2007年01月16日

ラジオデイズ3

新諸国物語シリーズ3作目の「紅孔雀」は、
前作の「笛吹童子」を上回る大ヒット作となりました。
1954年にNHKラジオで放送され、後に、映画、テレビでも
放映され、どの作品も大人気となりました。

hozumi9.JPG

戦国時代、紅孔雀の秘宝をめぐって、那智の小四郎や
五升枡の主水ら白鳥党と、海賊の網の長者や幻術使いの
信夫一角らしゃれこうべ党が死闘を繰り広げる、
波乱万丈の物語です。

この物語の主題曲は「まだ見ぬ国に住むという 赤き翼の
孔雀鳥・・・・」で始まる名曲の他に、「不思議な鳥よ」と、
「風の小六」、「白鳥の騎士」という挿入歌があります。
特に「不思議な鳥よ」は、後に三橋美智也の歌でレコード化
されましたが、これは実に素晴らしい曲で、三橋美智也の
レパートリーの中ではほとんど知られていない隠れた名曲です。

  ふしぎな鳥よ 紅孔雀 たずねてめぐる 幾山河
  旅にのびたる 前髪に 吹雪の花が 散りかかる

この曲が収録されているLPアルバム「新諸国物語」は、
1972年にキングレコードから発売されました。
アルバムには、「笛吹童子」、「紅孔雀」、「オテナの塔」、
「七つの誓い」、「黄金孔雀城」、「天の鶯」といった
新諸国物語の各シリーズの主題曲と挿入歌が収録されて
いますが、注目はこれらの曲を歌っている歌手が、
三橋美智也のほか、倍賞千恵子、ペギー葉山、淀かほる、
若原一郎といった有名な歌い手であることです。

中でも、淀かほるが歌う、「オテナの塔」の主題歌は出色で、
私は、今日までにラジオ、テレビで放送された様々な
ドラマ主題曲の中でベストワンだと思っています。
きのう「日本の歌百選」が文化庁から発表されましたが、
この中に是非、入れて欲しかった曲です。
(時々、家のピアノでこの曲を弾くと、家内からはお願いだから
止めて、近所迷惑だからと文句をいわれます。楽譜も読めない
自己流ピアノだからです)

  遠きあら磯 紅つばき 島にひとつの 塔ありき
  昔オテナに築かれて 天の牢獄とよばれたり

作詞・北村寿夫、作曲・福田蘭童の名コンビが生んだ
放送主題歌の最高傑作です。

ラジオデイズ、最近は再びラジオドラマが注目されていますが、
戦後の人々の心に勇気と希望を与えてくれたラジオドラマの
体験記はまだまだ続きます。

| 11:12 | コメント(4) | カテゴリー:田中穂蓄

コメント

オテナの塔の主題歌よく一人で歌うのですが、誰に聞いても知らないといわれていました。私はすつかり長門美保の演奏とおもいこんでいました。歌詞も曲とよくあつて情景が浮かぶ素晴らしい歌だとおもいます。

投稿者 匿名 : 2008年1月20日 16:14

オテナの塔のレコードかCDで聞かせて貰う事不可能でしょうか。
上記のメールに流して貰えたら幸ですが

投稿者 楠林広宣 : 2008年1月24日 14:40

懐かしいお話ありがとうございます。
一年近く前に、NHKラジオで偶然三橋美智也の「不思議な鳥よ」を聴くことができました。
子供の頃にラジオにかじりついて聴いた曲で、私は少女
合唱団が歌っていたと記憶していましたので、三橋の素晴らしい声が流れてきた時はほんとうに驚き、そして涙が出てきました。
時間が経つにつれ、どうしてももう一度聴きたくなり、番組へリクエストしましたら応えてくれました。
(カーラジオで聴いていたために録音出来ませんでした)

一番いい頃の三橋の歌唱は、曲の良さともどもにいまだ私の心を揺さぶり続けています。
残念ながら、レコードはすでに廃盤になっており、CDでもと思って探してみましたが入手困難のようです。
もう少し早くこのことを知っていたらと、つくづく残念でなりません。
またいつか、番組(「歌の日曜散歩」)へリクエストしてみようと思います。

投稿者 つかさ : 2008年6月23日 11:19

七つの誓い、紅孔雀など、ラジオドラマの思い出は沢山あります。最近、「ラジオ時代のうた」というCDがキングレコードから発売されているとのことでしたので、購入しました。紅孔雀の歌(北村寿夫)オテナの塔(淀かおる)七つの誓い(友竹正則)等他にも懐かしい曲が入っております。

投稿者 Pochi : 2010年3月21日 00:17

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー