2007年03月04日

私のラジオデイズ8

戦後しばらくNHK1局時代が続いていた
日本の放送界も、1951年4月に16局の
民間放送局に予備免許が交付され、
その年の9月1日には、名古屋の中部日本放送が
日本初の民間放送局として産声を上げました。
私が小学2年の時です。

その後、12月25日には東京のラジオ東京
(現東京放送)、翌1952年3月31日は文化放送が
相次いで開局し、ニッポン放送も少々遅れましたが、
1954年7月15日に放送を開始しました。

NHKが放送受信料で経営されているのに対して、
民間放送は広告収入で経営が成り立っていることから、
民放ラジオにはコマーシャルが放送されます。
特にコマーシャルソングの登場は、それまで歌謡曲や
ジャズが中心だったラジオ番組に、新たな音楽文化を
誕生させることになりました。

そして、この世界に彗星のごとく現れた一人の天才が
数々の名曲を生み出すことになります。
その人の名は三木鶏郎(トリロー)です。
東大法学部を卒業した三木鶏郎は、政治家や官僚
ではなく音楽の世界を志しました。
この選択は三木の才能を一気に花開かせ、
開局したばかりの民放ラジオに大いなる活力を与えました。

三木鶏郎が開局したばかりの中部日本放送の番組の
ために作曲したのが、日本のコマーシャルソング第1号と
なった「僕はアマチュアカメラマン」という曲です。

 僕はアマチュアカメラマン 素敵なカメラをぶら下げて
 可愛い娘を日向に立たせ 前から横から斜めから
 あっち向いてこっち向いて はい!パチンはいいけれど
 写真が出来たらみんなピンぼけだ ありゃピンぼけだ
 こりゃピンぼけだ みんなピンぼけだ

当時、この曲は灰田勝彦さんの歌で大ヒットしました。
50年以上たった今でもこの歌を覚えていることから
いかに強烈な印象だったかお分かりいただけると思います。
(小学6年の頃、クリスマスプレゼントに当時ヒット商品だった
スタート35というカメラを親に買ってもらい、このカメラを首から
ぶら下げて、よくこの曲を歌っていました)
この曲、コマーシャルソングでありながら企業名や商品名は
いっさい出て来ません。
カメラが出てくるので写真メーカーのCMソングだろうと
思った方はピンポンです。
実はこの曲は、小西六(後のコニカ)の「さくらフィルム」の
CMソングとして作られたものです。
当時、この曲をCMソングと気付いた人はあまりいないのでは
ないでしょうか。

このような画期的な手法を用いて、次々と新機軸を打ち出した
三木鶏郎は作詞家、作曲家、放送作家、構成家、演出家、として
放送界には無くてはならない存在となり、
「ワ、ワ、ワ、輪が三つ」のミツワ石鹸、
「牛乳石鹸、良い石鹸」の牛乳石鹸、
「明るいナショナル」の松下電器産業、
「クシャミ3回、ルル3錠」の三共製薬などなど、
数多くのCMソングを生み出しました。

「歌は世に連れ、世は歌に連れ」という名文句が
ありますが、コマーシャルソングは時代を映し出す
鏡としての役割を今後も担いつづけることでしょう。

blog Master| 11:55 | コメント(1) | カテゴリー:田中穂蓄

コメント

ちょっとだけHpを見てみましたが
溢れるほどのCMソングが!!
あれもこれも頭の中で流れます♪
本当に偉大な方ですね。
イメージをこんなにも強力に残せるようなものが
今の世にもあるのでしょうか。

投稿者 手回し電話 : 2007年3月 5日 22:50

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー