2009年02月17日

大人の社会科見学♪

 池袋防災館に行って地震の体験をしてきました~~

jisinn.JPG
  
 奥の親子が杉江母子。
 「くるくる~」と分っていても、こんな怖いのに、
 本当だったらと思うと・・・・
 机に下にもぐるものの、
 片手で子供を抱っこして机の脚につかまるのは大変!!
 でも、脚につかまっていなかったら、そのままどこかに飛ばされそう。
 停電になるし、ガス台の鍋も飛んでくるし、怖いです!
 地震が起きたらまず、火を消さなくては!と思っていたのですが、
 実際は、地震を感じると、自動でガスの供給がストップします。
 なので、慌てないでとのことでした。
 阪神・淡路のときは、「まずは火を」と思った方が、
 煮えた鍋の中身をかぶり火傷したというケースが多かったそうです。
 大人の社会科見学!本当に勉強になりましました。
 

  
  ikebukueo.JPG

 他にも、人工呼吸や、AEDの使い方、
 消火器の使い方を実際に教えてくれます。
 イザというとき、やったことがあるのとないのとでは
 大違いだと思いました★

| 12:12 | コメント(8) | カテゴリー:杉江奏子

コメント

こんにちは!
今朝は千葉の方震源の地震また東北の方震源の地震がありましたね! 神奈川でもかなり揺れました!怖かったです! 私はまだAEDや消火器の使い方を体験したことないので体験してみたいです!
大地震は体験したくないです!

投稿者 みいかめ : 2009年2月17日 13:08

静岡県民の私。他の地域の人たちよりも、小学校の頃から地震に対する避難訓練をしてきてはおりますが、たまにグラッと震度4位の揺れが来ると体が緊張して思うように動かなくなります。
「地震だ火を消せ慌てるな」
は確かに一昔前の標語ですね。現在のガスやストーブなどの機器は進化して一定の揺れが来ると止まりますからまず第一に自分が避難する事を考えられます。
出来れば窓やドアを開けるという避難口の確保が出来れば一番ですが、それも状況によりますよね。
子供が生まれるので、自分達ようの避難用具にプラスして赤ちゃんのオムツなども用意しなくてはなぁと考えてはおりますがなかなか・・・
でも、荷物が増えすぎてもてなくなっても困りますよね。もう一度必要最低限の物を見直さなくてはいけないかもしれませんね。
消火器とAEDの使い方は講習を受けた事がありますが、人工呼吸は未体験なので出来ないだろうな。これも身に付けておくに越したことはないのでしょうが・・・(子供に万が一の事態が起きたときにも役に立ちそうですものね)

投稿者 にゃんにゃんにゃんこ★ : 2009年2月17日 13:47

杉江さん、お疲れさまです~
杉江さん、自分は、今朝、地震で目覚めたのです…
目覚ましより6分早く起きられたと思いきや、テジマさんのニュースで、地震で意識が戻り、数秒後に完全覚醒したのです…
杉江さん、あさって自分は、月命日で大阪ですが、阪神淡路大震災の時は、食器棚が揺れたとの事です…
自分は常に目指していますが、やはり冷静になる事なのですね…

投稿者 ちなみん : 2009年2月17日 13:55

こんにちは。いつ来るか分からない地震、なにより日頃の備えが大切でしょうから、今回の疑似体験はいい経験になったのではないでしょうか。(本当はこの経験を活かす機会が来ないのが一番ですけれどね・・・)AEDや人工呼吸も大事ですよね。今はいろんな施設にAEDが設置されていますが、いざというとき使えないとしょうがないですものね。地元の消防署でも救命救急の講習を定期的に開催しているそうなので、僕も受けてみようと思っています。

投稿者 のっち : 2009年2月17日 14:11

私も小学生の時親が連れて行ってくれて、体験しました。机の脚につかまらないと怪我するので脚を離さないようにならった気がします・・・

投稿者 ピー : 2009年2月17日 23:08

☆みいかめさん
  地震の際の揺れは、もちろん
  停電は、こんなにも恐怖を感じさせるもの
  なんだと思いました。
  こちらは、無料で体験できますよ 是非☆

投稿者 杉江です : 2009年2月23日 12:19

 ☆にゃんにゃんにゃんこさん

   そうなんですよえね~
   大人のものはなんとかなっても、
   赤ちゃんのものは、心配ですよね。
   確かこちらでは、べビーのための親の講習も
   ありましたよ。
   

投稿者 杉江です : 2009年2月23日 12:21

☆ちなみんさん
  地震で目覚めるって、怖いですね。
  食器棚等も固定しないとだめですね。
  我が家も家具の固定を考えなくてはと
  話していました。

投稿者 杉江です : 2009年2月23日 12:24

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2022年 3月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

バックナンバー

カテゴリー