2011年05月29日

やはり、鶴丸のご利益でしょうか!

%C4%E1%B4%DD%A3%B3.jpg

去年、経営破綻した日本航空が元気を取り戻し
つつあるようです。

決算では大幅な黒字が発表されています。

先日、読売新聞に鶴丸の記事が掲載されました。
三代にわたる鶴丸とこのマークの誕生に携わった
一人である鷹司信兼さんのお話を交えてのエピソード
が綴られていました。

当時、日本航空の役員をされていた鷹司さんには、
40年ほど前に日本航空の本社でお会いしたことが
あります。

お名前からも察せられると思いますが、温厚な紳士で
漂う品格は当時の日本航空を象徴しているかのような
方でした。

記事で元気なお姿を拝見してとても嬉しい気持ちに
なりました。

先週木曜日に都内で航空ジャーナリスト協会の定期
総会が開かれました。

毎年、司会を担当させていただいておりますが、席上、
元日本航空OBの会員とお話をした際、記事が話題となり
この会員は鶴丸が廃止された時に、大きな憤りを感じた
と話されていました。

復活した鶴丸は、大きな被害を受けた仙台空港にも
舞い戻ってきました。

それはまさに、日本の翼としての自信と名誉を取り戻した
かのような復活の翼でした。

滑走路に舞い降りるB767をニュース映像で見たとき
不覚にも涙がこぼれました。
(と申しあけましたが、ここでお詫びと訂正です。仙台空港
の鶴丸初号機はB737-800であることを後に気付きました。
てっきり新鶴丸の1号機が使用されるのではないかとの
先入観からよく確認せず書いてしまいました。B737は仙台
就航前日まで鶴丸作業をしていたそうです)
(日本航空の社員でもなんでもないただの飛行機マニアが
こうなのですから、社員の皆さん方はもっと感動したこと
でしょう)

鶴丸は、被災地の皆さん方と全国とを結ぶ希望の絆でも
あります。

| 11:46 | コメント(2) | カテゴリー:田中穂蓄

コメント

田中さん、お疲れさまです。
鶴丸の復活、本当にうれしいニュースですね!!
拝見して、自分も胸が熱くなりました・・・
東北新幹線のみの往復で、仙台空港に降り立つ事が自分はなかったのですが、今回は、東北新幹線復旧より一足早く復旧、東北へのアクセスの大きな柱となりましたね。
田中さん、10年前のお誕生日は、大変な状況だったのですね・・・
この日、松戸駅から伊勢丹までの約5分で傘は壊れ、衣服はずぶ濡れ、店頭での仕事は実質出来ませんでした・・・
自分は、中学入学と同時よりほぼ半年間陸上部所属、同級生も同じ陸上部で田中さんと同じお誕生日、時代は糸川さんがお生まれになった直後、でした。

投稿者 ちなみん : 2011年5月29日 13:16

あれだけリストラや経費節減していれば・・・
黒字もあたりまえのように感じますが。

モスバーガーとコラボした機内食は意外でした。
これからも目先にとらわれずこういう
思い切った画期的な企画、やってほしいですね。
おもしろいです。

投稿者 わたなべなおこ : 2011年5月30日 21:45

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー