2011年01月07日

お隣さんちのステルス機

遅ればせながら、新年明けましておめでとう
ございます。
今年もニュースルームのブログを宜しくお願いします。

さて、新年早々航空界ではびっくりニュースが
飛び込んできました!

中国軍が次世代のステルス戦闘機
「セン20」を開発し、試作機の滑走テストを
行ったことをメディアが一斉に報じました。

報道によりますと、開発したのは中国軍系の
航空機メーカー「成都飛機工業」で、エンジンも
国産だとしています。

公表された写真はいずれも側面から捉えた
滑走中のもの、もしくは停止中のもので、
平面形は不明ですが、胴体の長さに比べて
垂直尾翼が極端に小さく、いかにも飛行特性が
悪そうな印象を受けます。

新世代の戦闘機はエンジンを2基採用している
タイプがほとんどで、胴体後部に水平に搭載
していることから、どうしても胴体が幅広になって
しまい、垂直尾翼を左右2枚に取り付けたデザイン
になっています。

これは、従来の胴体中心線上に1枚取り付ける
タイプですと、離着陸時の大きな迎角で垂直尾翼が
幅広の胴体の陰に隠れてしまい、舵の利きが
悪くなって安定性が損なわれるからです。

もっともイギリスやフランスが開発したトルネードや
ラファールといった双発のジェット戦闘機は垂直尾翼を
1枚にする代わりに恐ろしく背の高い巨大な面積の
垂直尾翼を採用しています。

中国軍のステルス戦闘機は、空軍力の近代化を
アピールする必要からか、機首周りのデザインは
F-22ラプターに酷似しており、胴体前方に小さな翼、
カナード翼を設置している点を除けば、おそらく平面形も
似ているのではないかと思われます。

ステルス戦闘機はレーダーに捉えられにくい見えない
戦闘機が売り物ですが、それにも増して高性能の
エンジンによるソニッククルージング性能も一流でなけ
ればなりません。

アフターバーナーなどを使用せずとも音速飛行が
通常の運航で出来なければラプターには勝てないのです。

果たしてそこまで高性能のエンジンを中国軍は開発
出来るのか、今後の「セン20」の行方を占う鍵となりそうです。

| 16:11 | コメント(4) | カテゴリー:田中穂蓄

コメント

田中さん、お疲れさまです。
田中さん、新年明けましておめでとうございます!!
今年も引き続きよろしくお願い致します。
今回、自分は、中国の戦闘機、のイメージを、元来持ち合わせていませんでした・・・
中国=ステルス戦闘機、もイメージで出来なくて困りました。

投稿者 ちなみん : 2011年1月 7日 22:22

高速鉄道といい(後にアメリカのとある会社と提携)、自動車といい、中国は人の国の技術を「自国の技術」とうつつを抜かしている愚かかつしたたかな国です。
JR東海はパクリを予想して進出しなかったのは明らかです。(台湾ではある意味独仏韓の妨害を受けましたが)JR東は輸出失敗と見ているかもしれません。
同国内イベントでガンダムのパクリ等身大模型造ったり、他の日本の人気・定番マンガ・アニメのパクリキャラなど。
日本、ナメ切られてます。それでも人口10億以上、経済発展が進む大国に投資・進出は利益ありき、目を瞑るしかないのでしょうか?
今回のステルス機も米軍機のデザインをパクっているように感じます。
初飛行はトラブルでありませんでしたが、今後飛んでも故障やトラブル・事故は予想できます。田中さんが述べていたエンジン何かやらかしそう。
それでも危険な共産大国になりそうな予感がするのは小人だけではないはず。

投稿者 小人部隊一号 : 2011年1月 8日 18:14

ちなみんさん、ありがとうございます。
急速に軍事力の増強と兵器の近代化を進めている中国の現状が垣間見えるニュースですが、その性能となるとどうなのか・・・・・・
15分ほどの初飛行が慎重さを物語っているように思えるのですが・・・・・

投稿者 ホヅミ : 2011年1月24日 07:32

小人部隊一号さん、ありがとうございます。
一部報道で、「セン20」は、30年も前に初飛行し
、すでに退役しているロッキードF-117ステルス戦闘機のコピーではとの観測もあります。
1999年にベオグラード近郊上空で撃墜されたF-117の残骸をロシアから提供してもらい徹底的に調査をしたとのことですが、機体の材質やレーダーに捉えられにくい表面処理などは真似が出来たとしても、一朝一夕には高性能なステルス技術を習得できるものではありません。
F-117はすでに過去の機体ですし・・・・・
いずれにしても、中国が最新のステルス戦闘機の存在を世界に示したいのであれば堂々と飛行テストの映像を公開すればいいのであって、今度の動向を注目したいと思います。

投稿者 ホヅミ : 2011年1月24日 08:03

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー