2008年03月30日

祝!国産ジェット事業化決定!

IMGP3962.JPG

   毎度、同じ写真で申し訳ありませんが、
   ようやくこの写真が生きてきます。

三菱重工は28日、国産ジェット旅客機「MRJ」の
事業化を正式に決定しました。

失敗すれば多大なリスクを背負うことになる
旅客機開発を政府の支援があるとは言え、
日本の一民間企業が決定したことに敬意を
表したいと思います。

さらに、ボーイング787に続いて「MRJ」の
キックオフカスタマー(ローンチカスタマーとも)になった
全日空にもエールを送りたいと思います。

開発中、もしくは計画段階で旅客機を発注するというのは
大変な勇気がいることで、それを世界の航空会社に
先駆けて全日空が行なったことに、この「MRJ」に対する
並々ならぬ決意が感じられます。

一部専門家の間では、この「MRJ」の開発に対して
疑問視する意見もあります。
確かにボンバルディアやエンブラエルの牙城を
突き崩すのは並大抵ではありませんが、日本には
高い技術力と信頼性があります。

こうした評価は日本の多くの機械メーカーのこれまでの
実績からきているものであり、そうした基盤に支えられて
航空機産業は成り立つことを考えると、三菱重工の
英断は日本の産業基盤の歴史に新しい一ページを
加えることになるような気がします。

政治情勢が混沌とする最中での正式発表だっただけに、
メディアの扱いもほとんど目立たないものになって
しまいましたが、私が当日のデスクだったらトップニュースで
扱っていました。

旅客機開発の成功の鍵となるエンジンには、
プラット・アンド・ホイットニーのギアド・ターボファン・エンジンが
採用されることになりました。
こちらも開発中のエンジンですが、世界の顧客の反応は
上々とのことです。

低騒音と低燃費が売り物の国産ジェット旅客機「MRJ」は
2013年の就航を目指して、いよいよ本格始動することに
なります。

| 18:00 | コメント(5) | カテゴリー:田中穂蓄

コメント

たしかに、実際に飛ぶまでは何が起こるかわからないし、飛んでみてからじゃなければわからない事柄も出てくることでしょう。
しかし、牙城であるはずのボンバルディアの度重なる不具合が世界各地で露呈したこともありましたので、失われた信頼はなかなか元には戻りません。
ANAは本当に英断だと思います。そんなギャンブルしていいのか?という部分もありますが、一定数出て事業として安定して生産され続けなければ後継機体をまた探さなければならなくなりますので、それなりに買うことを表明するのは賢明な方策なのかもしれません。

特に燃料高騰(主因は投機ですが)では低燃費は必須条件ですし、日本品質に対する期待と興味から、世界の航空各社はリサーチしていることでしょう。

当地北海道千歳には政府専用機が居て、定期的に空荷で飛ばしている姿を見かけます。これ、すでに日本の空からはすっかり数を減らした747なんですよね。
そろそろ機体更新も考えなければならないと思いますがどうするんでしょうねぇ?決して燃費良くないし。

投稿者 PAKU : 2008年3月30日 11:13

具体化しましたね!ANAとJALが導入を決めました。目標は1000機、10年は赤字覚悟との事ですが、信頼ある日本製品を世界に飛ばし続けて欲しいです!飛躍日本!

投稿者 小人部隊一号 : 2008年3月30日 11:24

ターボファンエンジンの採用と聞いて、
ボンバルディアなどと正面対決を避け、
ちょっと上の少し高価な、距離の長い路線を
視野に入れているのかな?と思いました。
セールス文句はズバリ「お求めやすい737」
大島路線に採用されるようなら国内近距離線は
三菱一本でok?、大阪~四国便あたりで
採算が取れるレベルだったから、全日空も
ゴーサインを出せたのでしょうか??
ようやく日本もボーイングの下請けを
脱却して、ジャパンブランドで勝負出来ますね
あとはセールスの実力が問われる・のみ・
でしょうか?

投稿者 吉田雅彦 : 2008年3月30日 11:24

田中さん、お疲れさまです!!
今朝は、久しぶりに田中さんの肉声をLOHAS SUNDAYで聴けました!!
今も、田中さんのお声で読んでいました…
自分も、三菱重工の英断に拍手を送ります!!
とうとう日本の航空機産業も、海外の下請けを脱却、自国にて製造、国産の飛行機が大空駆け巡る…
考えただけでもワクワクしますね!!
ところが、おととい28日は金曜、という事は田中さんがいらっしゃった日なのに、トップニュースに出来なかったという事は、タッチ・タイミングの差だったのでしょうか…(何か自分も悔しいですね!!)

投稿者 ちなみん : 2008年3月30日 20:15

PAKUさん、小人部隊一号さん、吉田さん、
ちなみんさん、ありがとうございます。
「MRJ」に対する皆さんの関心が高いようで、
嬉しい限りです。(なんて、関係者みたいなことを
言っていますが)
ただただ、開発が順調に進むことを祈るばかりです。
弱点である整備・修理の海外サポートもスウェーデンの
サーブ社との業務提携が検討されているようです。
欧米市場での販売網の拡大にはこうした名門企業の
ブランド力は欠かせません。
かつて三菱重工は双発のジェットビジネス機を開発し、
「ダイヤモンド1」の名称を与えました。
「MRJ」のニックネームに果たしてこの名は復活
するのでしょうか。楽しみです。

投稿者 ホヅミ : 2008年3月31日 09:28

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー