2009年06月16日

パリ航空ショー開幕!

1909年からほぼ2年おきの奇数年に
開催されている「パリ国際航空ショー」=
パリ・エアーサロンが、今年もル・ブールジェで
15日から開幕しました。

今年は100周年の記念すべきイベントと
あって、特別な趣向が凝らされているようです。

パリ国際航空ショーは、イギリスの
ファーンボロ航空ショーとならぶ、
世界最大規模の航空ショーです。

第1回の開催が1909年ということは、
あのルイ・ブレリオが英仏海峡を
ブレリオ単葉機で初めて横断した年と
同じです。(人類が初めて飛行機で
海を渡ったということになります)

これを記念してショー会場には、
各国の最新鋭機とともに「ブレリオ単葉機」が
展示されました。

第1回のパリ航空ショーでは、この
ブレリオ単葉機が紹介され、100機以上の
注文が舞い込んだと言われています。

今年はブレリオ機のほかに、1909年から
1970年までの間に開発された歴史的な
航空機約30機が参加し、会場で展示飛行を
行うことになっていると言うことです。

世界的な不況のあおりを受けて、航空機需要が
急速に落ち込む中での開催とあって、
さすがに一時期のような最新鋭機がその性能を
競い合う派手なPR合戦は見られないようですが、
各国のメーカーやバイヤーが集まるシャレーの
中では、虚虚実実の駆け引きが繰り広げられて
いるようです。

そうした中で注目されているのは、小型旅客機の
分野です。

リージョナル・ジェットと呼ばれる地域間航空の
短距離路線を運航する旅客機の導入が航空会社の
間で進んでおり、日本の三菱航空機も「MRJ」の
売り込みに懸命です。

とかく消極的に見られがちな日本の売り込み合戦
ですが、こうした桧舞台での売り込みは、世界の
航空会社にアピールするまたとないチャンスです。

日本のメディアも国内政局の話題で、海外に
目を向ける余裕はないかもしれませんが、
どうか、この世紀の一大イベントを取材して、
日本のリージョナルジェットの優秀さを世界に
アピールして欲しいものです。
(実機がまだ完成していないのが弱いところですが)

日本の経済産業を立ち直らせ、元気を取り戻させる
為にも、いま、パリ航空ショーで奮闘する日本の
ビジネス戦士たちに是非、暖かい声援を送って
欲しいと思います。

| 10:25 | コメント(10) | カテゴリー:田中穂蓄

コメント

田中さんの書き込みは2回目になります。
すごいですね~。
そういうショーがあるのですね。
男性で好きな会社の方も多いです。

私土曜日の番組の山田五郎さんの番組の
田中さんの声の雰囲気が良いですよね。
前の金子奈緒さんとの土曜日の番組も毎週聴いてました。ニュースをわかりやすく解説してくださって。

投稿者 とっこ : 2009年6月16日 10:47

田中さん、お疲れさまです。
田中さん、昨日から、パリ国際航空ショーの開催なのですね!!
色々な場面で感じますが、このような大舞台では、日本人は、どうも気おくれして、普段の実力が発揮出来ず、おとなしい印象になりますよね・・・
特に今回は、願ってもないアピールチャンスですから、
ぜひとも活かしてもらいたいものです!!

投稿者 ちなみん : 2009年6月16日 12:35

今回のショーはF22の出展は見送りでしたね、以前に仏の関係者が各国の飛行機の探りを入れていた事を明かしました。やはりその前のそれを知っていた米政府は見送ったようです。やっぱり米仏仲悪いじゃん。
世界大国のアメリカ・強プライドのフランスでは相性悪いかな?仏は英とも今でも相性悪すぎだし。似た国同士?
陸路ですが、ユーロトンネルの意味なさそう・・・?

投稿者 小人部隊一号 : 2009年6月16日 21:01

ボンバルさんの機体トラブル続きの中、MRJには早いとこ初飛行して欲しいですね。短中距離をjetでスイッと。
話変わりますが、エールフランス機の捜索は、どないなっているんでしょか?米海軍の潜水艦救助艇は出ているのでしょうか……
ピトー管凍って速度解らなくなって雷で墜落ってのも、?。巡航高度に居たんですよね?ナゼ?

投稿者 トビ(酔っ払い) : 2009年6月16日 21:45

とっこさん、2回目の書き込みありがとうございます。
国際航空ショーは、日本でも4年に一度開催されていますが、現在の会場がパシフィコ横浜での開催とあって、
室内展示が中心で、あまり一般には馴染みが無く残念に思います。
かつて、航空自衛隊入間基地で行なわれていた「国際航空宇宙ショー」では、会場での機体解説を私がやらせて頂いておりました。
再び、屋外での展示飛行を含めた国際航空ショーが再開
される日を願っています。

投稿者 ホヅミ : 2009年6月17日 11:59

ちなみんさん、ありがとうございます。
このブログを書き込んだ16日の昼のニュースでフジテレビがこのパリ航空ショーのリポートをしていました。
最近、フジテレビは「レッドブル・エアレース」の中継録画を放送するなど、航空分野の映像の魅力にようやく
目覚めたようで、いま一番期待しているテレビ局です。
それにしても、日本のテレビメディアは、航空分野という魅力的は映像分野がありながら、一向に取り上げようとしないのは何なのでしょうか?
「パリ航空ショー」、「ファーンボロ航空ショー」、
「リノ・エアレース」、「エア・タトゥー」、
「オシコシ・フライイン」、「世界の曲技飛行チーム」
などなど、世界には素晴らしい航空映像が豊富にあると
いうのにです。
航空映像「ヒコーキの窓から」・・・・なんていう番組
どこかで作りませんか・・・・・
あっ、そうそう、テレビ東京も最近、「翼の時間」、
「機体の時間」などの番組を放映していました。
これからも番組枠の拡大よろしくお願いします。

投稿者 ホヅミ : 2009年6月17日 12:19

小人部隊一号さん、ありがとうございます。
F-22は追加調達を行なわず、187機で製造を終了する方向が検討されており、議会で可決されれば正式決定となります。
もともと、F-22は輸出を前提として開発されたものではなく、国際航空ショーへの参加はアメリカとしては
あまり意味のあるものではないと言えるでしょう。
ラプターのいないル・ブールジェの空にユーロファイターが華麗な舞を繰り広げています。
ヨーロッパの空は俺が守ると言わんばかりに・・・・

投稿者 ホヅミ : 2009年6月17日 13:11

トビ(酔っ払い)さん、ありがとうございます。
エールフランス機の事故については、現在もフランス、ブラジル両国の海軍や空軍によって捜索活動が行われていますが、これまでに50名ほどの遺体や遺留品が見つかっているものの、4000m級の海底に沈んでいると
見られるブラックボックスの回収は困難を極めています。
捜索活動は25日にも終了との情報もあります。
落雷説、速度計の異常説、胴体に異常な圧力が加わり穴が空いて空中爆発した説など、さまざまな見方がされるもののどれも事故原因とするには首を傾げたくなるものばかりです。
とにかくブラックボックスや機体の残骸の主要部分が回収されない状態では事故原因の確定は難しく、事故の真相解明は長引きそうです。
一つ気になるのは、垂直尾翼が海上に浮遊している映像です。
垂直尾翼が付け根から捥ぎ取られたようになっており、
垂直尾翼全体は原形を留めています。
この事は、垂直尾翼の横方向から急激な圧力が加わり、
瞬時にして垂直尾翼が吹き飛んだことを物語っているのではないか、そんな気がします。海上への墜落では垂直尾翼そのものにも損傷が加わるはずです。
となると、激しいタービュランスに巻き込まれ機体が空中分解した可能性も・・・・
かつて、イギリスのBOAC(英国海外航空)のボーイング707が、羽田を経ってまもなく富士山上空でこの
事故に遭った事があります。
いずれにしても、ブラックボックスの回収が急がれます。

投稿者 ホヅミ : 2009年6月17日 14:54

F-22の禁輸問題に新たな動きです。
アメリカ議会がF-22の禁輸解除に向けた検討を始めたことが分かりました。
2009会計年度補正予算案に、F-22輸出型開発の
調査費を含む修正案が下院で可決されたのです。
上院でも早ければ今週中に可決される見通しだということです。
これが直ちにF-22の禁輸解除に結びつくわけではありませんが、機密扱いの最新テクノロジーを通常型に変更した形での海外輸出が許可される可能性が出てきました。詳しくは次のブログで解説します。

投稿者 ホヅミ : 2009年6月18日 19:25

もし、輸出解禁でも米政府は最新機密技術情報は絶対保持!って事ですね。
→これではF22の最高クラスな能力は発揮出来ませんね、意味なさそう・・・。
同機が中途半端な諸元になるくらいなら、まだF35がましかもしれません。
それでも日本政府は喉より手が出るくらい欲しがるのか?

投稿者 小人部隊一号 : 2009年6月20日 04:06

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2022年 3月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バックナンバー

カテゴリー