2007年09月04日

ラジオデイズ16

日本に民間放送が誕生したのは昭和26年、
それまではNHKラジオしか聴けなかった
ラジオ放送が、たちまち賑やかになりました。

民間放送の誕生で、コマーシャルソングが
国民的人気になったことは、以前、この
ブログでもご紹介しましたが、きょうは、
そんなコマーシャルソングから生まれた
大ヒット商品の「ラジオ」についてお話しします。

ラジオは、戦前から戦後にかけての調度品の
ような木製のボックスから、プラスチック製の
ボックスに変り、やがてトランジスタを使用した
ポータプルラジオ、ポケットラジオと小型化への
道を歩んできました。

1960年代から1970年代にかけて、
ニッポン放送系列で放送されたのが、
「フレッシュイン東芝ヤング ヤング ヤング」、
放送作家の前田武彦さんがパーソナリティーを
担当した人気番組です。

当時、東芝は画期的な若者向けの小型ラジオの
販売戦略を展開していました。
7色のカラーバリエーションの「ヤングセブン」です。
番組内には、ジェリー藤尾が歌うCMソングが
流れ、このラジオはCMソングとともに空前のヒットを
記録しました。

番組宛に何度もプレゼントの応募はがきを出しましたが
結局、当たらずにあきらめたことを思い出します。
別のメーカーのポータプルラジオを愛用していたとは言え、
この「ヤングセブン」は、今日の最新機能を備えた
ケータイと同様に憧れの的でした。

前田武彦さん自身が作詞した「七色の太陽 七色の虹の光・・・」
というCMソングは、今でも忘れられません。
作曲は確か三保敬太郎さん、ジャズピアニストでもあり、
俳優でもあり、あの有名な「11PM」のテーマ曲を作曲された
方でもあります。

「ヤングセブン」、ラジオが大ヒット商品となった時代の
古き良き思い出です。

| 11:50 | コメント(3) | カテゴリー:田中穂蓄

コメント

田中さん、お疲れさまです。
自分は、今は熱烈なJ-WAVERですが、スタートはNHK語学放送でした(26年前年末より1年半程)
我が家は、父がオーディオ好きで、昔ながらの小型ラジオあり、コンポ・ステレオあり、ラジカセ等あらゆるものがありました(定年後も、父がずっと興味を持ち続けたのがオーディオです→自分が、父から受け継いだもので、一番強く意識するのが、こちらです)
J-WAVE歴はほぼ5年、年々お付き合いは深まる一方(かけがえのない存在になりました!!)ですね。
ちょうど一ヵ月前から使用しているデジタルオーディオは、聴いて録音出来て高音質と三拍子揃い、非常に重宝しています(もちろん、小型・薄型です→今までずっとこんな相棒を探していました!!)
唯一は、J-WAVEの受信状況ですが、自宅のコンポも、2年強前まではそれが悩みでしたが、今は同軸ケーブル使用、劣化、乱れのない高音質で楽しませて頂いております。
「11PM」と言えば、'65年より、自分が生まれて19日後より放送開始でした…
父はよく見てましたが、自分は、18才の時から見た事を覚えています(個人的には、藤本義一さん司会分が印象に残っています)
あのテーマ曲も、実はCDを購入しました(今は行方知れずですが…)

投稿者 ちなみん : 2007年9月 4日 13:36

自分の部屋と自分のラジカセ。
これが揃ったときに「すごく大人になった」気分でした。受験勉強の時は、随分励まされたものです。(ラジオと夜食はつきものでしょう?)
初めて聴いた番組は何だったろう・・・(J-WAVEは今でも受信できない地域でした)多分アイドルの番組だったと思います。
当時はFAXやメールなんてなく、ハガキを送っていたのを思い出します。
今の会社に入社して3年・・・これが私のJ-WAVE歴ですが、忙しくてメッセージを送れないときもしっかり聴いていますよ!ちなみんさん同様私にとってもかけがえのない存在になっております。
たまに上司のデスクの上のラジオが奏でる他局の放送とコラボしてますけど(笑)

投稿者 にゃんにゃんにゃんこ★ : 2007年9月 4日 15:13

ちなみんさん、にゃんにゃんにゃんこさん、
ありがとうございます。
皆さんそれぞれラジオに対する思い入れや
思い出があるようです。
我が家にも機械好きで手先の器用な祖父がおりまして、
幼い頃は手作りラジオが我が家の情報源でしたが、
ある時、祖父が最新ラジオ(と言っても木製の
ものですが)を肩に担いで持ってきました。
会社の購買部で購入してきたものですが、
今のようにダンボールの箱に入ったものではなく、
剥き出しのまま持ってきたのを、今でも強烈に
覚えています。
それほどラジオは憧れの商品だったのです。

投稿者 ホヅミ : 2007年9月 7日 14:42

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

バックナンバー

カテゴリー