2010年10月11日

潜れ!フェニックス

昔、「飛べ!フェニックス」という航空名作映画
がありました。

砂漠に墜落した輸送機の乗客乗員が、灼熱の
砂漠から脱出するために輸送機の残骸から
別の飛行機を作って脱出に成功するという物語
です。

乗客の中にドイツ人の飛行機技師がおり、
この技師の提案で輸送機の残骸をかき集め、
単発の飛行機「フェニックス号」を作ろうとしま
すが・・・・・・

実は、このドイツ人技師、飛行機は飛行機でも
模型飛行機の設計技師だったことが分かり、
仲間の反発をかいます。

特に輸送機の機長は、「模型飛行機の技師だった
とはあきれた男だ!」と罵ります。

しかし、ドイツ人技師はここで名言を披露します。
(私が勝手にそう思っているのですが・・・・・)

「君達は模型飛行機、模型飛行機とばかにするが、
よく考えてみてくれ。本物の飛行機はパイロットが
操縦してくれるので、多少の失敗作でも飛んでくれるが、
模型飛行機はそうはいかないのだ!
パイロットがいない分、正確に作らないと飛ばないのだよ!」

私はこのセリフを聴く度に涙が出るのです・・・・・・・(笑)

(この話、前にも書いたことがありましたよね・・・・・・・)

この話を聞いた仲間たちは一致団結して、飛行機を完成
させることに成功し、無事に砂漠から脱出出来たのでした。

チリの落盤事故の現場でも、作業員33人の救出のための
アイデアが話し合われ、そこには様々な人間模様が
展開されたことでしょう。

救出方法は直径70センチの穴を掘り、救出用のカプセル、
フェニックスを地下に送り込んで、作業員を一人一人地上に
生還させるというものです。

2ヶ月余りの地下生活は、想像を絶する厳しさだったでしょうが、
それもあと数日で家族の元へと戻れそうです。

その救出の瞬間を世界中が固唾を呑んで見つめることに
なりそうです。

フェニックス=不死鳥とはこうしたことのために存在する
言葉だとつくづく思います。

| 12:46 | コメント(3) | カテゴリー:田中穂蓄

コメント

田中さん、お疲れさまです。
ドイツ人技師の言葉、自分も同感です!!
模型飛行機も、本当の飛行機も、精密さ・確かな技術力が必要なのは同じではないでしょうか?
フェニックス=不死鳥、は何度も念頭に置いて闘ってきましたが、果たして結果は??・・・です。
今回・チリの落盤事故・作業員33名救出、ですが、想像を絶する闘い・ドラマがあるでしょうね・・・
33名全員無事救出、を心より望みますが、困難を切り抜けられる鍵は、「家族に会いたい、生きるんだ!!」の熱い思いでしょうね!!

投稿者 ちなみん : 2010年10月11日 19:07

偶然見つけましたが、カプセルを引き上げるクレーンは上海三一集団が設計生産したSCC4000型起重機”神州第一号クレーン”で安定性に優れ、引き上げる時の衝撃も少ないという代物だそうです。米製でも日本製でもない、メイドインチャイナが世界の注目を集めることになりましたね。

投稿者 吉田雅彦 : 2010年10月16日 03:50

ちなみんさん、ありがとうございます。
何はともあれ33人の無事生還おめでとうございます。
世界中が注目した(と思われる)救出作業は、予定の半分の時間で終了しました。
事故が起きたサンホセ鉱山は、人命救助の聖地としてフェニックスの名と共に長く語り継がれていくことでしょう。ひょっとしたら観光地となって世界中のレスキュウー関係者や観光客が訪れるかもしれません。
「フェニックス・ミュージアム」も作られるかも知れません。世界文化遺産になるかも・・・・・・・

投稿者 ホヅミ : 2010年10月17日 08:23

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー