2006年11月28日

ネトラバスディ

今、巷で話題のネトラバスディ!受けてきました!
ネトラバスティとは、インドの伝統医学アーユルヴェーダの手法の一つで
目にギーと呼ばれるオイルを注ぐ手法です。
「目にオイル」と聞くと、しみて痛そうで・・・と尻込みしてしまいそうですが、
眼精疲労に効果ありとのことで、受けてみることに。
ネトラバスディ.JPG

まずは、耳と目の周辺を優しくマッサージ。
私は、耳が硬いらしく、ひどい肩こりを指摘されました。
その後、目の周りに強力粉で土手を作り、そこへ温められたギーが注がれます。
目を開いて、ぐる~り、ぐる~りと眼球を動かし、オイルを全体に浸透させます。
冷えたら、再び温かいギーと交換、これを三回繰り返します。
痛みも全くなく、目の玉温浴は極楽気分。
全工程20分たらずなのに、とろ~り眠たくなってきます。
ギーには、老廃物を排出する働きもあるそうで、
施術後は、充血してた白目がクリアになって、黒目もパッチリ!
目が疲れると頭が痛くなってくる私にぴったりでした。
今、こうやってパソコンに向かっていると、
またまた行きたくなってきました~~

| 13:04 | コメント(0) | カテゴリー:杉江奏子

コメント

■コメントはこちらへ


保存しますか?
(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


2020年 7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

バックナンバー

カテゴリー