2007年05月21日

寸又峡余談

前回のblogで寸又峡の立て篭もり事件の話しを
したら、愛知でも同じような事件が起きました。
39年前も今も、犯罪者の行動パーターンは
変らないようです。
ところで、下の写真をご覧下さい。

IMGP3890.JPG

かなりピンぼけの写真で恐縮ですが、
写真中央やや右上のあたりをご覧頂くと、
何やら鳥のような物体が写っています。
これ、実は鶯なんです。

寸又峡の旅館の裏庭にある桜の木にとまって
実に見事な「ホーホケキョ」を聴かせてくれました。
そのあまりにも完璧で見事な発音に、声の主を
ひと目見たいと思い、デジカメ片手に探し出したのが
この鶯というわけです。

木の内側からの撮影で暗かったのと、慌てていたので
こちらは見事なピンぼけ写真となってしまいましたが、
野生の鶯をこんなに間近に目撃したのは初めてです。

寸又峡では散策する先々で、鶯の歓迎を受けましたが、
中には、「ホーホケケキョ」、「ホーホケケッキョキョ」
なんて鳴く鶯もいて、思わず発声練習をしてやりたく
なり、口笛で正しい鶯の鳴き声を教えてやりました。
今ごろは、一人前、いや一鳥前の鶯になっていることでしょう。
あるいは、縄張り意識が強い鳥なので敵とみなして、
自分の鳴き声にこだわり続けているかも知れません。

| 10:55 | コメント(2) | カテゴリー:田中穂蓄

コメント

田中さん、お疲れさまです。
自分が中学卒業まで生まれ育った家は、大きな柿の木があり、色々な生きものがやって来ました…
カブト虫も1,2回、クワガタも来た年もありますが、鳥は色々な鳥も飛来しました。
やはり、鳥といえば、みみずくでしょうか…?
今回の記事を拝見して一番面白かったのは、田中さんが、ウグイスに教育的指導を施したところですね。

投稿者 ちなみん : 2007年5月21日 11:33

今朝は洗濯物を干している時に
高い竹の先端あたりで「コンコンコン」と
繰り返し音が!小さめなきつつき…のようでした。
夜には「ホッホホウ」なんてふくろうも!!
なんとも田舎ですね(^^;
ウグイスもぴょこぴょこ落ち着かないので
撮るのは大変だったのでは?
♪ホ~ホケキョ

投稿者 手回し電話 : 2007年5月22日 13:13

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー