆のっちさん☆
  正岡子規は、そんな事を記しているんです  ね。知りませんでした。
  家族に病人がいるって、本当に大変なこと
 です!

  ホスピタルクラウン。
 私も映画で見て、名前だけ知っていたのですが
 思いがけず、自身が体験することになり、生涯
 忘れられない思い出になりました。
  
  毎回は行かれないのですが、時間を見つけて
 大学病院の小児科病棟に、絵本の読み聞かせ
 のボランティアに行っています。
  
  病気の子供たちのために何か出来ることは
 ないかなといつも考えています。   

投稿者 杉江です : 2014年7月 9日 15:23

☆吉本確認マシーンさん☆
  コメントありがとうございました。
 子供が退院した後、どっと疲れがでました。
 

投稿者 杉江です : 2014年7月 9日 15:36

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー