2009年06月06日

若大将

P544%20%2811%29.jpg

若大将・加山雄三の「恋は紅いバラ」
1965年6月発売です。
65年といえば、「海の若大将」「エレキの若大将」と
若大将シリーズの代表作が封切られた年です。
この年に「君といつまでも」も発売になっています。

かっこよかったなー!
そして今でも若い!
「若大将、いつまでも若くいてくれー」

| 10:25 | コメント(4) | カテゴリー:西原暢孝

コメント

西原さん、おはようございます!!
西原さん、自分、まさに'65年生まれです・・・
そして加山さん、母と同い年で、父と誕生日が同じ、血液型は自分と同じです。
「若大将」「永遠の」・・・は、自分も非常に憧れます。
加山さん・自分(母も)も動物キャラ「黒ひょう」、矢沢永吉さんに代表される「若さ」「生涯現役」の似合うキャラクターです。(矢沢さんも、今年還暦・・・^^;)
ちなみに加山さん、「海老名市のまことさん」と同じタイプの黒ひょうです。

投稿者 ちなみん : 2009年6月 6日 10:51

若大将シリーズは、母と叔母に連れられ、
観に行ったのを思い出します。
帰りにパーラーでパフェやサンデーを食べながら、
今、観たばかりの映画やスターの話を夢中でしてた、
母や叔母や姉の姿を思い出します。

投稿者 おぢさま : 2009年6月 6日 23:01

ちなみんさん:ニシハラ世代には若大将はあこがれでした。それにしても加山さん、今でも若いですよね!

投稿者 ニシハラ : 2009年6月 8日 11:38

おぢさまさん:パーラーでパフェ…まさにアノ時代ですね…娯楽が今ほど多くない時代、スターって凄かったですね!

投稿者 ニシハラ : 2009年6月 8日 11:39

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー