2009年02月20日

飛行機に乗ったらお約束

マニラ発成田経由ロサンゼルス行きの
ノースウエスト航空ボーイング747-400が、
千葉県銚子沖の上空で乱気流に巻き込まれ、
現時点で47人が重軽傷を負う事故が起きました。

旅客機は銚子沖の上空で着陸待機のため
旋回中に乱気流に巻き込まれたもので、
機には乗客408人、乗員14人が乗って
いました。

この事故を受け運輸安全委員会は、
航空事故調査官3人を成田空港に派遣
しています。

事故当時、千葉県沖の上空は低気圧が
通過中で、大気の状態が不安定と
なっていました。

旅客機は着陸待機の状態で、当然、
シートベルト着用のランプが点いていたと
思われますが、けが人が多数出ている
ところをみると、シートベルトをしていない
乗客(客室乗務員は着席していなかったかも
知れません)がいたものと思われます。

ご承知のように空港に着陸する旅客機は、
混雑時には空港周辺の上空で螺旋を
描くように旋回しながら、早く空港周辺に
到着した機から順番に着陸態勢に入ります。

着陸態勢に入ってからは、シートベルトを
着用しない人はいないでしょうが、
着陸待機のため旋回中の機内ではどうだった
のでしょうか?

離着時のシートベルトの着用はもちろんですが、
ベルト着用のサインが消えても出来れば
ベルトを着用しているほうが、万が一の際の
リスクを減らすことは出来ます。

特に、今回のような天候が不安定な場合は、
早めのベルト着用が望まれます。

| 16:19 | コメント(2) | カテゴリー:田中穂蓄

コメント

今回の乱気流による負傷者多数は正直言っていただけませんね。
結局、責任は航空会社になるのでさらにいただけません。
シートベルトを着けないに対して、負傷されましても当社と致しましては責任は負いかねます。なアナウンスをしてもいいと思います。
クルー達も予期せぬトラブルの対応策を時間を掛けて学ばせるべきではないでしょうか。
不時着訓練重点では対応策は不十分と言えますね。

投稿者 小人部隊一号 : 2009年2月20日 19:55

田中さん、おはようございます!!
少々遅くなりました・・・
自分は、横断歩道の歩行は、慎重に慎重を重ねる性格、どんなに急いでいても、信号が青に変わらないと渡りません!!
特に大阪でこんな状況で信号待ちをしていると、軽蔑・冷ややかな視線を浴びそうです・・・
ですが、自分は、馬鹿にされようが、この精神を貫き通します!!
出会い頭の事故を防ぐ意味でも、自分の身は自分で守らないと!!と考えます。
シートベルトも、窮屈と云う事で敬遠されがちですよね・・・
ですが、やはり、自分の身は自分で守らないと!!の観点からも、早めのシートベルト着用が必要ですね!!

投稿者 ちなみん : 2009年2月21日 06:58

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2022年 3月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バックナンバー

カテゴリー