2010年06月15日

人形作り

3417.jpg

「ろうがんず」の次回作品展はフィギュアによる
ジオラマ作りと決まりました。

まさか、人形作りをすることになろうとは思っても
みませんでしたが、何事も初挑戦!
さて、どうなることやら・・・・・・

「ろうがんず」会長の石坂浩二さんは、横浜の
「人形の家」の館長もされています。

そんなわけで、9月下旬から開催される特別展示に
「ろうがんず」のメンバーも参加させていただくことに
なりました。

企画会議では会員から様々なアイデアがだされましたが、
結局、「人形の家」の展示会なので、この際、個人の
好みは棚上げにして、何か人形に関わる作品をチームで
作ろうではないかということになり、それなら、メンバーの
フィギュアを作って、それぞれが得意の飛行機だとか、
船だとか、戦車だとか、自動車だとかを製作中、あるいは
完成させて楽しんでいる情景模型、いわゆるジオラマを
完成させようではないかということになりました。

「そうだ!それはいい、それはいい!」とはなったものの、
フィギュアは、戦闘機のキットに付属しているパイロットの
人形ぐらいしか作ったことがなく、12分の1のスケールの
人形となると本格的な製作技術が必要となってきます。

果たしてうまく出来るかどうか、いささか不安ではありますが、
ガイドブック片手に(「衣服のシワ上達ガイド2」なんて本が
あるんです)悪戦苦闘してみますか・・・・・・

それにしても、本屋さんにはフィギュアに関する様々な
ガイドブックが発売されているんですね!驚きです。

中には怪しげな美少女キャラクターの本もありますが、
戦闘機ばかりでは息がつまっちゃいますので、たまには
はまってみるのもいいかも知れません。

ところで、先日の「はやぶさ」の後日談ですが、アオシマの
キットを作ろうとしたところ、土曜日の「ろうがんず」の例会に
出席されていたテレビ朝日の松井アナウンサーが、模型店
に立ち寄られて最後の1個を購入していったため、手に入れる
ことは出来ませんでした。

松井アナウンサーは土曜日に徹夜で「はやぶさ」のキットを
完成させ、月曜の番組「スーパーモーニング」で披露された
ようです。

模型を使って最新のニュースをやさしく伝えることをモットーに
している松井アナ、さすがです!!!

「はやぶさ」のプラモデルは目下増産中とのことで、次回の
ロットを待つことにします。

| 10:33 | コメント(2) | カテゴリー:田中穂蓄

コメント

田中さん、お疲れさまです。

タイトルから、「杉江さん!?」と思いお伺いしましたが、田中さんの試作機・テスト中の案件もありましたね!!
「服の皺」・・・で申しますと、24年前・専門学校時代、同級生達は、イラストで、こぞって細部の描き込みをしていました・・・
松井アナ、徹夜で1晩で「はやぶさ」を完成、ですか!?
自分は、松井アナと同世代で3歳下ですが、徹夜自体が無理です・・・
昨日・一昨日もそうですが、いかなる状況でも23時以降(早ければ21時以降)には強烈な眠気が、不眠傾向で悩んでいる父と違い、生きる事に逞しく、いつも夜は眠気と格闘しながら頑張っていた母の体質を見事受け継いでいる事を誇りに思います。

投稿者 ちなみん : 2010年6月15日 11:37

ちなみんさん、ありがとうございます。
松井アナウンサーは知る人ぞ知るタミヤ模型のスペシャリストでタミヤのプラモデルに関する専門書まで出されています。
北朝鮮の万景峰号が新潟に寄港した際は、フルスクラッチビルトで万景峰号の模型を製作し、ワイドショーで披露されました。
しかも、接岸の際、岸壁に接する左側だけは綺麗に塗装されていますが、人の目にはあまり触れない右側は錆びだらけという他の取材陣には気付かない部分まで再現するという徹底ぶりです。
ものづくりに対する徹底的なこだわり・・・・勉強になります。

投稿者 ホヅミ : 2010年6月15日 20:27

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2021年 4月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

バックナンバー

カテゴリー