2007年12月23日

私のラジオデイズ21

新宿・歌舞伎町のDJアルバイト顛末記
きょうは其の4です。

当時、私がDJをしていた喫茶店では、
ガラードというメーカーのプレーヤーを
使用していました。
言わずと知れたイギリスの名門オーディオメーカーの
製品です。

このガラードのレコードプレーヤーには、
オートチェンジャーが搭載された製品があり、
連続して音楽を店内に流すことが必要な喫茶店には
ぴったりでした。

当時は有線放送などは存在せず、各喫茶店は、
それぞれ独自の音楽ジャンルで店の特徴を
競っていたのです。

ガラードのオートチェンジャーはそれは優れもので、
ターンテーブルの芯の部分に15センチほどの
金属製の棒を差し込み、棒の中ほどにある爪で
LPレコード4~5枚を支え、1枚目のレコードの
片面の演奏が終了すると、爪が瞬時に棒の中に
収納され、次の2枚目のレコードがターンテーブルに
落ちてきて演奏を始める仕掛けになっています。

DJタイムの時は、この棒を取り去り、普通のプレーヤーとして
使用するのですが、何しろ、プレーヤーはこの1台だけなので、
放送局のスタジオのように、2台のプレーヤーを使用して
放送するようなわけにはいきません。

マイクに向かって喋りながら、両手、もしくは片手でLPを
つかんで、プレーヤーにセットし、ピックアップを正確に
レコードの曲頭にセットしなければなりません。

まさに神業が要求されるわけですが、いつもうまくいくとは
限りません。
片手に持ったレコードを落としてしまい、「失礼しました。
しばらくお待ちください!」なんていうこともしばしばでした。

それでもクレームなどつくことはありません。
店内のお客様は静かに聴いてくださいます。
便利な携帯電話などもまだ存在せず、ゆったりとした
雰囲気の中で、静かに時が過ぎていきます。

ところがある時、とんでもない出来事が発生しました。
この続きは、次回のお楽しみに!

| 10:15 | コメント(4) | カテゴリー:田中穂蓄

コメント

田中さん、お疲れさまです。
今回は、まさに神業と言えるお話ですね…
このような極限状態で、温かく迎えてもらうと、本当にうれしいですよね…
自分は、昨日、急遽吉祥寺東急に行って来たのですが、初めての店舗、18時から閉店迄2時間自分は1人、19時から混みみ合い、正直これは…と、思いましたが、すべてのお客様が気持ちよく待ってくださり、カップルの男性の方は、悩んでいる彼女と、自分と両方に配慮くださり、この状況を乗り切ったら、閉店直前でしたが、正直ほっとすると同時にうれしかったです…
自分にとって、お客様をがっかりさせてお帰り頂く事が何より残念なので…
ちなみに、吉祥寺は、20年前11/22,自分が初めて上京した時に降り立った地、想い出の地でした(今日と同じく日曜でした…)
田中さん、次回の“とんでもない出来事”、楽しみにしています!!

投稿者 ちなみん : 2007年12月23日 12:27

まだ私が小さい頃にボーリング場などにあった「ジュークボックス」を思い出しました。
ドーナツ盤が機械のアームに挟まれて入れ替わるのをずぅーっと見てたのを覚えています。
ファントム田中さんのお声を聞いているつもりでこの記事を読んでいると自然と頬が緩んできます(^.^)

投稿者 KAWAノリ : 2007年12月23日 14:09

ちなみんさん、ありがとうございます。
「自分にとって、お客様をがっかりさせて
お帰り頂く事が何より残念なので・・・」
いい言葉ですネ!
そのサービス精神が、仕事をする上での基本だと
思います。
私も、この言葉忘れません!

投稿者 ホヅミ : 2007年12月25日 07:27

KAWAノリさん、ありがとうございます。
ジュークボックスは私も大好きでした。
ドーナツ盤はこのジュークボックスのために
開発されたもの、レコードプレーヤーに付いていた
アダプターを無くして困ったことがあります。
ターンテーブルの上に正確に乗せようとするのですが、
どうしても少しずれてしまい、ピックアップが
左右に振れるのを眺めながら、よくレコードを
聴いていましたっけ。

投稿者 ホヅミ : 2007年12月25日 07:36

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー