2013年12月03日

政府専用機製作記(6)

%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%9C%E6%A9%9F%EF%BC%91%EF%BC%90.jpg

横浜・人形の家の「ろうがんず作品展」の納品まで
残すところ今日も入れてあと5日となりました。
今回もギリギリの作業となりそうです。

胴体上面の白を塗り終えて乾燥中の政府専用機です。

胴体の塗装は、下地に先ずLEDライトの光を遮蔽する
ための黒を2回塗り、次に下塗りのホワイトサフェーサーを
2回塗ってサンドペーパーで磨いています。

表面がツルツルとなったところで、仕上げ塗装の白を
2回塗りました。

サフェーサーの段階で細かい泡が表面に付着したので
これをいかにリカバリーするかが最大の難関でしたが、
幸い目立ったキズにはならず、まずは一安心です。

気泡は800番のサンドペーパーでつぶして、その後
2000番のサンドペーパーで表面を整えて、4000番で
艶出しをしています。

%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%9C%E6%A9%9F%EF%BC%91%EF%BC%91.jpg

塗料が乾燥する間に、エンジン部分や水平尾翼の塗装を
仕上げておきます。

%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%9C%E6%A9%9F%EF%BC%91%EF%BC%92.jpg

エンジン部分のクローズアップです。
旅客機のエンジンは、各航空会社のオーダーにより
プラット・アンド・ホイットニーやゼネラル・エレクトリック、
ロールス・ロイスの3つの大型エンジンから選択出来ますが、
政府専用機にはゼネラル・エレクトリックのCF6というエンジンが
4基搭載されています。

1基の推力は約19トンですから、4基で76トンの物を持ち上げる
力があります。
勿論、飛行機は前に進むための推力を得るためのエンジン
ですから、400トンを超えるジャンボ機でもこの推力で軽々と
持ち上げることが出来るわけです。

この後は、胴体下面のグレーの塗装と主翼の塗り分け、各翼の
先端部分の銀色塗装でカラーリングが終了し、デカールを貼って
エンジン、水平尾翼、車輪を組み込めば政府専用機の完成と
なります。

果たして間に合うでしょうか・・・・・・・

| 09:31 | カテゴリー:田中穂蓄


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー