2008年03月07日

もうすぐ春が・・・

と言っても季節の話しではありません。

IMGP3962.JPG

三菱重工が事業化を目指している
国産初のジェット旅客機「MRJ」に
強い助っ人が現れました。

三菱重工は「MRJ」を開発・生産するために
4月にも事業会社を設立することにしていますが、
この開発事業にトヨタ自動車をはじめ、三菱商事、
三井物産、住友商事の国内大手4社が、合わせて
300億円の出資を検討している事が分かりました。

トヨタ自動車はかつて、複合材を全面的に使用した
小型ビジネス機の試作機開発を手掛けたことがあり、
航空事業への参入は時間の問題と見られていました。

トヨタに限らず、国内自動車メーカーは、ホンダにしろ
富士重工にしろ、すでに航空機開発を手掛けており、
日産にしても、かつては宇宙開発を手掛けていた
プリンスを傘下にした経緯があり、どのメーカーにしても
いつでも航空機開発事業に着手できる素地は持っています。

となると、日本の航空宇宙産業立国化は夢では
なくなります。
技術開発力ではボーイングやエアバスに決して引けをとりません。
あとはアメリカの圧力をいかに跳ね返すか、販売網や
サービスマーケットをいかに整備するか、航空技術者を
いかに養成するか、などの課題をクリアすればいいのです。

三菱商事や三井物産、住友商事の参入で、世界的規模での
販売ネットワーク作りに弾みがつくことになります。
三菱重工は、今月中にもMRJの事業化を進めるかどうかの
最終判断をする見通しです。

安くて、経済的で、安全で、スタイリッシュな航空機を開発すれば
ベストセラーは間違いなしです。
もう春はすぐそこまでやってきています。

| 16:02 | コメント(3) | カテゴリー:田中穂蓄

コメント

田中さん、お疲れさまです。
「安くて、経済的で、安全で、スタイリッシュ・・・」
田中さん、これらは自分の持ち物に対するこだわりそのものです!!(携帯・時計・衣服・・・)
田中さん、日本の航空機事業でここまで進められたら、飛行機事故の撲滅に寄与、産業・経済の活性化も図れますね!!
自分も、このプロジェクトに期待、進捗が楽しみです!!

投稿者 ちなみん : 2008年3月 7日 19:46

トヨタが参入となると、ホンダは独自に開発を進めるのでしょうか?(小型プライベートジェットを開発中です)
一緒に手を組んで更なる現実感が増すでしょう。東レの技術なども入ったら100パーセント国産ですね。
特にB777やB787は日本で主要部品を製作してますからね。巻き返しを望みます。

投稿者 小人部隊一号 : 2008年3月 7日 22:46

ちなみんさん、小人部隊一号さんありがとうございます。
私がこうした話題を取り上げるのは、勿論、
航空ジャーナリストとしての立場もありますが、
若い方々に少しでも航空界の出来事に興味や関心を
持ってもらい、理解を深めていただきたいと願う
からです。
この国に漂っている、長期的な閉塞感や自信喪失感を
打破するためにも、国産初のジェット旅客機の成功は
外せないものだと思います。

投稿者 ホヅミ : 2008年3月 9日 07:51

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー