2008年08月03日

私のラジオデイズ40

前回、前々回とテープレコーダーにまつわるお話を
しましたが、話のついでにもう一つ当時のエピソードを
ご紹介しましょう。

今回は、放送事故をいかに防いでいたかです。

当時、一部の時間帯を除いて日中はほとんどが
生放送でしたが、夜はあらかじめ録音しておいた
番組を放送する、いわゆる完パケ(完全パッケージ)
番組が中心でした。

こうした番組は、番組制作者が最終チェックを行った
テープを搬入して、放送担当者が再度日時を確認し、
テープレコーダーにセットして放送を行っていました。

この際は、キューシートに記されているテープ番号と、
リールの番号が合っているかどうかをまず確認し、
次いで、テープの冒頭に録音されているクレジットと
左右の信号をチェックして、異常がなければそのまま
放送となります。

つまり、放送内容まではチェックの対象とはなりません。

放送が始まると、キューシートに記入されている
ナレーションや曲の進行状況を常に時計を見ながら
チェックすることになります。

通常は、キューシート通りの時間で番組は進行しますが、
時として、キューシートに記入されている時間よりも
実際の番組の進行状況が遅れてくる場合があります。

どうしてこのような事が起きるかというと、番組チェックの
際にに、ディレクターが通常の再生スピードで行うべき
ところを、早送りをして例えば1時間番組で4~5ヶ所
チェックしただけで済ましてしまうケースがあるからです。

勿論、こうしたやり方は厳禁されているのですが、
多くの番組を抱えていると時間節約でついつい、
やってしまいがちになります。

テープを早送りすると、時としてテープが滑ってしまい、
正確なテープカウントが出来なくなります。
これを正常な時間としてキューシートに記入すると、
いざ、実際に放送で再生した場合、誤差が生じることに
なるわけです。

そうなると、放送担当者はたまったものではありません。

ある時、1時間番組で30分ほど経過したところで、
キューシートに記入されている時間より、3分ほど遅れる
番組に遭遇しました。
このままいくと放送時間がオーバーして、番組の途中で
終了させなくてはならなくなります。

さて、こういう場合はどうするか・・・・・
こういう時の対処法も先輩から教わっていました。

また、長くなりそうです。続きは次回にしましょうか・・・・・

| 12:00 | コメント(1) | カテゴリー:田中穂蓄

コメント

田中さん、お疲れさまです。
なるほど、この様な事故も起こり得る訳ですね…
自分も、皆さんのニュースはチェックしても、すべての番組を留守録、聴くわけにいかないので、昼間は、生のニュースだけ拝聴、間は留守録を聴いています…
昨日のように、17時以降は55分がニュースですからやりやすいですが、場合によっては5~10分誤差があり、それに合わせてラジオチューニングしたら、もう終わっているか、早過ぎて待ちぼうけの時も多いです…
うまくいく時も多いですが、外す時も少々あります…

投稿者 ちなみん : 2008年8月 3日 15:35

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2021年 9月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

バックナンバー

カテゴリー