2008年07月25日

バルサキットを頂きました!

J-WAVEの社員の方から、古いバルサキットを
頂きました。

IMGP4910.JPG

テトラ製のメッサーシュミットMe109Eです。

25クラスのエンジンを搭載してラジコンで飛行させる
模型飛行機です。

パッケージにはMe109EとノースアメリカンP51
ムスタングの完成機体が印刷されていますが、
中身はこちらのMe109Eだけです。

IMGP4907.JPG

キットの中身はこんなになっています。

IMGP4909.JPG

バルサキットといっても、いったい何のことやら・・・・
とお思いの方のために、少し説明をさせて頂きますと、
バルサというのは、南米産の木材で紙のように軽く
工作がし易いことから、昔から模型飛行機の材料として
使われています。

今は、簡単に、しかも素早く組み立てることの出来る
FRP製の半完成や完成キットが主流ですが、
ひと昔前までは、このバルサキットから模型飛行機を
作っていたのです。

図面とバルサの部品を照合しながら、ひとつひとつ
組み立てていくのですが、バラバラの部品がだんだんと
飛行機の形になっていく楽しみは、完成機では
味わえない醍醐味です。

さて、完成はいつのことになるのか分かりませんが、
(いま、電動ラジコン飛行機を製作しているので)
いずれ、またご報告したいと思います。

| 18:00 | コメント(1) | カテゴリー:田中穂蓄

コメント

田中さん、少々遅くなりました…
なるほど、バルサキットの模型飛行機、軽くてよく飛びそうですね!!
バルサキット自体は見た事がありませんが、イメージ出来ます。
田中さん、完成機もぜひ拝見したいです!!

投稿者 ちなみん : 2008年7月26日 08:09

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー