2010年01月21日

頑張った!!

 娘と冬休みに一冊の絵本を完成させました!

 内容から、色から、とにかくたくさん相談しながら、
 飽きさせないように、少しずつ少しずつ・・・
 完成した時は、本当!嬉しかったです!

  honn1.JPG

 タイトルは、
 「どうぞどうぞ おはいりください!!」

 パパとママがお出かけ中に、
 ビックリ仰天のお客さまが来る
 というストーリー♪

  
  honn3.JPG

   はじめにやってきたのは オバケ♪
 honn8.JPG   obake1.JPG

   つづいて大天使ガブリエル
      (幼稚園のクリスマス会で娘が演じた役です♪)
 honn5.jpg   gabu2.jpg

   最後は、なんとマイケル!!
   見えますか?
   (マイケルが亡くなって、初めて知り強く興味を持ちました) 
 honn6.JPG   maikeru.JPG
 
 honn9.JPG         
honn2.JPG


  3Dペンやモコモコペンを駆使、シールをはったり、飛び出させたり、
  ドアの戸っては、スカートのフォック!
  娘の今を大切に、娘が今感じていることをたくさん入れました。
  なんだか感動~~

  とてもよい幼稚園の思い出ですし、宝物、財産です。
  嫁に行くときに持たせよう!!
  もうすぐ卒園・・・早いものです。
  春から小学生ママなんて、信じられませんが、
  私も一緒に成長しています♪

   感謝♪感謝♪

| 10:55 | コメント(18) | カテゴリー:杉江奏子

コメント

凄すぎです。なんて素晴らしい作品なんでしょう 私も感動してしまいました。色々ブログ巡りして今日一番の感動ブログです。

投稿者 ピンクのハイヒール : 2010年1月21日 11:31

凄すぎです。なんて素晴らしい作品なんでしょうか。感動してしまいました。タイトルがメチャ可愛すぎです。寝る前にもう一回見よっと

投稿者 ピンクのハイヒール : 2010年1月21日 11:39

杉江様へ

お嬢さまの卒園・そして本の完成おめでとうございます。
ブログをお読みして、感動いたしました。

同じく子をもつ親として、杉江様ご夫妻がなさったこと深く尊敬いたします。

わたしもそこまで息子にしてあげられる手作り品
がこれから先あるかどうか・・・・・(笑)。

今は、そばにいてあげられることが精一杯なので、
ヘロヘロです(^-^)

これからもときどき、こういうお話してくださいね!


渡辺菜穂子

投稿者 わたなべなおこ : 2010年1月21日 13:25

嗚呼…
なんか、ホノボノしててイイですね

一生の宝物ができましたネo(^-^)o

娘さんに子供ができた時に、続編を作ってみたらど~ですか!?

投稿者 クラッチ商会 : 2010年1月21日 16:06

すごーい!!
最高のママさんですね。幸せそうでなによりです。

投稿者 ピー : 2010年1月21日 20:49

杉江さん、お疲れさまです~
遅くなりました・・・
コメントは遅くなりましたが、拝見して、3年ぶりの木曜・お昼ご担当は直感しました^^v

杉江さん、お嬢さんの成長が目に見えるようです^^
偶然、母が亡くなる3日前でしたが、3年前・4/16(
月)の記事で、緊張の面持ちでお嬢さんと幼稚園に通い始めたのを想いい出しました・・・

数字で感じる3年より、今回の記事を拝見して、改めて3年間を走馬灯のように実感しました!!

投稿者 ちなみん : 2010年1月21日 21:37

杉江さん はじめまして♪
絵本 本当にすばらしい!
私も小学5年生の娘と小学2年の息子がいますが、お嫁に行く時に持たせようって(想像するだけで泣けてきますが…)幼稚園の頃に描いた絵とか大事にとってありますよ♪

投稿者 パーチン : 2010年1月22日 19:01

杉江さん、こんにちは。
素敵な絵本ですね!
おととしの話しですが、スノーボードをやりに山形の蔵王に行った時の帰りのバスで読む本を、蔵王のお土産屋さん兼本屋さんで「星の王子さま」集英社文庫・池澤夏樹訳を買って読みました。文庫本のなかの素敵な文章と、素敵な挿絵に心がほのぼのしました。
娘さんにとって、一生宝物になる絵本ですね!
私の幼少の頃の宝物は、小学校2年生の時、新潟の小学校でもらったマラソン大会3位の賞状です。
今でも大事にしています。

投稿者 海老名市のまこと : 2010年1月23日 18:28

杉江さん
素敵です!
タイトル・色合い・ストーリー・・どれをとっても素晴らしくって、
このブログを何度も見にきてしまいました♪
一度閉じてもまた、すぐに開きたくなるような、魅力のある絵本ですね!
お嬢さんはもちろん、杉江さんにとっても特別な、宝物の一冊ですね。
あ~~なんだかうるうるしてきてしまいます(泣)
オバケと大天使ガブリエルとマイケル(笑)の組み合わせも最高★です。

投稿者 水玉 : 2010年1月25日 10:12

☆ピンクのハイヒール様☆

 はじめまして。
 感動してくださったなんて・・・
 本当にありがとうございす!!!
 「感動しました」のコメントに感動して
 泣きそうになりました。
 頑張ってよかったです。
 ありがとうございます。

投稿者 杉江です : 2010年1月25日 12:43

 渡辺菜穂子様

 はじめまして。
 心に残るコメントありがとうございます。
 感謝しています。
 実は、この本の前にも本を作っていて、
 
 最初は、赤ちゃんの頃に、
 「ままがちいさかったとき」というタイトルで
 私の子供の頃の様子を書きました。
 (2008年3月12日の記事参照)
 子供って、ママが小さかった時のことを聞くのが
 大好きですよね!
 その次は、娘の名前の本
 その次は、「わたしのたからもの」という本です。
 
 どれも、その時々の成長が感じられます。
 ママの気持ちの成長も♡
 改めてみると、本当に感慨深いものがあります。
 
 きちんとした本でなくても、画用紙でもいいし、
 是非、作ってみてください♡
 きっと、どんなものでも最高の宝物になりますよ。

 
 
 

 
 

投稿者 杉江です : 2010年1月25日 13:08

☆クラッチ商会様☆

  続編なんて、思いつきませんでした!
  ありがとうございます。
  娘に伝えます。

投稿者 杉江です : 2010年1月25日 13:09

 ☆ぴー様☆

  最高かどうかわかりませんが・・・
  のちのち、感謝してくれるかしら?

  製作中は、早く~~~!!キレイに!!
  などど、私の大声が何度響いたことか・・・
  

投稿者 杉江です : 2010年1月25日 13:13

 ☆ちなみん様☆
   そうです。
   さすが、よく覚えていてくださいましたね。
   幼稚園に入園したとき、仕事の両立、
   本当に不安でした。

   子供ができるまでは、
   人に頼まれることをやることはあっても
   自分から人にお願いするなんて
   めったにしなかったし、
   何でも自分で解決できる
   と思っていたのですが、
   子供が生まれて
   一人では、何もできないこと。
   (ましてや、仕事をしていると!)

   心から感謝して受け取るならば、
   たくさんの人に助けていただくことも
   悪いこと、申し訳ないことでは
   ないと思うようになりました。

   少しは親らしくなってきたかもしれないなぁ
   と感じています。
   
   

投稿者 杉江です : 2010年1月25日 13:31

☆パーチン様☆
 
 コメントありがとうございます。
 だんだん作品もたまってくると大変ですが・・・
 その時は、あまり感じなくても
 あとから見直すといい絵だなと思うことが
 ありますよね。 

投稿者 杉江です : 2010年1月25日 14:02

☆海老名市のまこと様☆

 「星の王子さま」
 私も持っています。
 目に見えないものを大切にする気持ち、
 大事にしたいですよね。
 

投稿者 杉江です : 2010年1月25日 14:07

 ☆水玉様☆
  
  素敵な絵本は、世の中にたくさんありますが、
  手作りならば、
  娘と私たち家族にしか分からない内容でも
  いいのではと思って、
  登場人物を考えました。
  
  ガブリエルとマイケルは、本当にありえない
  ですよね~~(笑)

  実は、背表紙にバーコードと値段も書いてあって
  娘が勝手にお金の価値も分からずに、
  「3200えん ぜいこみ 」と書きました!

  これを最初に見た人は、必ず「高い!!」
  といいますが、読み終わったあとに必ず、
  「これじゃ。安すぎるよ!」
  と言ってくださいます。

  1ページ1ページに、
  書ききれないストーリーがあります。

投稿者 杉江です : 2010年1月25日 14:17

杉江さん、こんにちは。
お返事ありがとうございます。
昨日から、再び「星の王子さま」を読んでいます。
今回は、新潮文庫・河野 万里子さんの訳で読んでいます。
杉江さんのおっしゃる通り、目に見えないものを大切にする気持ち・・・忘れずにいたいです!

投稿者 海老名市のまこと : 2010年1月28日 11:46

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2021年 4月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

バックナンバー

カテゴリー