2013年11月17日

政府専用機製作記(4)

%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%9C%E6%A9%9F%EF%BC%91.jpg

おやまあ、こんなになっちゃいました!

胴体内に組み込んだLEDライトを点灯したところ、
ライトが明るすぎて、不気味な発光物体になっちゃいました。

斑模様は胴体内側に塗った塗料の筆むらです。

%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%9C%E6%A9%9F%EF%BC%92.jpg

胴体内に組み込んだLEDライトです。

%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%9C%E6%A9%9F%EF%BC%93.jpg

先端の6角形の発光体がLEDライトです。
こんな小さな発光体がよくもあんなに光るものだと感心
させられます。

%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%9C%E6%A9%9F%EF%BC%94.jpg

胴体内にLEDを組み込んだ関係で、通常は胴体の左右を
先に接着して次に左右の主翼を胴体に接着させますが、
今回は、ご覧のように先に主翼を左右それぞれの胴体に
接着しておき、配線を胴体外にまとめて出した後、胴体を
接着させます。

これで厄介なのが、主翼の上反角、つまり上に反り上がった
角度を正確に出すことです。
実機の写真や角度を測るゲージを使って何とか固定させました。

%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%9C%E6%A9%9F%EF%BC%95.jpg

組み立てが終了した政府専用機です。

この後、接着部分を整形して、いよいよ下地塗装となりますが、
ライト点灯時の胴体のスケスケを防止するために、先ず、胴体に
黒の塗装をする必要がありそうです。

白が主体の機体だけに下塗りに黒を使用するのはなるべく
避けたいところですが、この状態だと部屋を暗くしてライトを点灯
すると、スケスケが残りそうなので、サフェーサーを少し厚めに
吹き付ける必要がありそうです。

「ろうがんず」の横浜・人形の家作品展は12月8日(日)から
15日(日)までです。
有名作家のゲスト出展もありますので、横浜にお越しの折には
是非、お立ち寄りいただければと思います。

| 10:31 | コメント(2) | カテゴリー:田中穂蓄

コメント

田中さん、お疲れさまです。
少々遅くなりました・・・
LEDがこれだけ明るいと、夜間飛行は安全、でしょうか!??
組み立て完了した政府専用機、流麗なフォルムと鋭角な尾翼に感嘆、ですが、中の配線はやはりご苦労の賜物、ですね・・・
3~4週間後の予定はまだ未定、ですが、今回も、毎回同様、最終完成形がどのようになるのか楽しみです!!

投稿者 ちなみん : 2013年11月17日 17:13

ちなみんさん、ありがとうございます。
何とかLEDライトは組み込みましたが、果たして完成後はどんな結果になるのでしょうか。私にも分かりません。
理想は、映画「エアホースワン」の夜間飛行シーンなのですが・・・・

投稿者 ホヅミ : 2013年11月18日 09:01

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー