2007年07月17日

ヘリコプターはどこだ!

きのう午前に発生した新潟県中越沖地震の死者が
9人となってしまいました。
きょう未明、柏崎市内の倒壊した呉服店から
71歳の女性が救出されましたが死亡が確認されました。
きのうはデスクの時間帯に地震が発生し、船の横揺れの
ようないやな気分を味わいましたが、被災地の皆さんの
恐怖を思うと言葉がありません。

専門家によると、今回と同程度の規模の地震は、
周辺で過去80年間に7回発生していますが、
このうちの4回はここ14年間に起きているとの
ことです。

逆断層型といわれるこの地域特有の地震は、
ほとんどが直下型で、発生すると大きな被害は
免れません。

専門家の助言を待つまでもなく、日本は地震国で
あるというのは、誰もが知っています。
としたら、地震に対する備えは万全であるはずです。
しかし、現実はそうではありません。

「天災は忘れた頃にやってくる」・・・・、
これは世に知られる物理学者・中谷宇吉郎の名言です。
(寺田寅彦の言葉というのは、中谷の思い違い?)
「天災は忘れた頃にやってくるので、油断は禁物」という
戒めの言葉です。

農耕民族である日本人は古来、自然と営みを共にして
きました。
時には、自然に痛めつけられながらも自然の恵みを共に
分かち合ってきました。

そうした生活の中から自然を素直に受け入れる考え方が
培われてきたのだと思います。
自然から恵をもらう代わりに、自然の怒りはしかたがないと
あきらめる・・・。

でも、ちょっと待って下さい。
自然災害は防ぎようがありませんが、被害は最小限に
食い止めることが出来るのです。
それは「災害のシステム化」です。

例えば、これはある大学教授のアイデアですが、
災害発生に備えて、日本のどこかに普段は使用しない
「街」を作っておき、大災害が発生したら被災地域の
住民全てを移住させて、被災地が完全復旧するまで
移住地で生活していただく、という方法です。

もちろん、具体化させるには多くの問題がありますが、
こうした大胆な構想もシステム化の一つとして、
真剣に検討する価値のあるアイデアだと思います。

私がここで言いたかったのは、「ヘリコプターをもっと
活用せよ!」ということだったんですが、
長くなっちゃいましたので、次回とさせていただきます。

今回の災害でお亡くなりになった方々には、心から
ご冥福をお祈りすると共に、被災された方々には
心からお見舞いを申し上げます。

| 07:11 | コメント(4) | カテゴリー:田中穂蓄

コメント

昨日の地震はすごかったですね。ウチは4階にあるのですが、
それでも揺れがひどかったのに、高層階にいた田中さん達はものすごく
揺れたのではないでしょうか。。。お疲れ様でございます。

で、田中さんのお話の中でヘリコプターが出てきたのですが、
それに関して質問させてください。
大きな事件や事故が発生した際、行政や報道からたくさんの
ヘリコプターが現場上空を旋回しますよね?その際は航空管制って
やっているのでしょうか?素人目には多すぎたり、事件・事故等の
妨げになっているかなー?って思う場合がしばしばあります。

微妙なお話で恐縮ですが、田中さんのご意見を伺えれば幸いです。

投稿者 しろくま : 2007年7月17日 09:31

田中さん、お疲れさまです。
自分は、昨日・今日も仕事、地震のニュースは、西原さんの、こちらのブログの速報で知った訳ですが、実際の生の最新ニュースとしては、上野さんのラストニュースで伺いました…
朝の松岡さんのニュースでも、最新情報をお伝え頂いている訳ですが、被害の拡大に、心を痛めています…
特に、この女性の方は、母とほぼ同じ年、あさってで、母が亡くなり、早くも3か月を迎えますので、自分の事のように感じます…
母は2月に70才を迎えたばかり、心筋梗塞でトイレで朝倒れて即死だったのを、父が見つけて救急車を呼んだのですが、父自身も、12年前に患った脳梗塞の後遺症が時々出、本人にも予測出来ないタイミングで出るので、万全の対処が出来ないところがあるのです…(父が第一発見者で、実家には父母しかいなかったので、父は、警察の事情聴取を5時間以上されました…父も深い哀しみの真っ只中にいるのに)
20年前、妹を亡くした時は、救急車が来る迄の時間が本当にもどかしく、個人の為にそんな事は出来ないでしょうが、家族の気持ちとしては、田中さんがおっしゃる通り、ヘリコプターも、もし出動出来るなら、ぜひお願いしたいでしょうね…
妹の時も、両親の取り乱し方は激しく、最期を看取らせてもらったのは自分だけでしたが、母の時は、それすら叶いませんでした(母に対面したのは、霊安室でした)
あさっては、初めての月命日、当然、実家でお参りをしてもらいますが、これ以上、地震の被害が拡大しない事を、心より祈ります…

投稿者 ちなみん : 2007年7月17日 11:59

また、大きな災害が起きてしまいましたね。
天災は防ぐことはできませんが、確かに被害を最小限に減らすことは出来るはずです。
原発問題も日を追うごとに出てきます。資源の乏しい日本には確かに必要な施設ですが、かなり危機管理に問題がありますね。
もはや電力会社だけの責任ではないと思います。問題が明るみに出て政府は「遺憾だ」とか言っていますが、そもそも危険を伴う施設にはもっと「国」も厳しく介入すべきではないでしょうか?
あと、被災された方の避難所の状況にも驚きました。満員だから他に行って下さいって・・・・自分の足で避難所を探せと言うのは、特にお年寄りやご病気の方には厳しいと思います。
私は静岡県富士宮市の出身で、物心ついたときから「東海大地震」と「富士山爆発」はいつ起きても不思議ではないと言い聞かされ、学校でも地震がきたときの避難訓練もたくさんしました。それでも、実際震度3程度の地震があると一瞬体が動かなくなります。
今回被災されたへのお見舞いを申し上げ、復興に何らかの形で協力する事を誓うと共に、「明日は我が身」であるということを痛感しました。
自分の身の回りに同じ事が起きた際、自分だけでなく周りの人の助けも出来るように、出来るだけの備えはしておきたいです。

投稿者 にゃんにゃんにゃんこ★ : 2007年7月18日 09:54

しろくまさん、ありがとうございます。
取材ヘリのお問い合わせですが、以前は最初に現場に
到着したヘリの回転方向に従うということに
なっていたようですが、現在では、現場を中心に
右回りを行い、ホバリング(空中停止)は禁止されて
います。
運航には取材する側の見識が求められます。
ちなみんさん、ありがとうございます。
例えば、交通渋滞で救急車が現場に到着できない時、
ヘリの運用が出来ればと思うのですが、ヘリが道路に
自由に着陸するための法整備がなされていません。
様々な規制の壁の前にヘリは無力です。
にゃんにゃんにゃんこ★さん、ありがとうございます。
東海地震は唯一、予知対応型地震となっており、
法律で関係自治体に地震対策が求められています。
すでに数千億円の予算が使われていますが、これを
疑問視する意見もあります。
地震の予知にお金を使うのではなく、地震が起きてからの
人命をいかに救うのか、そちらのほうにお金をかける
べきだというわけですが、私もそう思います。

投稿者 ホヅミ : 2007年7月22日 12:45

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー