2010年12月28日

ブック・オブ・ザ・イヤー

%B2%E8%C1%FC0042.jpg

さて、今年も様々な本がベストセラーになりましたが、
皆さんはどのような本がベストだったでしょうか?

私のブック・オブ・ザ・イヤーは講談社文庫のこの小説
「永遠の0(ゼロ)」です。

「ゼロ」という言葉に過剰反応する航空マニアの
悲しい性で、思わず手にとってしまったのが
運の尽き・・・・・・・と思いきや、これが最高の
感動巨編でした。

ある零戦パイロットの物語ですが、当の本人は
作品の中には一切登場しません。

その実像は全て関係者の証言から語られます。

天才的な操縦技術を持つ零戦パイロットが、
「娘に会うまでは死ねない。妻との約束を守る
ために」と、自らの命を守り通したにもかかわらず、
結局は壮絶な最期を遂げる・・・・・・・・

その謎を突き止めるために戦友たちを訪ね歩く
パイロットの孫の姉と弟・・・・・・・・

あっ!と驚く驚愕のクライマックスに人目もはばからず
思わず涙してしまいます。

まさに、読んだ人だけがこの感動を味わえる最高の
エンターテイメントです。

戦記ものはノンフィクション以外はほとんど読んだことが
ありませんが、この本は特別でした。

この本の中には何種類かの第二次大戦中の戦闘機の
名前が出てきますが、ひとつおやっ?と思ったことが
あります。

それはチャンス・ヴォート社のコルセア戦闘機のことを
シコルスキーと表現していることです。

コルセアと言えば、2000馬力級のエンジンを搭載し、
零戦を圧倒した戦闘機で、4メートル近くある大直径の
プロペラを回す際に先端が地上に接触しないよう、
主翼の根元を逆ガル状と言って、カモメの翼を逆さま
にしたように折り曲げて胴体の位置を高くした独特の
スタイルをしています。

戦時中は、チャンス・ヴォート社のほかにグッドイヤー社や
ブリュースター社でも製造が行われましたが、
シコルスキー社で製造が行われたという話は聴きません。

ではなぜシコルスキーなのか・・・・・・・・
この本の著者は相当緻密に当時の戦闘機の情報を集めた
ものと思われます。

実は、チャンス・ヴォート社はシコルスキー社と提携していた
時期があり、当時、日本の一部ではコルセアのことを
シコルスキーと呼んでいたようです。

この部分には別の意味で感動しました!
いずれにしても、戦争は戦記武勇伝として決して賛美される
ものではないという現実を改めて思い知らされる最高傑作です!

作者はこれがデビュー作となる放送作家の百田尚樹さん。
映画化が待ち望まれるところです。
その際は、それぞれの戦闘機の型式の違いをしっかりと
表現して欲しいものです。
(重要なポイントなのですから・・・・・・)

| 12:25 | コメント(5) | カテゴリー:田中穂蓄

コメント

田中さん、お疲れさまです。
読書家が多いJ-WAVEニュースルームの皆さんに大変恐縮ですが、今年は、いわゆるノベルティー、1冊も読んでいません。
年間で購入した本全体も、片手未満です・・・
情報収集は、J-WAVEを主体としたラジオ、そしてインターネットです。
お話をお伺いして、偶然にも、昨日・今日連続して、涙腺が弱くなっている自分を再確認しました・・・
文字に込められた気・想いに反応しているのです。
今回の「永遠の0」、自分は「永遠」の方に反応しました!!
常に「永遠」を意識して生きているので・・・
自分が、田中さんのご紹介で強く惹かれたのは、零戦パイロットの想いと、それを実現する前に命を喪う無念さ、そして孫姉弟の姿です。
映画化実現の際は、田中さんが切望される通り、戦闘機とそれを取り巻く環境を精密・緻密に描き出し、物語の世界を再現してもらいたいと希望します。

投稿者 ちなみん : 2010年12月28日 13:16

遅めのコメント失礼します。 本屋さんの平積みコーナーで気になり自分も読みました。まさに一気読み。最後は鼻水垂れながら泣き読みでした。戦争行った人もそれぞれ思う事は真逆だったりして国営放送あたりでスペシャル作って欲しいです。バッシング上等!の心意気で。
んー、飛行シーン見たいからやっぱり映画化ですかね。二時間で収まらないですが。

投稿者 トビ : 2010年12月30日 12:08

ちなみんさん、ありがとうございます。
この本は、戦争を知らない若い世代に戦争の悲惨さを語り継ぐ格好のテキストだと思います。
壮大なスケールの戦争叙事詩であると同時に、反戦小説でもあり、男も納得の最高の純愛小説でもあります。
騙されたと思って一度読んでみてはいかがでしょうか。

投稿者 ホヅミ : 2011年1月 2日 07:57

ちなみんさん、ありがとうございます。
この本は、戦争を知らない若い世代に戦争の悲惨さを語り継ぐ格好のテキストだと思います。
壮大なスケールの戦争叙事詩であると同時に、反戦小説でもあり、男も納得の最高の純愛小説でもあります。
騙されたと思って一度読んでみてはいかがでしょうか。

投稿者 ホヅミ : 2011年1月 2日 07:58

トビさん、ありがとうございます。
文庫本を手に目がウルウルの中高年男性がいたら、「永遠のゼロ」を読んでいると思って間違いないかも・・・
ともかく、人目をはばからず涙を流すことに快感すら覚える不思議な本であります。

投稿者 ホヅミ : 2011年1月 2日 08:34

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー