2007年04月01日

ラジオデイズ9

民間放送の黎明期、ラジオではまだ耳なじみのない
アナウンサーが多かった中で、1人だけ(私の記憶では)
すでに大人気だったアナウンサーがいました。
その人の名は、「竹脇昌作」です。

もちろん、NHKには当時から藤倉修一、青木一雄、高橋圭三、
宮田 輝といった国民的な人気アナウンサーがいましたが、
誕生して間もない民放ラジオには、まだ人気アナウンサーは
育っておらず、NHKから独立してフリーになった
アナウンサーなどが活躍していました。
竹脇昌作さんもそんなNHK独立組の一人でした。

竹脇さんが注目を集めたのは、戦前戦後のニュース映画の
ナレーションを担当されてからです。
今では見られませんが、30年ほど前まで映画館では
本編の映画が始まる前にニュース映画を上映していました。

竹脇さんは主に「パラマウントニュース」や「読売国際ニュース」
などのニュース映画のナレーションを担当していました。
(竹脇さんの他には、TBSアナウンサーだった杉山慎太郎さん
などが担当していました)
竹脇さんのナレーションは、文章を短く区切る独特の節回しと
高低差のない低音で「マダムキラーボイス」と言われ、
一世を風靡しました。

私が子供の頃、ウォルト・ディズニーが初めて手がけた
ドキュメンタリー映画、「砂漠は生きている」が公開されました。
アメリカのアリゾナの砂漠(だと思います)に生息する
生き物たちの生態を音楽に乗せてコミカルに描いた作品で、
この映画のナレーションを竹脇さんが担当しました。
(数年前、テレビで放映された作品では別のナレーターでした)

私はこの映画に衝撃を受けました。
映像の新鮮さもさることながら、竹脇さんのナレーションに
衝撃をうけたのです。
いままで聴いたことのない独特のナレーションで、
以来、そのナレーションが私の耳から離れなくなりました。

学校に行くと、早速、その口調を真似して友だちに聞かせたり
しました。
当時、使っていた筆箱がセルロイド製で、この筆箱の蓋を
電話の受話器のように耳と口に当てて話しをすると
どういう訳か、ラジオから聞こえるアナウンサーの声に
なるのです。
私は子供の頃からこの筆箱で竹脇昌作の真似をしていました。

そして、私がアナウンサーに憧れる決定的な番組が
ラジオ東京(現TBS)でスタートしました。
この続きは次回のラジオデイズでお話ししましょう。

| 10:20 | コメント(3) | カテゴリー:田中穂蓄

コメント

ナレーターさんやアナウンサーさんの方は、事実や文章を明確に聞き取りやすく伝えるのがお仕事なので、ともすれば感情や個性などが極力抑えられていることが謎めいて見えたり(聞こえたり)、時には冷たく感じられたりしてしまうこともあるでしょう。それでも時折J-WAVEでも聞けるような、ナビゲーターさんやDJの方とのやり取りでググっと引き寄せられたりする事もしばしばです。TOKIO HOT 100で聞ける番組後半の案内のところ(旗本さんお疲れ様でした、多田さん楽しみにしています)はとても好きです。…ラジオっていいですね。

投稿者 KAWAノリ : 2007年4月 2日 13:34

はじめまして。
田中さんの事は、昔某局で21:55の地方局向けニュースを担当されていた頃から存じ上げております。
J-WAVEで田中さんのお声が聞けるとは感激です。
ラジオデイズ、毎回楽しみにしてます。
竹脇昌作さんの番組と言えば…「東京ダイヤル」でしょうか?

投稿者 小耳 : 2007年4月 3日 02:14

KAWAノリさん、小耳さん、書き込み
ありがとうございます。
ラジオの喋り手に求められる要件は色々
あると思いますが、大切なのは「心地よさ」
ではないでしょうか。
聴き手を不愉快にさせない「心地よさ」ですが、
これがなかなか難しい。
J-WAVEの喋り手は全員がこの目標に向かって
日々、努力を重ねていると思います。
私はそこが大好きです。
小耳さん、当たり!です。
次回は「東京ダイヤル」でいきます。

投稿者 ホヅミ : 2007年4月 3日 06:54

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー