2013年07月14日

山梨市プラモデル作品展示会

%E3%82%84%E3%81%BE%E3%81%AA%E3%81%97%EF%BC%91.jpg

今年で2回目となる「山梨市プラモデル作品
展示会」がきのう(13日)から山梨市の地域
交流支援センターで始まりました。

今年も「ろうがんず」の展示コーナーが設けられ
会員の有志が参加しました。

私の展示作品は、5月の静岡ホビーショーに
出品した日本航空のボーイング787と改良型の
リチウムイオンバッテリーです。

写真右側の透明なケースに入った青い物体が
そのバッテリーです。

787のスケールは200分の1ですが、バッテリーを
そのままこのスケールで製作すると2.5ミリほどに
なり、とても老眼世代には無理です。

そこで、バッテリーは一般的な大スケールの32分の
1で、プラ板からスクラッチビルドしています。
このスケールだと本体の長さは1.5センチほどに
なります。

%E3%82%84%E3%81%BE%E3%81%AA%E3%81%97%EF%BC%92.jpg

作品展示中のろうがんずの面々です。
今回は多くの人たちにプラモデルの楽しさを味わって
頂きたいということで、会員がこれまでの自信作を
持ち寄りました。

%E3%82%84%E3%81%BE%E3%81%AA%E3%81%97%EF%BC%93.jpg

会場で一番注目を集めたのが友山会員のこの作品、
作品のメインはコルセアのレーサー仕様と修理ドック
のジオラマですが、その片隅に置かれていたのがこの
廃車になったワーゲンです。

スケールは48分の1ですが、注目すべきはその錆び
の表現、まるで本物のようなリアルな質感で、多くの
入場者の注目を浴びていました。

中には熱心にその製作方法を製作者本人から聴き出す
方もいらっしゃいました。

これも今回のコンセプトの目的のひとつ、こうしてプラモ
に対する興味が沸いてきたら大成功です。

このプラモデル作品展示会はきょうまで開かれています。
お近くの方で興味のある方は、是非、ご来場いただき
たいと思います。

| 11:53 | コメント(4) | カテゴリー:田中穂蓄

コメント

田中さん、再び失礼します。
出だし数行、「池袋東武の展示と合わせて昨日から3日間山梨も???」と思いましたが、静岡ホビーショーにご用意なさった2アイテム、こちらでも登場、なのですね。
静岡ホビーショーの際、リチウムイオンバッテリの縮尺が合わず、「・・・いいのだろうか?」と感じていましたが、今日合点がいきました。
自分も、7ヶ月前、40歳8ヶ月で発症した右眼網膜剥離以来、度が合わなくなるのが加速しつつあった眼鏡を1ウン年ぶりに新調、日常生活ではかなり不具合は減りました。
・・・ですが、今回2枚目のお写真で田中さんをお探しするのに眼鏡を外し、判りました。(お写真右端のお方・・・ですよね?)
田中さん、友山さん作・ワーゲンの錆の表現、驚きました・・・
一番最初に目に飛び込んできた時、「なぜ晴れ舞台の作品に汚れ?・・・が??」と第一印象では感じたのですが、ここまでリアルに表現出来る・なさったとは・・・!?
友山さんの技術力と表現力に脱帽致しました!!

投稿者 ちなみん : 2013年7月14日 16:53

田中さんこんにちは 暑い中&連休の渋滞の中お疲れ様です。友山会員さんの廃車ワーゲン、塗装の剥がれはマスキング液での表現でしょうか? ドリームライナーは田中さんの作品ですね。普段プラモとは親しみのない方々に、様々なジャンルの作品に触れ合ってもらうことで一人でも多くの人にプラモの楽しみを知ってもらいたいですね。自分の様な 自称モデラーも、色々な作品を見る事で勉強になったりアイデアが浮かんだりします。チャンスがあれば他の会員さんの作品も是非拝見してみたいです。

投稿者 tetzz : 2013年7月15日 11:57

ちなみんさん、ありがとうございます。
展示会直前にエチオピア航空の787が駐機中に発火するなど渦中の787でしたが、無事、展示会が終了しました。
次はTTMGへ気分を切り替えます。

投稿者 ホヅミ : 2013年7月16日 13:06

tetzzさん、ありがとうございます。
ワーゲンの錆びの表現は、錆び表現専用のカラー剤を使用しているようです。
塗料が浮いているのは、カッターナイフでエッジを付けています。
その技法はお見事!というほかありません。

投稿者 ホヅミ : 2013年7月16日 13:12

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー