2007年08月21日

航空機事故、テレビ報道雑感

那覇空港で起きた中華航空機火災炎上事故の
テレビ映像は、見る者に強烈なインパクトを
与えました。
幸いにも、乗客乗員は全員無事脱出し、
図らずも、旅客機の安全基準である90秒ルールが
実証された形となりました。
(もっとも今回は、客室乗務員の対応に問題が
あったようですが)

それにしても、今回もテレビ報道での航空機事故
に関するボンミスが目立ちました。

第1エンジンと第2エンジンの取り違えはまだしも、
事故を伝える資料映像が、同じ中華航空の
ジャンボジェットだったり、
ボーイング737-800の模型が別のタイプだったり、
はたまた、キャスターが「これが事故を起した
ボーイング737です」と、手に持った模型が
ボーイング767だったのには、さすがに仰天しました。

こうした間違いというか、いいかげんさは今に始まった
ことではありません。
その昔、セスナ神話というのがありました。
(私が勝手に言っていますが)

小型機が墜落すると、それがビーチクラフトであろうが
パイパーであろうがエアロコマンダーであろうが、
新聞の見出しには「セスナ機墜落!」となりました。
それ程、セスナ機は小型機の代名詞だった時代が
あったのです。

飛行機の機種名などは事故報道の本質とは関係ないと
言われてしまえばそれまでですが、
航空機メーカーの立場であったらたまったものでは
ありません。

同様に、右のエンジンであろうが、左のエンジンで
あろうが、事故の本質とは関係ない、大切なのは
エンジン付近から燃料が漏れて引火したことだ。
あるいは、スタジオで説明する模型が違っていても
たいしたことではないではないか、と送り手側が
考えているとしたら、(そうは思いたくありませんが)
とんでもないことです。

正しい航空知識を受け手に提供すること、これが
報道する側の責任であり、義務であると思います。
勿論、初期の段階では情報が錯綜して、分析が
十分に行なわれない状況が生じるかもしれませんが、
可能な限り正確な情報を伝えるよう努力すること、
これが報道に携わる者の最低限の責任だと思います。

キャスターに違った模型を持たせて、したり顔で
説明させることほど恐ろしいことはありません。

| 08:30 | コメント(4) | カテゴリー:田中穂蓄

コメント

田中さん、おはようございます!!
昨日の事故、11時・杉江さんのブレイキングニュースで伺って以来、J-WAVEのみで情報を得ました(昨日は、お三方のニュース、全部拝聴しました!!)
今回の事故に関して、田中さんがどうお考えなのだろうかも気になっていました…
確かに、テレビ報道では、現場や、事故・被害に逢った方々の状況は分かる訳ですが、何度も同じ映像の繰り返しだったり、コメンテーターの私見だったり、疑問に思う部分も多々あります…(自分は、真実、最新情報を知りたいのです!!)
去年入院時に痛感したもので、敢えてTVのニュースに頼らず、J-WAVEのニュースのみで情報を得ています(あとは新聞の見出し、時には週刊誌も目を通します)
自分も、田中さんが仰っている通り、ディテールを含めた正確性こそが、ニュースの要諦と考えます!!(細部を疎かにしたニュースならば、必要ありません。そのニュースを元に、思考、行動しますので。)
今回の事故では、犠牲者の方が出なかった事が、せめてもの幸いですね…

投稿者 ちなみん : 2007年8月21日 10:20

送り手側もプロなんですから見えないところ、細部にもこだわって仕事をしてほしいものです。

ところでF-15の改造に1000億円の予算を取りたいみたいですね。F-22がだめなので。

投稿者 カタナボーイ : 2007年8月21日 11:40

いつも楽しく読ませていただいています。いろいろな情報も大いに役立っていたりします。例えばだいぶ前の「ぎたいごぎおんご」の辞書、すぐに買っちゃったりしました。
なかなかユニークな辞書で、即孫にプレゼント。
でも、このブログ、たまに「誤植」とかがあるんですね。気持ち良く読んでいても、「アレッ」と思ってしまいます。ちょっと残念です。もちろん内容が分からないのは皆無ですが。「たかがブログ」で、ふつうのブログならまあまあいいのですが、一応メディアの仕事にたずさわっていらっしゃる方々の文章なので、やはり「細部」に目配りをお願いしたいと思います。アップする前に、も一度か二度読んでみてください。
最近の例。「40,9」→「40.9」、「特性」→「特製」、「確立」→「確率」。
いやみではありません、あしからず。内容や文章のニュアンスはそのままに、いままで通りにお願いします。
ね、「ほづみ」さん、よろしくお願いします。

投稿者 おせっかい : 2007年8月22日 20:58

ちなみんさん、ありがとうございます。
中華航空機事故で新たな事実が判明しました。
スラットのボルトが脱落し、このボルトが
タンクとスラットに挟まって、タンクに
穴をあけたとのこと、「こんなことが起こるんだ!」
というのが、率直な感想です。

カタナボーイさん、ありがとうございます。
F-15は開発から30年以上が経過していますが、
発展性の高い機種なので、改造によりさらに延命を
図ることになりそうです。

おせっかいさん、ご指摘ありがとうございます。
「最低銀?」何のこっちゃ!
「最低限」と訂正させていただきました。
内容が内容だけに、面目ございません。(反省)

投稿者 ホヅミ : 2007年8月24日 15:10

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

バックナンバー

カテゴリー