2008年03月18日

私のラジオデイズ25

今回はFM放送の原点についてのお話しです。

IMGP4629.JPG

平塚市にある東海大学湘南校舎の
松前記念館で開催されている「情報と技術展」
~FM東海が問いかけたものは?~に行って来ました。

日本における民間FM放送の歴史は
1960年(昭和35年)に始まります。
この年、日本で初めてのFM実用化試験局として、
東海大学内に「FM東海」が産声を上げました。

まだ正式なFM放送局ではなく、実用化のための
試験局でしたが、やがて提供スポンサーも付き、
クラシック音楽とジャズ・ポップスを主体とした
通常の放送局となんら変らない放送を行ないました。

私が入局したのは1967年、その後エフエム東京として
新たに生まれ変わる3年前のことで、
一般公募で採用された社員の第1号でした。

私のラジオデイズ、これからしばらくは他局のエピソードが
中心となりますが、FM放送の黎明期の話しなので、
お許しいただきたいと思います。

では、展示会場での写真をご覧頂きましょう。

IMGP4622.JPG

当時、東海大学工学部で開発されたFM・AMラジオです。

IMGP4618.JPG

当時使われていた携帯用録音機、いわゆる「デンスケ」です。
デンスケとは、このタイプの録音機よりも古いタイプの
ゼンマイ式録音機に付けられた愛称で、漫画のデンスケが
この肩掛け録音機を持って街に出て、街頭録音をする風景が
よく新聞に掲載されたことからデンスケの愛称が付けられたと
言われています。

IMGP4624.JPG

このようなFM専門誌も発行されました。
ちなみに第8号には私の記事も掲載されています。

IMGP4630.JPG

当時の収録風景です。
立っている4人の右から2人目が入社当時の私です。

40年前にタイムスリップしたような気分になった展示会でした。
この「情報と技術展」は今月25日まで開催されています。

| 10:40 | コメント(6) | カテゴリー:田中穂蓄

コメント

田中さん、お疲れさまです。
今自分は、ラジオ・ニュースはすべてJ-WAVEからの自分は、やはり音質の良さに惹かれているのが大きな要因ですね!!
昭和56,57年、某国営放送の語学放送を全部制覇していた自分は、当時父の聞いていたFM大阪を始めとするFM放送の音質に強く憧れていました…
今、昨日のGLの留守録分を聴きながらですが、2年9ヶ月、これだけのクリアな音質でJ-WAVEを聴き続けられる事に、無上の喜びを感じます!!
しかし田中さん、お若い!!

投稿者 ちなみん : 2008年3月18日 14:31

田中様、はじめして。
J-WAVEを開局から愛聴していましてやはり衝撃だったのは
日本で初めて採用したOPTIMOD-FMの音質でした。
採用を決定した技術の偉いお方はかつてAMのプリエンファシスの採用も推進されたお方だそうで
実はFM岩手開局の折、不作法も顧みずアポ無しで見学を希望したとき丁寧に
各機材を説明して下さったそのお方でありました。
J-WAVEは大変技術革新に積極的に取り組む局で95年頃でしたか
横浜市西区の現・古河グラウンドで出力3WのFM放送同一周波数連続再送信方式の同期実験放送を行い
そのノウハウは大変役に立っているわけですね。
今、私は首都圏から遠く離れていますがそれでもUSENの通信衛星サービスで極めて高音質でJ-WAVEが楽しめるのですから技術のありがたさを感じております。

投稿者 ゆきむし : 2008年3月18日 20:49

待ってました!田中さんのFM東海に関する話を…!
ラジオの歴史の中で欠かせない「民間FMの歴史」を、長年現場で勤務された田中さんのお話し、今後も期待してます。
今、私は某地方で、J-WAVEから番組供給を受けているコミュニティFM局に勤務してます。FM界の大先輩、田中さんの足元にも及ばない自分ですが、今後のラジオの発展に少しでも貢献できれば…と日々精進しているつもりです。

投稿者 小耳 : 2008年3月19日 00:14

ちなみんさん、ゆきむしさん、小耳さん
ありがとうございます。
FM放送は今では私たちの生活の中にすっかり
溶け込んでいますが、40年程前はオーディオマニア
向けの特殊な音楽専門局と思われていました。
今の若い皆さん方には想像がつき難いでしょうが、
SM放送局(サドマゾ放送局?)とよく間違えられました。
そんなエピソードにも触れながら初期のFM放送の
姿をお伝えできればと思います。

投稿者 ホヅミ : 2008年3月21日 16:41

東京から遠く離れた岩手県で、モバHOにてJ-WAVEを拝聴しておりました。おりましたというのは、御存知のとおりモバイル放送が今月末をもって廃止となるからです・・・
本県では盛岡にJ-WAVEをネットするコミュニティFMは存在しますが、やはり全県をカバーしうるものではなく、今月末で大好きなTOKIO HOT 100も聞くことができなくなってしまいます。
とても残念です。

投稿者 かしおぺあん : 2009年3月 1日 17:42

昭和31年生まれの私は、大田区の蒲田近くで高校1年まで育ちました。
小学校4年生くらいにビートポップスというテレビ番組に夢中になり、ラジオでも洋楽がかかるのを楽しみにしていた女の子でした。
中学入学前から、「FMで洋楽を聞いていた」と話したら、「そんなはずは無い」FM放送はFM東京が始まってからで、それ以前のFM放送は実験的なものだけだ」と言われ、なんとか証明したいと、ここまで来ました。
FM東海時代の洋楽番組でどのようなものがあったか、年代別に教えていただけないでしょうか。

投稿者 後から来た鎌倉人 : 2010年3月23日 10:58

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー