2007年04月15日

私のラジオデイズ11

前回のラジオデイズで竹脇昌作の「東京ダイヤル」
について触れましたが、この番組のテーマ曲の
タイトルを突然、思い出しました。

子供の頃、よく耳にした好きな曲のタイトルが分からず、
大人になって偶然、その曲が判明した時の嬉しさが
どれほどのものか、皆さんにも経験があると思います。
私の場合は、「グェナヴィーア」がそれでした。
この曲は、ミュージカル「キャメロット」の中の挿入歌で、
アーサー王の伝説に基づいた物語の中に出てくる
グェナヴィーア姫のテーマ曲です。

なぜこの曲にこだわったのかと言いますと、
高校生の頃、テレビで放映したアメリカのテレビドラマ
「ジェットパイロット」のテーマ曲だったからです。
このドラマは、アメリカ海軍の曲技飛行チーム
「ブルーエンジェルス」の活躍を描いた作品で、
毎週、画面にグラマンF-11F1Fスーパータイガーが登場し、
見事な曲技飛行を見せる画面に釘付けになりました。

話は横道に逸れますが、その昔、航空自衛隊の主力戦闘機を
選定する作業の過程で、一旦、このF-11F1Fが選ばれましたが、
その後、国会でこの問題が追及され、当時の源田実航空幕僚が
渡米して再度、調査を行なった結果、ロッキードF-104
スターファイターに逆転決定するという「グラマン・ロッキード事件」
の一方の主役がこのF-11F1Fだったのです。
私はこのF-11F1Fが大好きで、ブルーエンジェルスの
プラモデルも作って、今も家に飾ってあります。

話しを元に戻すと、「ジェットパイロット」の主題曲の
タイトルが当時は分からず、この業界に入って、
選曲をしていたら偶然この曲を発見し、タイトルが
判明したというわけです。

さて、「東京ダイヤル」のタイトル曲は何かというと、
これもブロードウェーミュージカルの作品である
「フォーティー・セカンド・ストリート」だったのです。
数年前、テレビのCMでこの曲が使われているのに
気付き、よく見ると「フォーティー・セカンド・ストリート」の
告知CMでした。

竹脇昌作の死から半世紀近くもたって、ようやく番組の
テーマ曲が私の中で判明したというのは、業界人らしからぬ
お粗末さですが、人に聞いてもほとんど分からなかった
だけに、分かった時の嬉しさは格別でした。

| 10:50 | コメント(3) | カテゴリー:田中穂蓄

コメント

田中さん、お疲れさまです。
田中さん、良かったですね。長年懸案だった曲が判明しまして(全然御粗末ではないと思います…ずっと頭にあり、探索を続けてきた結果だと思います)
自分が大好きで、皆さんとのおつきあいの原点ともなっているGLの、ミュージック・レスキューは、ピストンさんがずっと続けて来られた人気コーナーですが、こちらを彷彿とさせます。
田中さん、妹の件、ありがとうございます。
今回は、竹脇さんのお話でフラッシュバックしたのではなく、死後20年を目前にしている現在も、自分の中で現存している思い、なのです(もちろん、普段落ち着いている記憶が、書き込み中に鮮明になる、はありますが)
多田さんを始めとして、ニュースルームの皆さんにも何人かにお話させて頂きましたが、それまでは、『自分の心境を吐露する』のが潔しとしない自分もいて…
その時は、大きなショックを受け、完全に立ち直るまで数年を要しましたが、今、妹は自分の胸の中に生きている、と確信しています。(仲の良かった兄妹だけに、そう思えるようになるまでは何年もかかりました)
父も4日前72才に、母も10週間前70才となり、親の世代ともいえる田中さんに、きちんと受けとめて頂いて、その事に感激しています。
自分も10日前・西原さんの記事で、偶然田中さんと同じ事を申しておりまして、『このブログは、皆さんと自分達がコミュニケーションを取る中で、皆さん、我々ともに不愉快になる事の無い書き込みを目指します』と…
やはり、このブログは、公私両方の面を持つので、まず自分は、皆さんを不快にするような事の無き様、心がけます(隗より始めよ、有言実行をモットーに)
最近は、新たに10代の方も増えているので、良きお手本に少しでもなれたら、と考えています。

投稿者 ちなみん : 2007年4月15日 14:38

「ジェットパイロット」を見ていたことも忘れていました。ついでに自衛隊のパイロットが主役の映画を見たことも思い出します。今日も我大空に在り?だったか。私にもタイトル不明な曲があります。中学校の校内放送でかかっていた曲で、時々探しているのですが。

投稿者 すーちゃん : 2007年4月16日 11:37

すーちゃん、ありがとうございます。
「今日も我大空にあり」ですか、懐かしいですネ!
戦後、日本の航空映画の最高傑作のひとつだと思います。
航空自衛隊の主力戦闘機がF-86FからF-104に
機種変換した当時のドラマで、F-104、通称
「マルヨン」の実機の飛行シーンがふんだんに取り入れ
られていました。
三橋達也扮する鬼教官にしごかれ、一人前のジェット・
パイロットに育っていく夏木陽介、佐藤充らが扮する
若きパイロットたち、この映画を観て航空自衛官になった
という人も大勢いると聞きます。
残念ながら、この作品のビデオは手に入れていませんが、
航空映画コレクターとしては、是非、DVDで発売して
欲しい作品です。

投稿者 ホヅミ : 2007年4月17日 09:36

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー