2007年12月03日

私のラジオデイズ18

新宿に買い物に出たついでに、久しぶりに
歌舞伎町を訪れました。

IMGP4404.JPG

あっ!あそこに懐かしの喫茶店が・・・・

IMGP4405.JPG

今はまったく別のお店でした。

なぜ、歌舞伎町なのか・・・・
実は今から40数年前、学生時代に、私はここ歌舞伎町で
DJのアルバイトをしていました。

当時、この界隈には、いわゆる「歌声喫茶」や、「ジャズ喫茶」、
「シャンソン喫茶」と呼ばれる音楽喫茶が沢山あり、
若者たちで賑わっていました。
そんな中に、音楽も楽しめ、超美人のウエイトレスの
コーヒーサービスも楽しめる「美人喫茶」なるものがありました。

赤絨毯にロココ風の豪華な内装が売り物で、
一般の喫茶店に比べてコーヒーの値段はかなり高かったものの、
ロングドレス姿の美人ウエイトレスのサービス
(いかがわしいものではありません)を受けられるとあって、
サラリーマンや自営業者などに人気でした。

こうした喫茶店の全てではありませんが、何軒かの喫茶店では
1階カウンターの脇にガラス張りのスタジオが設置されていて、
そこでDJが1日に数回、お客様からのリクエストを募集して
店内でリクエスト番組を流していました。

私は大学3年、4年と卒業するまでの2年間、歌舞伎町の
某喫茶店(西洋の古城の外観でした)で、DJをしていたのです。
仲間にはプロのDJもいましたが、アナウンサーを目指す
学生も多く、後にTBSのアナウンサーになったり、地方局の
アナウンサーになった方、タレントや音楽評論家になった方も
いらっしゃいます。

週に3回ほど昼間の授業を終えた後、夜のコーナーを担当する
生活で、ギャラは当時のサラリーマンの初任給を大幅に
上回っていました。

東京オリンピックのあと、ビートルズが来日し、新しい若者文化が
花開こうとしている60年代後半のよき時代でした。
そういえば、今年で報道・アナウンサー生活40年になります!

| 08:26 | コメント(6) | カテゴリー:田中穂蓄

コメント

節目の年、おめでとう御座います。
これからもラジオから佳き音楽を沢山聞かせてください。よろしくお願いします。

投稿者 KAWAノリ : 2007年12月 3日 14:43

田中さん、お疲れさまです。
自分にとって歌舞伎町は、可愛がってくれた先輩に連れて行ってもらった場所、思い出すのは、新宿コマですね・・・
3日前、全部は拝聴出来なかったのですが、東京RIMIX族で、田中さんのナレーションを拝聴、非常にお上手で感嘆したのですが、それもそのはず、久しぶりの杵柄、だった訳ですね!!
ギャラが、当時のサラリーマン初任給を大幅に上回るとは、こちらも驚きです!!
田中さん、アナウンサー歴40年おめでとうございます、そしてお疲れ様でした!!
自分は、40年前、かろうじて生まれていましたが、自分の人生にほぼ匹敵する訳で、そのご経験に、ひたすら感嘆、感服致します!!
今後も、田中さんのお声を拝聴出来るのを楽しみに致しております。

投稿者 ちなみん : 2007年12月 4日 05:38

KAWAノリさん、ありがとうございます。
今月から東京REMIX族で、懐かしのナンバーの
ナビゲーションを「ファントム田中」名でさせて
いただいていますので、よろしくお願いします。

投稿者 ホヅミ : 2007年12月 4日 07:35

ちなみんさん、ありがとうございます。
これまでもいくつかの番組で、目立たないように
ナレーションをさせていただいたのですが、
これほど本格的なのは久しぶりで、私自身も
楽しませていただいています。
歌舞伎町時代のエピソードは、今後もラジオデイズで
追々、紹介させていただきますので、お楽しみに!

投稿者 ホヅミ : 2007年12月 4日 10:52

田中さんの勤めてらした喫茶店、私も懐かしくて、30年ぶり今年3月
行きましたら、写真の様に、おうOOですよね、
開店した当時は豪華で、お店も広く、流行の音楽を聴くのも楽しかった。リクエストもしてました。
還暦過ぎてやっと、団塊世代の私も懐かしい学生時代
の昭和という時代が、悩んで、迷っても宝石のように、輝いて見えます。
歌舞伎町に風俗がない時代でしたよね、
らん山でしたか、いといごろうさんがデスクジョッキー
していた時代、ヤクザヤさんも素人には手を出さない
映画のような任侠の時代でしたね、
私の青春それから昼は会社と夜は麻雀人生で22歳~27歳まで
そして結婚、子育て、会社経営 然し会社は近年赤字なので解散ですね、日本のバブルの恩恵を受け
贅沢三昧しましたから、心残りないですよね、

高校時代のクラスメートに偶然、伊勢丹で(25年前、)たった
1度会ったのですが、別れ際歌舞伎町のネオンの海に消えて
行きました。どうやら転落の人生らしいのですが
驚きと同時に、哀しかったです。

最近どういうわけか、私の子供と同じ年代30歳前後の
若い人達の友人達(音楽アーチスト達)ができて、
素晴らしい生演奏の音楽を聴いてます。クラッシック
、フォーク、ロック系、ライブは、音の玉手箱、
楽器もアンプも、音源が良いので、還暦すぎたら
ライブハウスに行けと、お勧めしたいですね、
昔より、こちらは、真面目で健康的です。そして
料金も安い。2000円位です。
(私の場合いつもVIP席招待されてます。)
友人達が超イケメンと美女達というのも嬉しいですね、
還暦過ぎたら、高齢者で固まるより
ライブハウスで若い人のパワーをもらった方が
元気もらえますよ、

投稿者 いづみ : 2009年6月21日 05:09

いづみさん、古いブログに書き込みありがとうございます。王城(名前バラします)にいらした事があるんですね!感激です。
私がDJのアルバイトをしていたのは、1965年から67年にかけてですからもう42年ほどにもなります。
ひょっとしたら店内でお聴き頂いていたかも知れませんね。私にとっても王城はとても良い思い出の場所で、
周りの建物が一変してしまったにもかかわらず、今でも当時のたたずまいを残してくれていることに感謝しています。
歳を重ねても若い人たちの生き方に共感できる、仰るとおりこれが若さの秘訣かもしれません。
これからも若者たちからパワーをもらって、大いに青春
を謳歌して下さい。

投稿者 ホヅミ : 2009年6月22日 13:34

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー