2011年03月06日

お疲れさま!

%A5%B8%A5%E3%A5%F3%A5%DC%A3%B1.jpg

日本航空のボーイング747-400が今月1日の
運航を最後に41年間に及んだ活動の歴史に
ピリオドを打ちました。

全日空の国際線も今月中には姿を消し、国内線も
2015年度までにその役割を終えることになって
います。

ジャンボ機の愛称で親しまれたB747は、
1969年2月9日に初飛行しました。

1970年、パンアメリカン航空がジャンボ機による
運航を開始し、羽田空港にもその巨大な姿を現しました。

当時、CM用の音声収録のため羽田空港のエプロンに駐機
していたジャンボ機を取材しましたが、真下から見上げるその
圧倒的な巨大さにしばし呆然としたことを覚えています。

空の旅に大量輸送時代をもたらしたジャンボ機誕生の
きっかけは、アメリカ空軍の大型軍用輸送機開発計画で
あったことは以前お話しましたが、その影響かどうか
ジャンボ機は世界で最も頑丈な旅客機と言われていました。

映画、エアポートシリーズの中にも度々このフレーズが
出てきます。

日航ジャンボ機引退に関するこれまでの報道を見ていると
時代の流れに取り残された厄介者として扱われるケースが
多く見られますが、むしろ高度成長時代を担った働き者と
捉えたほうが正しいと思います。

エンジンが4つあるから不経済とするのは誤りで、エンジンを
燃費の少ない最新型のタイプに換装すれば現在でも十分に
通用する旅客機です。

現に、ボーイング社では胴体や主翼、エンジンを一新した
最新鋭のジャンボ機、747-8型インターコンチネンタルを
開発し、このほどロールアウトさせました。

ボディーカラーはこれまでのブルーを基調にしたものから
目の覚めるようなオレンジカラーに変更し、ボーイングの
意気込みを感じさせるものとなっています。

かつて、長距離の洋上を飛行する旅客機は4発機が主流でした。
これは安全を考慮してエンジンが1基あるいは複数基停止しても
多発機なら最寄の空港に安全に着陸出来る可能性を考慮したもの
でした。
(運航に関する国際法のルールにも規定されていました)

しかし、エンジンの安全性と信頼性が高まり、大出力のエンジン
が出現している現在では、この規定はあまり意味をなさなくなり
今は撤廃されています。

エアバスのA340やA380は4つのエンジンを搭載していますが、
これからも超大型機では4発機が主流となると思います。

4発旅客機はけっして時代遅れではありません!

(それにしても、いつも模型の写真ばかりで申し訳ありません。
なかなか本物を撮りにいくチャンスがないもので・・・・・・)

| 10:40 | コメント(6) | カテゴリー:田中穂蓄

コメント

4年後以降の日本の航空はスカイマークのみ(A380)所有予定ですね。
同社は最初B767で今はB737かA320にサイズダウン、国際線進出でいきなりA380(4機)発注とは極端な話し。
JALのB747撤退の日にGLZでピストンさんが2階席(ジャンボ機)が好きだと言ってました。
今後は提携会社(ONE WORLD に加盟)のジャンボ機に乗ったら?と思ました。
以前、ANAで今は撤退済みのB747-100か200に乗りました。プレミアムシートが2階席にあったのを覚えています。(その時は隣の人が風邪で咳ひどく、自分はくつろげず)

投稿者 小人部隊一号 : 2011年3月 6日 12:25

田中さん、お疲れさまです。
B747の初飛行、今日と同じく日曜でしたか・・・
現代から見ると、ジャンボジェットは、燃費効率を始め、取り沙汰される部分は少なからずあるかもしれません。
ですが、ジャンボジェットが運用開始後41年、大活躍し続けたからこそ、近年の燃費がよい新機種が生まれたと考えます。
その観点からも、ジャンボジェットの功績は、日本航空史上非常に大きく、かけがえのないものではないでしょうか?
B747(-400)、本当にお疲れさまでした!!

投稿者 ちなみん : 2011年3月 6日 14:37

小人部隊一号さん、ありがとうございます。
JALのジャンボはなくなっても、1400機以上生産された747ですから、まだまだ当分は世界各国の航空会社で活躍してくれると思います。
747-8インターコンチにも期待しましょう。

投稿者 ホヅミ : 2011年3月 8日 09:46

ちなみんさん、ありがとうございます。
民間航空に於けるジャンボ機の役割は非常に大きなものがあると思います。
大量輸送時代をもたらしたことによって、それまで高嶺の花だった空の旅を身近なものにしてくれました。
広い居住空間は飛行機が苦手な人々にも違和感を与えないものとなりました。
テロの標的にもなりましたが、それだけ近代文明の象徴
であったのでしょう。
先端科学技術の象徴、それがジャンボジェット機だったのです!

投稿者 ホヅミ : 2011年3月 8日 09:56

日航ジャンボ機っていうと、あの痛ましい事故を
思い出さずにはいられません。

田中さんのハイテンションな(笑)ブログの後に
こんな暗いコメントで申し訳ありません。

わたしとしては、安全・安心であるはずの空の旅を
見事に裏切られたような気持で見ていました。

先端技術ももちろん大切ですが、もの作りの原点に
もどり、小さくてもいいから事故を引き起こさないよう
飛行機が今は必要なんじゃないかと思います。

投稿者 わたなべなおこ : 2011年3月 9日 21:32

わたなべさん、ありがとうございます。
仰るとおり、日航ジャンボ機の痛ましい事故は、空の安全を願う全ての人々にとって忘れてはならないものだと思います。
安全な航空機の研究開発は今も続けられています。
異変を航空機自体が事前に察知し、トラブルを避ける為の対策をコンピューターが行い、パイロットは最善の方法で操作を行ってトラブルを回避する。
そんな航空機も実用化されつつあるか一部実用化されています。

投稿者 ホヅミ : 2011年3月20日 12:07

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー