2007年04月10日

私のラジオデイズ10

かつてラジオの世界に竹脇昌作という
伝説のアナウンサーがいました。
ラジオ東京(現TBS)のアナウンサーとしての
絶頂期、彼は突然この世から姿を消します。

竹脇昌作がパーソナリティーを務める
「東京ダイヤル」がラジオ東京でスタートしたのは
私が中学1年の頃でした。
「東京ダイヤル」というと、若い方は「若山弦蔵の
東京ダイヤル954」を思い浮かべるかも知れませんが、
それよりずっと以前にこのタイトルの番組はあったのです。


「東芝提供、東京ダイヤル!」で始まるこの番組は、
ラジオ番組史上初の音楽とニュースが一緒になった
ニュース情報番組でした。
それまでラジオ番組は、歌謡曲やポピュラー、ジャズ、
ラテンなどの音楽ジャンルごとに番組が分かれており、
ニュースはニュース枠で放送するのが常識でした。

ところがこの「東京ダイヤル」は、その常識を覆し、
音楽とニュースを織り込んだ斬新なスタイルで人気を
集めました。
テーマ曲のタイトルは思い出せませんが、
フランク・シナトラのお抱えバンドだった
ネルソン・リドル楽団の演奏する軽快な曲でした。

私は学校から帰るとラジオのスイッチを入れ、
この番組を聴くのが日課になっていました。
今でも「東芝提供、東京ダイヤル」という竹脇昌作の
声が脳裏に染み付いています。

ところがある日突然、大好きだったあの声が
聴こえなくなってしまいました。
1959年3月の皇太子ご成婚の放送を最後に
番組を降板したのです。
それから間もなく、ラジオから彼の自殺を伝える
ニュースが流れました。
私の目からはどういう訳か、涙が溢れてきました。
それまで味わったことのない衝撃でした。
1959年11月9日、彼は49歳の若さで自らの手で
この世を去りました。
私がアナウンサーという職業を漠然と意識したのは
竹脇昌作の死がきっかけでした。

| 13:53 | コメント(3) | カテゴリー:田中穂蓄

コメント

ラジオは習慣といいますから、ある日その日常が消えてしまうショックは大きなものです。
なにせ、プロ野球シーズンになって好きだった番組がなくなっただけでも、とてもガッカリさびしい気持ちになるぐらいですし、自分がラジオを聞いている時間帯から改編で移動してしまっただけでもずいぶん寂しいです。
まして、永久に消えてしまうというのは…。
幸いにも日常から永久に消え去ったという例に覚えはありませんが、耳は内面に直結しているので衝撃は大きいかと思います。
あと6年もすれば、竹脇さんの年齢に追いついてしまいます。
自分がそのような人の年齢を越えた時にどのように感じましたか?

投稿者 ねりまのぱくさん : 2007年4月10日 15:07

田中さん、お疲れさまです。
昨日の選挙総括、2回とも拝聴させて頂きました!!
竹脇昌作さん…存じ上げません、と申しますのも、自分が1965年生まれだからであります。
天皇御一家とは共通点も多く、皇后様と誕生日、秋篠宮様と生年、清子様と妹が同年です。
今日を田中さんが選ばれたのは、まさに48年前の今日が、天皇・皇后様の結婚記念日だからでは…(偶然でしょうか?)
田中さんは、やはり、この日の事を今でも鮮明に覚えてらっしゃるのでしょうか?(あまりにもつらく、衝撃的ですよね)
自分も妹を自殺で亡くし、来月24日でちょうど20年になります。
今眩しい光が差し込んできていますが、日曜日のこんな晴れた日の早朝の出来事でした(6:30位の発見だったのに、7:52には息を引き取りました…毎年この日、この時間には何をしていても中断、黙祷、夜は実家に連絡し、お線香をあげてもらっています)
自分は、妹を亡くす前から、東京に出る事を決意、亡くなった翌年上京、あと1週間で19年になりますが、今も東京、広義で関東にこだわりを持ち、J-WAVEを聴き続けているのは、もがきながらも希望を持ち続け、自分を支えてくれる存在だからです
仙台に赴任した3年前から10か月、J-WAVEは月一回、六本木で会議開催の時しか聴けませんで、その時は、自分の中で、J-WAVEの存在がいかに大きくなっているかを痛感しました…
自分は、前回田中さんがおっしゃった、皆さんの心地良さに魅せられぱなしなんでしょうね……
自分も、7年後のこの日、竹脇さんと同じ年になっています…

投稿者 ちなみん : 2007年4月10日 15:43

ねりまのぱくさん、ちなみんさん、
ありがとうございます。
何気なく書いているブログが、時に人の心の奥底に
潜む過去の記憶を目覚めさせてしまう。
そんな怖さを感じました。
送り手側の常として、読み手に不快感を与えることの
ないよう、内容には十分に留意しているのですが、
時に避けることが出来ないようです。
ちなみんさん、妹さんのご冥福を心からお祈り
いたします。
ねりまのぱくさん、40代というのは人生で最も
充実した年代だと思います。
人生50年と言われた昔は、集大成の年代でも
ありました。
その末期に命を絶たねばならなかった竹脇昌作の
気持ちを思うと、同じ職業を選んだものとして
心が痛みます。
ほとんど自らをさらけ出すことのなかった竹脇昌作が
放送を通じて何を伝えたかったのか・・・
いまだにその答えは見出せません。

投稿者 ホヅミ : 2007年4月15日 07:21

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー